【体験談】会社の倒産…33歳で経理の仕事から転職

会社の倒産で転職することにの画像

転職には様々な理由がありますが、会社の倒産で転職するしかなくなってしまった。という場合も結構多いのです。僕の場合もそうでしたが…(笑

いや本当に今でこそ笑って話せますが、急に倒産するとなると転職の心構えもしていないしなかなか大変なものなんです。

今回紹介する転職体験談は、経理の仕事をされていた現在30代後半の男性Tさんの転職体験談です。

Tさんも僕と同じように会社が倒産して転職を余儀なくされてしまった訳ですが、Tさんの場合は経理の仕事をしていたために、会社が倒産するかも?ということを前もって察知されていたのです。しかし勤めていた会社が倒産することを察知した時、Tさんの年齢は33歳、無事に転職をすることが出来たのでしょうか?

それではTさんの33歳での転職体験談を紹介します。

転職前にしていたのは経理の仕事

私は33歳の時に会社の倒産によって転職をすることになってしまったのですが、転職をする前は金属パーツの製造系の会社で経理全般の仕事を担当していました。

経理の仕事に就いた経緯は、大学時代に日商簿記検定の1級まで合格したのですが、就職の時にはその簿記の知識を買っていただいて就職するに至りました。

就職をした後に上司から聞いた話ですが、私が入社する以前は経理に関しては、経理専門の派遣会社から派遣をしてもらって経理を任せていたようなのですが、人件費が高かったのと経理専門の担当を自社採用したかったということもあって、私が採用になったようなのです。

そのため私が働き始めて最初の半年ほどは、派遣の経理の方に仕事を教えてもらって徐々に慣れていったという感じです。大変だったのは、その年の決算をいきなり私が税理士の方とやり取りをして行わないといけなかったのですが、初めてのことでわからないことだらけで、徹夜に近い状態が何日か続いたのを今でも覚えています。

私が就職した当初は、会社の業績はそこまで良かったというわけではありませんでしたが、資金繰りに問題があるとまでは言えないレベルでした。それに決算を無事にこなした後は、仕事もいろいろ任される環境で、会社の経営というのが目に見えて分かるというのが楽しく仕事にもやりがいを感じていました。なので、この会社で頑張っていこうという思いで日々仕事に励んでいました。

就職して8年程経ったぐらいのころから、経済状態の悪化などもあり、会社の業績の下落幅が拡大して資金繰りの悪化が顕著になってきました。社内で行っていた事業を他社に売却する話が出たり、借入金返済のリスケジュールに銀行へ駆けまわることなども度々あり、「このままだと倒産するかも?」ということを感じることが多くなってきました。

会社の倒産が転職のきっかけに。

経理全般を任されていたため、「会社が倒産するかもしれない…」ということを薄々感じてはいたのですが、会社の方はなんとか踏ん張っていました。

私自身、職場の雰囲気もよく仕事も楽しかったため、会社のためになんとか出来ないかと毎日のように考えていました。自分の好きな勤めている会社が倒産するかもしれないと感じるのは、なんとも言えない哀しい事でした。

倒産という文字が頭によぎりながらも毎日仕事をしていたのですが、それから半年ほど経った頃にいよいよ倒産する事になってしまったのです。

会社が持ち直すかもしれないという思いもあったのと、転職という事が現実的に考える事が出来ていなかったので、倒産という事が現実になった時にも私は全く転職の準備をしていませんでした。

当然ながら仕事が無くなってしまうわけなので、転職をしないわけにはいきません。33歳で転職活動をする事になったのです。

33歳で経験した初めての転職活動

就職をしてからはずっと同じ会社で働いていたため、33歳にして初めて転職活動をする事になったのです。在職中は転職をするという事を考えた事もなかったため、転職サイトをちらっと見た事がある程度で、自分が転職をするとなった時にどういう風にすればいいのかというのが全くわかりませんでした。

「とりあえず動かないと何も始まらない。」という感じで、まずはハローワークに行く事にしました。とりあえずハローワークに行けばどうにかなると思っていたので、ハローワークに行って条件の良さそうな求人情報を引っ張りだして相談員の方に話をして求人に応募しようと考えていました。

転職活動を始めた当初は、自分の年齢の事など全く考えてもいませんでした。

ハローワークの求人情報を見て自分が良いと思った求人を相談員の方に訪ねてみると、求人情報には「年齢問わず」とは書いているものの、求人にあたっての付帯条項というものがあり、「長期キャリア形成のために基本的には20代の方を優先的に採用します」というものがいろんな会社の求人に書いていると言われました。

私は33歳だったので、この付帯条項の年齢制限に何度もかかっていました。転職をするなら転職時の給与以上の待遇での転職が理想的だと考えていたのですが、待遇のいいものを片っ端から応募しようとしてもそれすら許してくれない。年を取ることがそんなに悪いことなのかと転職の厳しさをその時に痛感しました。

それからしばらくハローワークに通い続けて、相談員の方と親しくなって分かった事なのですが、求人情報には基本的に男女を区別して募集してはいけないとか、年齢制限を設けないなど求人関係の法律に記載があるので求人情報には求職者の不利になることは書けないそうです。

しかし実際には、採用企業側にも希望があるので付帯条項としてハローワークの方には情報が来ているということがあるそうです。付帯条項の有無は職種内容や地域的な事情にも左右されると言われました。

さらに、条件を下げたり、求職の範囲を広げたり、ハローワークの案件だけでなく他にインターネット経由でも仕事は探せるので、あらゆる手段を使って仕事を探されることを強く勧めますと相談員の方に言われたのもハッキリとおぼえています。

その話を聞いた時に、ハローワークでの求職活動だけではダメだと思い、4社の求人紹介サイトに登録して求人検索、人材派遣会社への10社ぐらい?登録などいろいろやりました。1年ぐらいかけて求職活動した結果、求人に応募したのは50社程度、そのうち面接の段階まで行ったのは2割ぐらいだったのです。

自分で言うのも何ですが、倒産してしまったとは言え以前の会社ではそれなりに私の経理の仕事ぶりにも評価をしていただき、同期入社の社員の中では上の方の給料だったのですが、いざ転職となると面接すらしてもらえないという現実に相当なショックを受けました。

「もう仕事に就くことは無理かもしれない…」

と諦めのようなものが出てきてしまって、1週間家から出ないということもあったぐらい落ち込んでいましたね。

家では求人サイトを見て転職先をダラダラと探す毎日。そんな時にふと見かけたのが転職エージェントだったのです。

転職活動すらしたことなかった私は、ヘッドハンティングなどは知っていたのですが、はずかしながら転職エージェントという言葉すら知らなかったのです。諦め半分で転職エージェントにも登録をしてみることにしました。

これだけ面接すらしてもらえない自分なんてどうせ無理だろうと思っていたのですが、転職エージェントの方から連絡があり、面談をしてもらうことになりました。

面談では、私が以前の会社でどういった仕事をしていたのかを事細かに話ました。するとエージェントの方から「経理関係の仕事をされていたのであれば紹介できる案件がいくつかあります。」とのことだったので、早速紹介していただくことにしました。

あれほど面接にたどり着くまでに苦労をしていたのに、転職エージェントの方に紹介していただいたのは5社あったのですが全て面接をしていただき、その結果3社の内定をいただき、アッと言う間に進んでいったのです。

結果として私は、経理をしていた経験を買っていただいたのと、以前の勤めていた会社が倒産という経験があったことから「企業の役に立てる仕事がしたい!」という思いから、税理士事務所に転職をすることになったのです。

今にして思えば、始めから転職エージェントを利用していれば転職活動によって自分に自信をなくしたり、無駄に時間を過ごすこともなかったんじゃないかとさえ思います(笑)その程度の情報すら知らなかった自分がダメなのですが。

⇒30代の転職に評判の良い転職エージェントの記事はコチラ

税理士事務所に転職をしてみて

転職エージェントの紹介で税理士事務所に転職をした訳ですが感想はというと、以前の会社では自分の会社の経理のことだけをしていたのですが、現在は税理士事務所なので様々な業種の方たちと接することが出来るのが面白く、またいろいろな会社の経営状況などもわかるため、小規模ではあるものの「企業の役に立つ仕事がしたい」ということが満たされて、仕事にのめり込むことが出来、楽しんで仕事をすることが出来ています。

具体的に給料面などは以前と比べてどうなったかと言うと、以前の職場よりも1割ほど給料が上がりました。

また、税理士事務所ということもあって資格を取れば給料が上がるというのもモチベーションの向上に繋がっています。

職場の雰囲気も良く、転職後にもお世話になった転職エージェントの方からフォローをしていただいたこともあり、結果として転職したことが正解だったんじゃないかと思えています。

自分で転職活動をしていた頃は、次第に「どうなるんだろうか…」という不安しか感じなくなっていたのですが、転職エージェントの方に相談をして良かったです。あのまま不安を感じたままハローワークなどで転職活動を一人で続けていたらと思うと…考えたくもないですね。(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です