30代、転職の面接で大切なコト!

面接で大切なコト!の画像

就職だけでなく転職でも切っても切れないのが面接。僕もこの面接が苦手で、自分が転職をした時の面接では、面接を受けること自体がかなり久しぶりだったので、めちゃくちゃ緊張しまくってましたね。

面接ぐらいいけるだろうと思ってたのですが、一番最初に受けた会社の面接では自己PRをするなんてどころじゃなく、自分の名前すら緊張して声が震えてまともに言えなかったですね(笑

この転職のときに避けることができない面接なんですが、

転職の時の面接って、就職の時の面接と同じような感じだと思っていませんか?

僕も転職の時の面接を結構軽く見ていたのですが、やっぱり30代で転職をするとなると面接担当からの質問内容も難しいものが多くて、正直返答することすら難しい質問もいくつかありました。

書類審査は通ったとしても、自分の今の状況を変えるために転職するには、この面接こそが一番重要なポイントなんです。

でも、今僕が面接の担当をさせてもらっているのですが、面接をしていて感じるのは新卒で面接に来る人よりも、転職で面接に来る人の方が受け答えのシュミレーションをしてきていない人が結構多いんです。

確かに、新卒の面接での質問内容よりも転職の質問内容の方が、内容が難かしかったり求められる答えもハードルが高かったりするのですが、案外簡単な質問でも答えるのに時間がかかってしまう転職希望の方が多いのです。

今回は、面接をする側から見て、面接のときにどういうことを見ているかというのを書いてみます。

転職の面接ってやっぱり大事?

面接はやっぱり大事!の画像

根本的なコトなんですけど、転職の面接って大事なのかということなんですが、

「面接はやっぱり大事です!」

30代で転職をするとなると、案外就職活動をしていた頃のことって忘れてしまっていたりしますよね。就職活動でも書類選考があってその後に面接があることがほとんどだと思うのですが、やっぱり就活でも面接って大事だと教えられた思うのですが、ウチの会社の場合は、転職の時の面接は就活の時の面接よりも重要視されています。

というのも、就活の時はこれから社会人になろうとしている学生が対象なので、考え方やどういう事がしたいのか?ということを聞き出すというのが主な目的になっているのですが、転職の面接の場合は今までの実績としてその人がどういったことをして来たのかというコトや、どんなスキルを持っていて今までの社会経験が、これからの会社にとって役に立つのかというような現実的なコトを聞くのを目的とされているからなのです。

なので、書類選考というのは転職の場合でもあくまでも、その会社の基準となるテーブルに乗っただけで、採用か不採用かはほとんどが面接にかかっているんです。

転職の時こそ、就活の時よりも面接が大切なんです。

転職の面接でよく聞かれる事って?

面接でよく聞かれることの画像

就活の時とは同じようにはいかない転職の面接。僕が面接を担当することになった時に、先輩の面接担当から引継ぎをしていく中で「コレとコレは面接の時に必ず聞いておくように。」と言われたことがありました。

どうもそれは、社長から聞いておくようにと言われていた事のようで、僕が面接を担当するようになってからも面接のときに必ず聞いていることがいくつかあります。

そのいくつかというのが・・・

■なぜ弊社を志望されたのですか?

まあコレは質問の中でも一番ベタで、当然聞かれるであろう内容なんですが、挨拶程度の質問ですね。

面接する方も、挨拶程度に聞いてるぐらいで大体の方が「御社の●●というところに魅力を感じて~」とか「こういう部分で今まで培ってきた力を発揮できるんじゃないかと思い~」みたいな感じの会社概要や会社のサイトを見れば思いつくような答えをされます。

正直なところ、この質問の答えって似た回答をされる方がめっちゃ多いですね。

ただ、挨拶程度の質問ではあるのですが、稀に凄く濃い回答をされる方がいるのですが、例えば最近実際にあったのが、「御社の行われている●●という事業のサービスを実際に3ヶ月間利用してみて、失礼とは知りながらクレームなどを入れてみたのですが、対応が素晴らしくて今後も発展していくんじゃないだろうかと思い~」というような、そこそこ価格の高いサービスを実際に3ヶ月利用をして、クレーム対応などを試してみたという方がおられました。

この方は、もともとこのサービスを利用してではなくて、転職を考えてからどういうサービスなのかというのを理解するために利用を始めたのだそうです。

さすがに実際にここまでの内容を回答されると、面接をしている方も挨拶程度の質問に関わらず、思わず「おぉ~ッ!」っとなってしまいましたね(笑

なので、転職の面接では最初の方に聞かれることの多い「なぜ弊社を志望したのか?」という質問には、表面上でわかることを答えるのではなくて、できるだけその会社のことを深く調べて回答するのがおススメです。面接の担当者が「おッ!」となるようなw

■転職をしようと思ったのはなぜですか?

これもほとんどの会社で聞かれているんじゃないかと思うぐらいのよくある質問なのですが、面接する方としては重要に考える質問ですね。

転職をしようと思った事って人それぞれによって当然違うのですが、やりたい仕事があって転職を考える人もいれば、給料や待遇に不満を持って転職を考える方もいます。

キレイに回答をしようと考えるのなら、給料や待遇に不満があったということは出さずに、やりたい仕事があると言うことや、将来的なことを考えてというような回答をすれば確かにキレイな回答です。

でも、実際は給料面や待遇に不満があったのに、それを隠してキレイな回答だけをした方が良いのかというと、そんな事はないんです。

面接をする側も同じ社会人として会社で働く人間。給料や待遇のことに関しては仕事をする上で重要なことだということも分かっています(笑

なので、転職しようと思った理由が給料面や待遇にあったのならば、面接のときに言っても大丈夫です。むしろ仕事はちゃんとしていたのに給料面などで評価がされていなかったとちゃんとした理由があるのならば言うべきですね。

実際に僕が面接をした方の中でも何人かは、給料や待遇が転職のきっかけとなって話を聞いてみて「それなら転職を考えるのも仕方ない」と感じた人もいました。

どうしても給料面や待遇ってあまり人に話すのはちょっと・・・ってためらってしまいがちなんですが、その事ばかりを言い過ぎしまうのはさすがに良い印象は受けないですが、ちゃんとした理由があって給料面や待遇が転職の理由となっているのならば、面接のときにもちゃんと言うべきですね。

この質問に関しては、面接をする側からしてみたら、転職をすることで何を求めているのか?ということを聞きたいという意味もあるのです。なので、キレイごとばかりを言われても「本当に転職をしたいのかな?」となってしまうので、本気で転職をしようと思った事実も伝えた方がいいですね。

■前職ではどんな業務を担当されていましたか?

以前の記事でも何度か書いたのですが、30代の転職となると企業側からすれば即戦力になってくれるような人材を求めていることが多いのです。

この質問は前職の業務を聞いているのですが、その人にどんな能力があって前職の会社からはどういう評価がされていたのか?ということを聞いているのです。

というのも、30代にもなるとそれなりの業務を任されて、部下もいてマネジメントをしている方もいたら、現場でバリバリ前にでてプレーヤーとして働いているという方もいます。

前職でどんな業務をしていたか?

という質問に関しては、管理職としてマネージャー的な仕事をしていたのか、現場でプレーヤーとして働いていたのかというのを答えた方が良いですね。

志望した会社がどちらの人材を求めているかにもよるのですが、あまりあやふやな答え方をしてしまうと、「もしかして業務を任せてもらってなかったんじゃ・・・」なんてことにもなりかねないので、前職で担当して業務内容や、どういう業務を担当していたのか?という質問は、転職の面接ではほとんどの会社で聞かれることなので、前もってまとめておいて細かく回答するのが理想的です!

■弊社で力が発揮できると思うことはありますか?

この質問は僕の会社では必ず聞くようにと言われている質問ですね。

なぜこの質問をするのかというのを、先輩の面接担当の人に聞いたら、「本当にうちの会社に入りたいと思っているのなら、うちの会社がどういう業務をしていてどんな仕事がしたいかまでを考えているはず。」という事でした。

たしかに、転職をして働きたい会社があるのなら、その会社がどういう事業をしている会社でどんな物を売っていて、どういう業務がしたいかということまで考えているのは当たり前だと思います。

なので、もしこういう

自分の力や経験がどこで発揮できると思いますか?

みたいな質問があったときには、実際に自分がその会社に転職できたとして、どういった部署でどういう仕事をしているのか?というのを想定して答えるのが良いですね。

そのためにも、転職先として希望している会社がどういった事業を行っていてそこで発生する業務ってどうものなのか?というのはあらかじめ考えておくことをおススメします!

30代、転職の面接で大事なコト。

面接で大事なこと2の画像

転職の面接で聞かれそうなことを4つほど書きましたが、結局30代の転職の面接で大事なことというのが・・・

会社の下調べと自分の経歴を事前に用意しておく!

ということですね。

僕が転職の面接を初めて受けた時は、バイトの面接ぐらいの感覚でめちゃめちゃ軽く考えていたのですが、いざ面接になると緊張しまくってしまい、事前に何も準備をしていなかったので質問に答えるとかっていうレベルではなく、まともに喋ることすらできませんでしたね。

ホント面接が終わった後は、帰り道を歩きながら「かっこ悪かったなぁ…」ってブツブツずーっと独り言を言ってたぐらい恥かしかったですね。思い出したくもないです(笑

30代の転職ともなると、就活の面接とは違って、それなりに社会人として成長している人間を求められているのです。

なので、書類審査が通ったら面接のことを考えて、転職先の会社のことをちゃんと下調べをして、自分の経歴やスキルを書き出して事前に準備をしてから面接に挑む。これぐらいはしておいたほうが良いです。

僕みたいに、恥をかきたくない方は(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です