転職することは家族に伝えた方が良い?

転職のこと家族に伝える?の画像

30代で転職をすることになったとして、状況は人によって色々と違いますよね。30代ともなると結婚をして子供が何人かいても普通の事です。

30代で結婚をしてて子供がいるというのは極々普通の事なのですが、この独身か結婚をしているかという状況の違いってなかなか大きいのです。

独身で親元を離れ一人暮らしをしていて転職をする場合だと、特に誰かに相談をしなくても、ある程度自分の気持ち一つで転職を決断できるのですが、結婚をして奥さんや子供がいる場合ってやっぱり家族にも同意を得るっていうのは、なかなか避けては通れないですよね。

ちなみに僕が30代で転職をした時は、転職をする以外に方法は無かったので、妻に「転職しないといけない…」と言ったときは、そりゃそうでしょぐらいの感じでした(笑)それでもやっぱりどこか不安は感じていたようで、いつもと違って休みの日もどこかイライラしているというような感じでしたね。

転職が決まって仕事を辞めるとなったら、会社に辞めることを伝えるのは当然なのですが、その前に思っているよりもひと波乱あるのが、この家族に転職を考えているというのを伝える時なんです。

今回は転職をするということを家族に伝えた時に、どういうことが考えられるかというのを書いてみたいと思います。

そもそも家族に転職をすることを伝える必要はあるの?

そもそも伝えた方がいいの?の画像

根本的なところがコレですよねw転職をする時に家族に伝える必要があるのかどうなのか?ということ。確かに転職をすると決めて、転職活動をして転職先で働くのも全て自分。それをわざわざ家族に言う必要って…という気持ちもなんとなく僕も分かります。

僕が転職活動をしている時は、今の仕事が無くなるということが決まっていて、ほとんど貯金も無い状態だったのでタイムリミットがあったのですが、なかなか転職先が決まらなくて次第に不安が大きくなってきてイライラしていた時期もありました。

今振り返ってみると、その当時の妻の立場からしてみれば家族の生活が僕の転職にかかっていて、子供も小さいこともあり僕以上に不安はあったのだろうと思います。

転職活動をしている本人からしてみれば、今どういう状況でどんな会社を受けてというのはわかっていますが、待っている家族からしてみればいつまでこの状態が続くのかと不安になっても仕方ないですよね。

そう考えると、ちゃんと目的や考えがあって転職を考えているということを家族に伝えた方が、不安が少しでも和らぐんじゃないかと思うワケです。転職活動でどういう会社を受けてどういう状況なのか?ということも逐一伝えた方が、お互い不安が減ると思います。

以前に、一流の大学を出て大企業に就職をして結婚をした友人が、突然地方に行ってのんびりとした生活をしたいという事になって、奥さんに内緒で地方の会社に応募をしていたことがバレて離婚の一歩手前までの喧嘩になったということがあったのです。

なぜ奥さんが怒ったのかというと、地方で暮らすというのに反対ではなくて、内緒で転職活動をしていたというのが許せなかったようだったのです。結局その友人は奥さんにちゃんと理由を話してお互いに納得をして今では地方で幸せに暮らしています。

転職をすることがどうという前に、やっぱり結婚をしているということを考えるとコソコソと隠し事をされるというのが女性の立場からすれば嫌なのかもしれないですね。

なので転職をするというこれからのお互いの人生にかかわりそうな事は、家族にも伝えた方が無難ではないでしょうか。

家族に転職を反対されるということはないのか?

家族に反対されない?の画像

転職をしようかどうしようか迷って、自分の中である程度転職をする意思が固まった時に家族に相談をする人が多いのですが、相談をして転職を家族に反対されることはないのかと言うと、これが結構多いのです。

僕が今働いている会社で面接を担当しているのですが、転職者の方の面接をする時に「家族の方から転職に反対されたりしませんでしたか?」と聞くことがあるのですが、これが結構な確率で「初めは反対された。」という人が多いのです。

奥さんに転職を反対されたという人の多くは、30代でお子さんがいらっしゃる方が多いです。反対された理由を聞いてみると、子供が小さくて家を買っているためちゃんと支払いがしていけるのか不安だからと言われた方が多かったです。

あと、気になったのが今までに何度か転職をしていて、そんなに仕事を変えて大丈夫なのかということで反対されたという人もいました。

やっぱり30代になると子供が出来たり家を買ったり、20代の頃とは違う責任感を求められることがプライベートでも多くなってきますよね。そういう時に仕事を変えるとなると、奥さんが不安に思われる方が多いんです。

30代で転職を考えている人で初めは家族に反対をされたという人が多いのですが、その後家族も納得をしてくれたという人も多かったです。

なぜ奥さんに転職することを伝えて、初めは反対だったのに後から納得をしてくれたのかというと、給料がアップするための転職であれば納得をしてくれたという事なのですwそう、給料が今よりもアップする事を条件とするのならば、奥さんが転職を応援してくれたというケースはかなり多いです。

実際に転職をして働く夫の立場からしてみれば、給料というのも重要な事の一つなのですが、それ以外にもやりがいであったり、好きな仕事をしたいというのが少なからずあると思うのですが、家族からしてみれば、一番気になるのは転職後の給料かもしれないです。

なので、転職を考えているけれど家族に反対されたらどうしよう…という方は給料が今よりもアップできるような転職先を見つけるということを、先に話しておけば反対される可能性は下がるんじゃないでしょうか。

転職は家族の理解を得た方がうまくいく?

理解を得て転職する。の画像

30代で転職活動を実際にしてみると分かるのですが、転職先の候補を選んだり、職務経歴書を書いたり、そのあとには面接を受けたりと、転職活動をしてみると思っている以上に体力的にも精神的にも疲れるもんです。

それを今の仕事をしながらとなると、さらに大変なのは想像できますよね。そんな状態で家に帰れば転職に理解をしてくれない奥さんと毎日のように喧嘩が続いて…となると地獄ですよね(笑)

大げさに言ってると思われる方もいるかもしれませんが、実際にこういう感じになってしまうというのはよくあることなんです。

そんな精神的にも体力的にも落ちている状態で転職活動をしていても、やる気もでないですよね。

なので、どういう意図で転職をしようとしているのかというのを家族にちゃんと伝えて、理解を得た上で転職活動をした方が絶対に精神的にラクです。

僕がが転職活動をしていた時、書類選考すらなかなか通ることができなくて「もしかしたら転職することができないかも…」と落ち込んでいた時に支えてくれたのは妻でした。

結局のところ30代で家族もいて転職をするというのは、自分だけじゃなくて家族にも影響をしてくることなのです。そう考えると、家族が応援をしてくれて転職活動をするというのが、やはり一番理想的ですね。

家族に転職の理解を得るためにした方がいいこと。

理解を得るコツの画像

転職をするのならば、家族にも応援してもらいたいですよね。そのために僕の経験と僕が見てきた中でこういう風に転職することを家族に伝えれば、家族にも応援してもらえる可能性が高いというのをあげてみると…

・なぜ転職をしようとしているのかを家族に隠さずに伝える。

・転職することでのメリットをちゃんと伝える。

・もし転職がうまくいかなかったらどうするのかという事を考えておく。

・どういう風に転職活動をするのか方法を伝える。

・転職活動中の状況をちゃんと家族に伝える。

・ダラダラと転職活動をするのではなく、期限をある程度決める。

この6個ですね。

転職をして仕事を続けていくのは自分自身なのですが、自分の事だからという風に考えずに転職によって影響があるのは家族も同じで、不安や期待を感じているのも家族も同じなのです。

ましてや30代での転職ともなると、将来に大きく関わってくるということも十分に考えられるので、家族にはちゃんと理解を得て転職活動をするというのがベストです。

それに自分ひとりだけで考えているよりも、なにかあれば家族に相談できたほうがプレッシャーも軽くなるハズです。いろいろな人を見てきた中で、やはり家族にちゃんと伝えて転職活動をしている人の方が、ウマくいっている場合が多いです。

自分にあった理想の転職をするためにも、家族には転職のことはちゃんと話す方が絶対に良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です