【体験談】収入アップのため転職エージェントを頼った結果…

転職エージェントを実際に利用して転職をされた方の体験談。

今回は、転職エージェントを利用して、未経験の人材業界へ転職をしたK.Mさんの体験談を紹介します。

K.Mさんのプロフィールを簡単にまとめると

32歳 男性 既婚

都内に在住

大学卒業後に新卒で証券会社の営業職に就職

30歳になるまでに既に2回の転職経験アリ。

給料の良かった証券会社から転職することになり、1回目の転職で年収は大幅ダウンしてしまうと分かってはいたものの、仕事にやりがいを求めて転職することを決意。20代後半になり現在の奥さんと出会い結婚をしたものの、K.Mさんの給料だけでは生活はできるものの余裕がなく、30歳で家庭のために年収を上げることを目的にして再び転職することに。その時に転職エージェントを初めて利用することに。

大学を卒業してスムーズに新卒で就職をすることができ、そのまま仕事を続けていればある程度安定した生活はが約束されていたにも関わらず、やりがいを求めて転職をしたK.Mさんですが、転職エージェントを利用して、目的だった年収アップは達成できたのでしょうか?

では、K.Mさんの転職エージェント体験談を紹介します。

新卒から2回目の転職までの私の経歴

私は現在32歳ですが、30歳になるまでに既に2度転職を経験しました。

ごくごく普通の大学を卒業して、新卒時は証券会社に入社。

配属されたのは都内の支店で営業職で、一年目は新規開拓の業務を週ごとのノルマを達成するためにガッツリとやりました。

その証券証券会社の営業は3年ほどしていたのですが、私が担当したお客様が損失を出してしまう事もあり「自分の仕事がお客様のためになっているのか?」と思うことが多くなり、次第に自分の仕事自体に疑問を抱き始めて転職を考え始めました。

特にコレがしたい!というような職種は無かったのですが、漠然と「お客様と一緒に自分も成長できるような仕事がしたい。」という思いがありました。

そんな時、以前に私が担当をしてプライベートでも仲良くさせていただいていたお客様と食事をする機会があり、転職を考えているという悩みを相談したのです。営業マンとしてはダメな事なのですが…(笑

するとそのお客様から、とあるインターネットのweb制作会社の人が私と同じような考えで会社経営している人がいるよ。と教えていただき、紹介していただけたのです。

web制作会社の経営者の方は、地方のあまり有名でない特産品を広めたいという思いで会社を立ち上げた方で、話を聞いている内にすごく興味を持ち、web制作会社で未経験にも関わらず働かせていただくことになったのです。これがまず1回目の転職で26歳ごろのことでした。

その会社で初めてweb製作に関わることとなり、地方の特産品を宣伝して販売するという業務に携わっていました。仕事の方も順調で、以前の証券会社に勤めているときよりも、地方の特産品を製造している方の役に立っているかもというのと、購入していただいたお客様からの喜びのメールなどをたまにいただくこともあり、やりがいを感じて仕事をすることが出来ていました。

2年ほど経った頃に、会社の同僚の紹介で現在の妻に出会い、交際して1年程で結婚をしたのですが、次第に将来の生活のことが頭をよぎり始めたのです。

確かに今のweb製作にはやりがいもあって充実していたのですが、証券会社に勤めていた頃よりも年収で約200万円ほど落ち込んでおり、今はなんとか自分の給料だけでギリギリながらも生活できるものの、もし子供が出来て…ということになるとかなり生活が厳しくなることが確実だったので、自分と家族の将来のことを考えて年収を上げるために転職することを選びました。

仕事をしつつ転職サイトに登録をして、今の仕事と同じようなweb系の職種で給料の条件が良い会社に数社応募をしました。

そして、自分の求めていた給料に近いweb系の会社に転職をすることができたのですが・・・

これが最悪で、実際に入社をしてみると試用期間というものが3ヶ月間あり、試用期間中は給料も以前の会社よりも低かったのです。試用期間が終われば給料は上がるということだったのですが、本当か嘘かわからないのですが私の試用期間が終わった頃に会社の業績が悪くなり始めて、給料は試用期間からほとんど変わらなかったのです。

さらに追い討ちをかけるように、元々いた社員は辞めていき人員が足らなくなって毎日家に帰るのは終電…なんてことが当たり前でした。

で、転職をしてから半年ほど経って結局会社は倒産するかもしれないということになって、また転職をしないといけないということになったのです。

半年ほどだったのですが、これが実質2回目の転職で今でも思い出したくない最悪な思い出ですね(笑

転職エージェントを利用して転職活動をすることに。

結婚をして自分のことだけじゃなく、家庭の将来のことも考えて年収をあげることを第一に考えて2回目の転職をしたにも関わらず、年収を上げるどころかまた転職をしないといけないという事になってしまって、言ってしまえば転職に失敗してしまったワケです。

考えていたところで、今勤めている会社が倒産してしまうかもしれない状況だったので、転職をする以外に今の自分には道が残されていなかったので、妻には申し訳ないと思いつつも気持ちを切り替えて転職活動を始めました。このとき、年齢は30歳目前でした。

転職活動を始めたのですが、2回目の転職を失敗してしまったということが自分の中ではトラウマになっていたのと、「絶対に次は失敗できない!」という思いがあり、どうも転職サイトに記載されている情報だけでは信用することができないと感じていたので、転職エージェントの力を借りて転職活動をすることに決めました。

まずは、会社の帰りの電車の中でリクルートエージェントに登録。
すると翌日の夕方までに想像以上のスカウトをもらい「もっと良い条件のところに転職できるかも…!」と夢が膨らみました。

→リクルートエージェントが選ばれている3つのメリット

ただスカウトは何件も来ていたのですが、自分のキャリア・経験とは全く関係のない販売・接客などの職種や、正直なところ興味の持てない不人気業界からのスカウトもありました。

リクルートエージェントに登録をしてから2日後ぐらいに、インターネット業界の転職に明るい転職エージェントの方から連絡があり「あなたの経歴にあった非公開の求人があるので、ぜひ紹介をさせていただきたい」という連絡があったのです。

転職エージェントの利用は初めてだったのですが、非公開の求人も見てみたいと思い、リクルートエージェントのサイトから紹介をして欲しいという連絡をすると、すぐにエージェントの方から返事をいただき、平日の夜にお会いすることに。

面談の場所は渋谷で、エージェントの方から送られてきた地図を見ながら面談場所のビルへ。最初は不安だったものの、面談場所に到着をしてみるとキレイなビルの中にいくつか面談ブースのようなものがあり、私以外の方も面談をしていたようで、一安心したのを覚えています(笑

受付に設置されていた電話を使って到着したことを伝えて2~3分ほどすると、私と同じ年くらいかと思われる女性が出てこられ「担当する、エージェントの○○です!」と感じのよい挨拶とともに面談ブースに案内して頂きました。

「準備してきますので面談シートをお書きください。」と言われ

・名前

・学歴

・現年収

・希望年収

・いつ頃までに転職したいのか

という項目が書かれた一枚紙を渡されました。

今回の転職ではどうしても収入を上げたいという目的があったので、現在の年収も希望の年収も正直に書きました。

その後担当の女性が戻ってこられて面談がスタート。

大体20分くらいだったでしょうか?

・新卒の時に務めた会社

・なぜ2社目に転職をしたのか

・現職で今どんな仕事をしているのか

・今回なぜ転職を決意したのか

・どんな業界に行きたいと思っているのか

・必ず叶えたい第一希望は何か

などを次々と質問をされました。

先ほどの面談シートと同様に、この質問にも正直に自分が希望することを答え、エージェントの方は私の答えをメモを取りながら聞いていました。

一通り質問が終わると、エージェントから

「面談前に聞いていたメールの内容で、貴方に合うと思った仕事内容を事前にピックアップしてきました。」

「私は一度、席を外させていただきますので受けたいと思う企業・迷う企業・絶対受けたくない企業と3つに分類してください。時間がかかっても大丈夫ですので。」

と言われ、企業の情報と仕事内容、想定年収などが詳細に書かれた求人票の束を10枚ほど渡されました。

自分が求める条件に近い、正直に受けたいと思える企業はその中では3社で、迷う企業は2社、絶対受けたくない企業は1社でした。

しばらくするとエージェントの方が戻ってこられ、私が受けたいと思う企業の3社を見て、その企業の詳細を詳しく教えてくれました。

詳細を聞いても良さそうなイメージがあったのですが、前回私が転職を失敗していたこともあってさらに根掘り葉掘り私から質問をしたのですが、全て分かりやすく答えていただき信用しても大丈夫だなと感じたので、まずはその3社に応募することになりました。

エージェントからは追加で私に合いそうな求人は、これから見つけ次第毎日メールで連絡をすると言われ、一旦面談は終了しました。

翌日に、エージェントの方からまた連絡があり、昨日の3社と連絡を取って面接の日程を調整してくれているという事と、私の希望に近い非公開の求人がいくつかあるのでメールを送ってくれました。

そうこうしている内にエージェントの方が調整をしてくれていた企業との面接の日程が決まり、面接をすることになったのですが、面接の前に電話で面接での受け答えの仕方や、おおよそ面接で聞かれるであろう事などを教えてくれました。

転職エージェントを利用して良かったと感じた事

今回、転職エージェントを初めて利用して良かったと思った点を先に書くと、

・応募し面接に進むことになった後の、企業との面談調整を簡単なメールをすれば調整してくれるのが楽だった事。

・面接日程が決まった後で、過去の面接であった質問やどんな面接官が来るのかといった情報を事細かに電話やメールで教えくれるので面接の前日などはその情報を元に面接の想定回答などを組み立てるのにとても役に立ちました。

・転職サイトに記載されているような簡単な企業の情報だけではなく、より詳しく濃い企業の情報が聞けるのも転職エージェントならではだと思います。

・私が応募したのは公開されている求人だったのですが、非公開の求人というのがかなり多くて、そういった非公開の求人情報を知れたことも良かったです。

正直、今回の転職の時には私自身が体調を崩してしまったり残務の処理に追われていたこともあって、面接日程を急遽変更してもらうことなどがあったのでエージェントの方にはご迷惑をかけたんではないかなあと思うのですが、嫌な態度を見せることなく対応してくれたので、本当に感謝しています。

⇒転職エージェント、本当に評判が良いのはこの3社

転職エージェントを利用して転職をした結果

で、私が初めて転職エージェントを利用した結果どうなったかというと、

無事に「ここなら転職したい!」と思える会社に出会うことができ、最終的には内定を頂く事ができました。

収入面や職種など色々なワガママをエージェントの方に話し相談をした結果、私が転職したのは大手人材業界でした。

決め手は2つあります。

一つ目は今回の転職で叶えたかった年収が前職よりも大幅にUPした事。証券会社の営業時代の水準近くまで年収を引き上げる事が出来ました。

二つ目はやりがいのある仕事だという事です。人材業界はお客様の人手不足を解消して、仕事を探している方には仕事を紹介することができるというビジネスなので、お互いにとってプラスになります。なので、今もやりがいを感じて仕事を続けられています。

現在は人材業界で、企業にどんな人材を欲しいと思っているのか?その人を雇う為にはどうしたらいいのかという企業側のコンサルティングを行っているのですが、この仕事をしていて今でもたまに思い出すのは、あの時転職エージェントを利用していろいろと勉強になったなという事です。

2回目の転職で失敗をして後がないような状況で、転職することに不安しかなかったのですが、エージェントの方が間に入ってくれているということが不安を和らげて、前に進む力を与えてくれました。

私と同じように転職をすること自体に不安があったり、どうしても条件面で希望することがある方は転職エージェントを利用してみることをおススメします。私の場合は転職サイトよりも転職エージェントの方が味方になってくれたので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です