ITエンジニア転職の本当のトコロ!?

ITエンジニアの転職の実情

転職などで人の入れ替わりの多いIT業界、その中でもITエンジニアは特に入れ替わりが早い職業ではないでしょうか。この記事を見ていただいている方の中にも、ITエンジニアをしておられて「今まさに転職を考えている。」という方もいらっしゃるかも知れません。

僕自身も今現在IT業界の端の方で仕事をしているわけなのですが(笑)ウチの職場にもITエンジニアの方はおられます。ITエンジニアの方をそばで見ていて思うのは、ITエンジニアの方って比較的転職の求人も多く、給料も上がりやすいので、羨ましいなといつも思っていました。

でも、実際の所ITエンジニアの方の転職の実情ってどうなのでしょうか?

そこで今回は、実際に転職を経験されたITエンジニアの方数名に話を聞いてきたので、ITエンジニアの転職の実情について書いてみます。

ITエンジニアだけでなく、転職エージェントをしている知人にも併せて話を聞いてきたので、これから転職を考えているというITエンジニアの方の参考に少しでもなれば幸いです。

ITエンジニアの転職事情は今どのようになっているのでしょうか。IT業界と言えば比較的転職の多い業界ですが、果たしてその実態はどのようになっていて、転職に年齢や資格は関係あるのか?また転職の際には何に気をつければ良いのか?という転職にまつわることを転職経験の豊富な現役ITエンジニアの経験を元に見てみましょう。

ITエンジニアに年齢は関係あるのか?

ITエンジニア年齢は関係ない?の画像

ITエンジニア業界にいて感じる限りでは、正直なところあまり世間一般で言われているほど年齢は仕事に関係が無いように思います。

しかし、「エンジニア35歳定年説」という言葉は実際に耳にすることも多いですよね。なぜこのような35歳定年というような言葉が言われるようになったのかというと、

IT業界というものは新しい技術や情報が日進月歩出てくる業界であり、サーバー・ネットワークエンジニアやプログラマーなどのITエンジニアは常にそれに対応していく必要があります。

つまり、この言葉はエンジニアとして仕事を続けていくためには新しい技術や知識を習得していく必要があるのですが、仕事への意欲や柔軟性を持った若い時期であれば対応できるが、ある程度の年齢(35歳以上)になると、プレーヤーとして現場に立つ以外にもマネジメントなどの業務も重なってきたりすることもあり、なかなか新しいことへの対応が出来なくなってしまい、エンジニアとしての知識が遅れてしまうケースがあるということから生まれたものなのです。

私が仕事をしていて感じることは、ITエンジニアとして優秀であるか、そうでないかという基準には年齢でなく「柔軟性」「好奇心」「自主性」が大きく関わると常々感じています。

つまりIT技術者として非常に重要なことなのは「柔軟に新しい技術や知識を習得すること」、「新しいことに関心を持つ好奇心」、そして「自主的に新しいことをやっていく意欲」です。

確かに一般的に言えば、総じて30代よりも20代の若い世代の方が特に「柔軟性」「好奇心」は高くなる傾向があるのは否めません。しかし、30代のITエンジニアでも意欲的に新しい知識や学ぶ人もいたりと、そうでないケースも多々あります。

まとめると「ITエンジニアに年齢は関係ありません」。関係あるのは「柔軟性」「好奇心」「自主性」です。これらを持っていればたとえ35歳以上であっても十分ITエンジニアとして長期的な戦力として働くことが出来ます。なので35歳以上だから転職は…と考えなくても大丈夫なのです。現に私も30代後半になってからもITエンジニアとして転職を経験しているので。

ITエンジニアの転職に有利な資格は?

転職する時に有利な資格とは?の画像

「ITエンジニアの転職に有利な資格って何ですか?」とたまに後輩や会社の部下からも聞かれることがあるのですが、一言でいうと「需要の高いトレンドの資格」これに尽きますね。

この記事を読まれているITエンジニアの皆さんもよくお分かりだと思いますが、IT業界は日進月歩、トレンドになる技術も日々変わっていきます。私が経験してきたサーバーエンジニアの分野でも、かつてはオンプレミス型と言って自社内に処理能力の高い物理サーバーや大容量のストレージシステムをおいてサービスを提供するというのが普通でした。

それが、サーバーの処理能力の向上とともに一台の物理サーバー上で多数の仮想サーバーを動作させる仮想化技術がトレンドになりました。

そして現在はインターネット経由で各種のサービスを利用するクラウドコンピューティングの活用が広がっています。

これを見ても、一概に「有利な資格は?」という質問に答えるのは難しいことがご理解いただけるのじゃないかと思います。それにITエンジニアとして働き出してから資格のことばかり考えてしまうよりも、いま求められていることに応えることの方が重要なのです。

逆に具体的に、今このタイミングでITエンジニアの転職に有利になる資格は何なのか考えてみると…

1.プロジェクトマネージャ

2.応用情報技術者

3.基本情報技術者

4.オラクルマスター

5.マイクロソフト(データベース関連)

6.シスコ技術者認定

7.ITIL

8.LPIC(Linux技術者認定試験)

9.TOEIC

10.PMP

このような感じでITエンジニアに限らず様々なIT系のメディアなどでよく取り上げられる今トレンドの人気の資格を挙げてみました。

これを見ると、

2. 応用情報技術者

3. 基本情報技術者

この2つの資格は、ITエンジニアとしての全般的な知識を見るもので、IT業界の動向によって資格の重要性というのは影響を受けにくいですね。

続いて、

4. オラクルマスター

5. マイクロソフト(データベース関連)

6. シスコ技術者認定

この3つの資格はクラウドコンピューティングやBCP(事業継続計画)が話題に上っている今のIT業界の動向を如実に示していると言えるでしょう。データベースは企業の大切なデータを保管し、効率よく業務利用する仕組みであり、またクラウド時代ではインターネットを介してサービスを利用するため、これまで以上にネットワーク技術が重要になります。

8. LPIC(Linux技術者認定試験)

LPICは、私も所有している資格ですが、サーバーや組み込みシステムでLinuxの活用が拡大している今、この資格のニーズもさらに上がっています。

7. ITIL

順番が前後しましたが、ITILも私の所有する資格の一つですが、これはITの運用をどのように行っていくべきかというベストプラクティスをまとめたもので、運用を行う際の指針となるべきものです。これは組織にとってITをどのような組織でどのようなプロセスをもってマネジメントしていくべきであるのかということを示しています。

若干毛色が異なるのが、

1.プロジェクトマネージャ

10. PMP

この2つの資格です。ITエンジニアであってもさまざまな業務をプロジェクトとして多くの場合チームで行います。そのときに重要なのが以下に組織としてマネジメントしていくかというプロジェクトマネジメントの知識です。ITエンジニアとしてさらに好条件での待遇を求めようとすると、必然的にマネジメントの仕事というのも出てきます。

そして、

9. TOEIC

の英語です。私も外資系の企業に勤務していた経験もあり、現在も業務を受け持っているのですが、これからはITエンジニアであっても英語が必須になるというのは肌で感じています。海外のエンジニアとともにプロジェクトを動かしていく、また外国人オペレータを日本人リーダーとして率いていくケースもこれから増えることでしょう。

正直なところ、私がITエンジニアとして仕事を始めた頃には、英語が必須になるのではというのは感じたことはなかったのですが、実際に誰もが知っている外資系企業でもそういう動きは数年前から始まっています。

これからのITエンジニアに必要な資格、それは大きくまとめると

■これからトレンドになる資格

■組織をマネジメント出来る資格

この2種類の資格なのです。ITエンジニアの中でもプレーヤーとして活躍したい場合は、トレンドになる資格は必須ですし、マネージャーとして活躍したい場合は当然マネジメントできる資格というのが重要になってきます。このことをしっかり理解して転職市場での自分の価値を高めていきましょう。

ITエンジニアは転職回数が多いと不利になる?

ITエンジニアの転職回数の画像

自身の経験談から結論を言うと「多すぎるのは不利になるかもしれないが、基本的に転職回数であまり不利になることはない。」ということです。その理由はなぜかと言うと…

一般的にIT業界は転職回数が多いと言われています。実際多くのエンジニアが、最初に入った会社で数年間経験を積むと、スキルアップや給与条件のアップを目指して他の会社へ変わっていきます。

私が経験してきた中でも、ある人が転職してきたと思ったら3か月も経たない内に別の企業へ転職してしまったというケースも多く見てきました。また以前の会社でも500人規模の社員数でしたが一月あたりだいたい10人前後の退職や入社が毎月のようにありました。

これはITエンジニアの技術や知識は会社を変わっても同じように使えることと、より上流のレベルの高い仕事をしようとすると会社を変わっていく必要がある場合があることが挙げられます。したがってある程度転職をしているエンジニアというのは優秀な人材であるケースも多いのです。企業もこのことを理解しているのです。

もちろんあまりにも期間の短い転職が多すぎるのは考えものですが、こういった理由から一概に転職回数が多いことがマイナスになるということはありません。

ITエンジニアが転職するときに有利なスキルとは?

転職する時に求められるスキルの画像

もちろんITエンジニアですから有利になるスキルというのはあります。先ほどの資格とも重なりますが、いかにトレンドの技術や企業が求める分野で知識と経験を持っているかです。

最近ではクラウドコンピューティングやデータベースなどの知識は企業にとってニーズが非常に高くなっています。

またBCP(事業継続計画)やISO27001(情報セキュリティ)など単純に技術だけでなく、ビジネスをどう円滑に動かしていくか、IT部門としてはどうあるべきなのかということが考えられる人材というのも企業も欲しがっています。

加えて何度も書きますが英語。海外と仕事をする機会はこれからどんどん増えます。ITエンジニアにとっても英語は非常に重要なものとなるでしょう。私も毎日のように英語のメールに目を通し、必要に応じて海外とチャットや電話会議を行うこともあります。

これからのITエンジニアが必要なスキルとは、ITのトレンドに関する技術だけでなく企業でのITのあり方、英語などさまざまなことについて考えられることではないでしょうか。

ITエンジニアが転職に成功するためのアドバイス

ITエンジニアが転職に成功するために!

「今までITエンジニアとして、何をやってきて、何が出来るのか?」これは特にITエンジニアなど技術者には非常に重要なことです。

私たちITエンジニアにとって、自分が経験してきたこと(OSやアプリケーションなど)は自分の財産です。転職であれば求人を出す側の応募先企業も、社内にある明確なニーズがあり、それに合わせて即戦力して人材を募集するケースが多いです。

ですから職務経歴書には自分がいままで担当してきた技術(具体的なOSやソフトウェア名を出す方がよい)を出来るだけ具体的に書きましょう。

例えば私が転職活動をしていた時には「Redhat Enterprise Linux 5.3でWebシステムを構築」だとか「Symantec Endpoint Protectionを担当しセキュリティ対策に携わる」などと具体的にソフトウェアなどを挙げました。そうすることで求人を出した企業側にも自分たちが求める経験やスキルを応募者が持っているのかそうでないのか判断しやすくなり、求める人材とのアンマッチが発生するリスクも低減できます。

また、サーバーエンジニア・プログラマーなどに関わらず仕事はもっぱらチームで行います。そのため、協調性がありチームで物事に取り組んでいけるところことをアピールすることも重要です。

例えば「この○○というプロジェクトは△△の部分が大変で非常に苦労したのですが、チームで役割を分担して解決に取り組んだ結果、無事に納期に間に合うように問題を解決することが出来ました」などといった感じです。

加えて、ある程度の年齢まで進むとマネジメント経験が問われます。これはITに限らずどの業界でも同じだと思いますが。実際に役職についていると一番良いのですが、そうでなくてもチームをまとめたり、プロジェクトをまとめて推進したりした経験を求める企業は多いです。応募する側もしっかりとそういったマネジメント経験に関する質問に答えられるように準備をしておきましょう。

まとめるとITエンジニアが転職をする際は以下を心がけると良いでしょう。

■職務経歴書は具体的に書く

■協調性があり、チームで仕事が出来ることをアピール

■マネジメント(チームをまとめる)経験をアピール

ITエンジニアが転職をするときには、これらのことに気をつけて転職活動をすれば、企業とのアンマッチの可能性をある程度低くすることができるのですが、私も経験したことなのですが、自分の知識や経歴などを洗い出すというのはなかなか難しいです。

そこでオススメなのが転職エージェントなのです。転職エージェントを利用した方が良いということを聞かれたことがある方もいらっしゃると思うのですが、これはITエンジニアが転職する際も転職エージェントを利用した方が良いというのは本当なのです。

ただ、ITエンジニアが転職をする際に利用する転職エージェントを選ぶ際に注意した方がいいのが、

IT職について詳しい大手の転職エージェントを使う。

ということです。

なぜかというと、IT職について詳しいエージェントを使うというのは当たり前のことなのですが、こちらの経験や知識に関しても理解してもらえることが可能ですし、企業とのマッチングの際にも、エージェントにITの詳しい知識があることで、自分で転職活動をするよりもマッチングの精度を高めることができるのです。

それと、できるだけ大手の転職エージェントを利用する方が、圧倒的に紹介してもらえるITエンジニアの転職案件の数が多いのです。数だけの問題ではなくて、紹介してもらえる案件の質に関してもそうです。やはり大手の転職エージェントの方が質の高い企業の案件を紹介してもらえる可能性が高いのです。これは私の経験談からも言えることです。

私自身も過去に転職をする際に、大手に限らず幾つかの転職エージェントを利用したことがあるのですが、魅力的な提案をしてもらえるのは、やはりIT職に強い大手の転職エージェントでした。それからは、転職の際にはその大手の転職エージェントの担当を頼って転職活動をしています。

ちなみに私が今でも頼りにしている転職エージェントというのが、マイナビの転職エージェントです。

マイナビエージェントのキャプチャ

元々ITエンジニアをされていたキャリアコンサルタントやエージェントの方がいるので、こちらの経験や知識をしっかりと理解した上で企業とのマッチングを行ってくれるので、安心して転職活動を任せることができます。それと、マイナビエージェントは転職エージェントとしても大手なので、非公開になっている求人情報なども多く、案件の多さもポイントです。

企業とのマッチングが一番重要な部分なのですが、それ以外の部分、例えば職務経歴書などを書く際の自分の経歴の洗い出しであったり、面接でのポイントや、重要な給料面の交渉など、自分だけではなかなかできないような事も、エージェントが助けてくれます。

大げさではなく、ITエンジニアとしての自分の価値をできる限り引き出すためには、転職エージェントの存在というものは欠かせないものではと感じるほどです。

▼ITエンジニアの転職に一番頼れるマイナビエージェントの公式サイトはこちら

ITエンジニアは転職で給料が上がるのか?

転職をすれば給料は上がる?の画像

仕事をする上で当然重要なのが給料の話、これは転職を志す誰しもが気になるところではないでしょうか。実際ITエンジニアの給料が転職で上がるかと言われると必ずしもそうとも限りませんが、ITエンジニアの場合転職で給料が上がる可能性は高いです。

私の場合は2度目の転職までは、給料は転職する度に上がっていました。地方にUターン転職しましたが、その時は給料は地方の水準まで下がりました。また、最近は特に顧客からコスト削減のために単価引き下げを要求されるケースも非常に多くなっています。

企業の経費の中で大きな割合を占めるのは人件費です。したがって顧客からコストカットの要望があった場合、どうしても人件費がカットされるケースはあります。したがって、ITエンジニアは転職で給料が上がるケースは多いのですが、必ずしも転職で給料が上がるという保証はできないです。

では、どうすれば転職で給料アップを実現することが出来るのでしょうか。以下にポイントを挙げてみました。

■業界のニーズに合うようなトレンドの技術を磨く

■マネジメント力をつける

■英語力を磨く

さしあたってITエンジニアが転職で成功するあためのポイントで思いつくのはこういったところでしょうか。いずれにしろ応募先の企業の多くが抱えるニーズは現在、そしてこれからのニーズを踏まえたものです。自分のスキルがそこにマッチするように自らのレベルアップをはかりましょう。

また、ITに限らないことですが、仕事を進めるにあたってチーム全体をまとめていくことは重要なことです。特にある程度の年齢での中途採用になると、企業側は役職者としてチームを率いていく力を求めます。

最後に英語力、日本企業、外資系企業問わず今後海外と仕事をする機会は間違いなく増えます。そういった機会が訪れたときにスムーズにコミュニケーションをとり、仕事をしていける人材はやはり企業も高く評価するでしょう。

単純にITエンジニアが転職さえすれば給料が上がるかと言われると必ずしもそうではありませんが、自分のスキルにマッチングする企業に転職することができれば給料が上がる可能性は高いのです。ここに挙げたようなポイントを意識して自分自身のITエンジニアとしての市場価値を高める努力をしていかなくてはなりません。そう考えると大変な時代になったものですね。

▼ITエンジニアの転職に欠かせないおすすめの転職エージェントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です