転職の志望動機コレはナシで!

志望動機ちょっと待った!の画像

いざ転職をしようと考えて、履歴書や職務経歴書を書き始めて自分の経歴とかはスラスラとかけるけれども手が止まってしまうのが志望動機の欄…

「転職の志望動機ってそもそも・・・」

これ、転職の志望動機で手が止まってしまって悩んでしまう人って多いんです。転職しようと思ったきっかけが、

今の会社が嫌で辞めたかった。

もっと給料や待遇の良い会社で働きたい。

とかの理由で転職をしようと思った場合は、なおさら志望動機を書く所で手が止まって考え込んでしまうのじゃないかと思います。

まさか、

「今の会社が嫌で辞めたくて御社を志望動機しました。」

なんてことを良い歳した大人が書くワケにはいかないですよね(笑

でも、転職するきっかけとなる事の中には、「今の会社でこのまま働いていても自分が成長できないので転職がしたい!」というのも十分なきっかけになると思います。

ただそれをストレートに志望動機に書いたとしても、ただの独りよがりになってしまいますよね。

転職の志望動機って人それぞれで、どれが正解っていうのは無いのですが、今まで面接をしていろいろな人の志望動機を見てきて感じた事を書いてみます。

就職するときはスラスラと書けたのに、ついつい手が止まってしまう転職の志望動機っていったいどういう風に書いたら良いんでしょうか?

転職の志望動機にコレは書かない方が・・・

志望動機のタブーの画像

実際に自分が30代で転職をしなくてはならなくなった時は、転職のことなんてその時まで考えたこともなかったので、履歴書や職務経歴書をまずちゃんと書くことができるのかすら、微妙な状況でしたね(笑

急に転職をしないといけない状況になってしまったので、志望動機なんてとにかく働かせてくれて今と同じぐらいの給料を貰えるのならどこでもって感じでした。

ただ、そのことをストレートに志望動機に書いてはイケナイと言うことはさすがに分かっていたので、応募しようと思う会社のことを想像して、自分の中にある少なすぎる言葉を繋ぎ合わせて書いてましたね。

それが、今の職場で面接を担当するようになって志望してきた方の履歴書を見ていると、

「この志望動機はちょっと・・・」

っていうことを書いてくる人が少なからずいらっしゃるのです。いくつかコレは書かない方が良いというのをあげてみると・・・

■その1:
「給料面や整った福利厚生に魅力を感じて志望しました!」

これは、転職活動をし始めた頃の何の知識も無かった僕も、転職するのに焦り過ぎて書きそうになった動機なんですが、実際に書いてきてしまう人が多いのです。

やっぱり今働いている会社や以前勤めいた会社で、給料や待遇に不満を持っていて転職活動をしているという人で志望動機に給料や待遇のことを書いてしまう人が多いですね。

生活や仕事をしてい上で、会社の給料や待遇が良いっていうのは誰もが望んでいることだとは思うのですが、さすがに志望動機に給料や待遇のことをメインに書いてしまうと、面接をする方からすれば、

「給料や待遇が良ければ何でもイイんじゃないの・・・?」

ってなってしまいますよね。なので、志望動機には給料のことや待遇のことはあまり書かない方が良いです。

給料や待遇のことに関しては、面接の時などにサラッと口頭で「給料面でも仕事にやりがいを感じられるのではないかと思っています。」ぐらいに留めておくのがおススメです。

これぐらいなら、聞いている方も嫌味なく受け取ることができるので、わざわざ文字にするのではなくサラッとした感じで伝えるのが良いです。

■その2:
「今までの仕事とは違うことをしてみたかったので志望しました!」

転職をする時に、今までの経験や知識を活かせるような前職に近い職業を選ぶ人と、全くの未経験の業種にチャレンジする人もおられます。どちらが正解かなんて答えはないのですが、どちらを選んでも、転職をした後で自分が「転職をして良かった!」と思うことができれば正解ではないでしょうか?

少し話がそれてしまいましたが、この未経験のことにチャレンジするっていうことも大事だと思うのですが、志望動機に「今までと違う仕事がしたかった。」みたいなことも、結構書かれてる方が多いです。

本人は熱い気持ちで「新しいことにチャレンジしたい!」と思っていたとしても、面接する側の受け取り方としては、「今までと違う仕事ならなんでも良いんじゃないのか…」となってしまうことがあるのです。

それに、30代の転職となると会社側としては、できるだけ即戦力になってくれるような人材を求めているという場合が多いです。

なので、未経験の業種にチャレンジする場合の志望動機には、単に新しいことにチャレンジするといっただけではなく、今までの経験や知識などが新しい職種にどういう風に活かせるのか?という具体的なことまで書いておくのが良いです。

■その3:
「御社で学んでキャリアアップしたい!」

これは志望動機だけじゃなくて、面接の中でも言ってしまう人が多いです。一見すると勉強熱心でステップアップしたいんだな、と捉えることもできるのですが、よく言われているのが

「会社は勉強しにくる所じゃない。」

ということです。

確かに仕事をしてゆく中で、学ぶことって山ほどあるのですが、会社側からすれば学ぶことを目的とするのではなく、新しい人材を入れることで売り上げや業績のアップをしたいというのがホンネですよね。なので、学ぶのは自分で勝手に学んでもらって、それよりも今までの経験や知識で会社に貢献してもらいたいというのがホントのトコロです。

それと、キャリアアップやステップアップということを志望動機に書いてしまうと、「キャリアアップした後はどこか別の会社に行くの?」なんて印象を与えてしまう可能性もあります。

なので、転職して学んでステップアップしていきたい!というのは大切なことではあるのですが、少し言い方を変えて「今よりも多くのことを吸収して、さらに大きな業務を任せてもらえるようになりたい」みたいな志望動機の方が、会社側からすれば頑張ってくれるのじゃないかと期待するはずです。

志望動機に書かない方が良いという事例を3つあげてみましたが、実はこれ僕も転職活動を始めたころに書きそうになってしまってました。しかも3つとも(笑

転職活動を始めた時は、もうとにかく仕事をに就かないと!ってことに一杯一杯で、志望動機を見た人にどういった印象を与えるのか、なんて考える余裕もなかったですね。

で、今の会社になんとか転職をすることが出来て、先輩の面接担当をしていた年上の方に、こういう志望動機は相手に与える印象があまり良くない、ということを教えていただいたのです。

一見、熱意を持っていたり、チャレンジ精神がありそうな言葉も、志望動機や面接となってくると相手によっては捉え方が異なってしまうこともあるので、志望動機を履歴書に書くときは独りよがりになっていないか、客観的に見直すことが大切です!

志望動機に書いた方がイイこと!

志望動機に書くことの画像

書かない方が良いことを先に書いてみましたが、逆に志望動機に書いた方がイイことってどういうことかというと、先ほども書きましたが、30代の転職となると会社側は即戦力になってくれるような人材を探している場合が多いのです。

なので、今までの働いてきた経験や知識や技術が転職をすることでどういう風に活かせるのか?

ということを具体的に書いておくと、面接する側からしても、こういう経験があるのなら〇〇の部署で活躍できるかもと、具体的に考えることができます。

未経験の業種に転職を希望している場合でも、漠然と挑戦したかったなどと書くのではなくて、企業のサイトや事業内容をしっかりと見て、その企業のどういった業務に携わりたいのか?という風に志望動機に書くのが良いです。そうすることで、ちゃんと転職後のビジョンをちゃんと考えていると受け取ってもらえる可能性が高いからです。

転職の志望動機を書く時には、企業は30代の転職者に対して即戦力になってくれるような人材を求めているということを意識して書くと、印象に残りやすいのです。

転職者の志望動機のことに関して書いてみましたが、あまり難しく考える必要はなくて、自分が転職者をして経験や技術を活かして、その会社で仕事をしているのを想像して書くのがオススメです。そうすることで自分が持っている経験や技術を志望動機でわかりやすく相手に伝えることができるからです。

未経験の業種に転職をしようと考えていると場合も同じで、転職先しようとしている会社で働いているところを想像してから志望動機を書くと、具体的に何が出来そうかということを考えられるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です