【体験談】人材紹介会社からキャリアアドバイザーに転職

キャリアアドバイザーに転職の画像

30歳近くなった時に、ふと「自分はこれからもこの仕事を続けていくんだろうか?」と考えたことはありませんか?

さらに結婚もしていて子供も出来てとなった時に、収入面にも不安があるとなったらどうでしょうか?

今回紹介する転職体験談は、人材紹介の会社で勤務をされていて30歳で転職をされた男性Sさんの転職体験談です。Sさんの経歴を簡単に説明すると…

Sさんは人材紹介の会社で勤務していたのですが、これから先も同じ仕事をしていくのか?という悩みをもち、仮に昇進しても収入面でのアップは期待することが出来ないと不安を感じ転職を決意しました。待遇面を落とさずに自分の理想とする転職先を見つけることが出来たのでしょうか?

ではSさんの転職体験談を紹介します。

私は現在33歳の男性です。岐阜県が故郷なのですが、父親の転勤の関係等で、関西から関東へと様々な場所に住まい、今は横浜に住んでいます。

同じ歳の妻と小学生の息子と娘の4人で横浜で暮らしています。30歳を機に転職活動をはじめ、2年前から大手人材派遣会社のキャリアアドバイザーとして勤めています。

もともと人材系の会社で仕事をしていたのですが、私が30歳で転職をした時の体験談を書いてみたいと思います。

転職前は医療系の人材紹介会社に勤務

転職前は、医療系の人材紹介会社で5年弱働いていました。福岡で4年間支社の立ち上げをし、東京本社で1年弱働きました。

支社立ち上げの際はかなり大変で、立ち上げ担当の人数が想定よりかなり少なかったために夜通し働いたことを覚えています。かなりハードな経験でしたが、なかなか支社立ち上げを担当する機会も少ないと思うので、今思えば本当に良い経験になったと思います。

業務内容は主に看護師向けのキャリアアドバイザー職と、病院に対しての営業職に従事していました。仕事自体はとても面白く、人と企業の間に入って情報提供やキャリア提案などをしていくため、介在価値を感じていました。

もともと人と人とのつながりを強く感じるような仕事につきたいと考えていたので、自分にはとても合っている業種だと思っています。

仕事を始めた当初はやりがいがあったのですが、給料はさほど高くはなく、社内でキャリアアップしてもさほど経済面が潤うとは思えなかったので、子供が二人いる身としては、いずれ転職を考えなければいけないのかもしれないと、ずっと考えてはいました。

同じ仕事を続けている将来が見えなかった。

経済面のこともあって、漠然と転職をするだろうなと思っていたのですが、転職が現実のものとなった時にきっかけになったのは次のようなことでした。

■仕事内容

看護師向けの人材派遣業務だったのですが、看護師は基本決まったエリアで動くため、基本的に病院やクリニック、老人ホームや訪問看護等、転職先に限りがあります。

一定経験を積むとパターンも見えてくるため、提案の幅が狭いと感じていました。もう少し提案の幅が広ければ、自分の提案力が試され、やりがいも大きくなるのではと考えていました。

また、1日に電話を何本かけたかと言うような、非常に数担保の仕事であり、頭を使うと言うよりかは、がむしゃらに行動だけでこなす傾向が強く、これからも4・5年続けるイメージも持てなかったですし、ある種の飽きが来てしまいました。

仕事に飽きを感じ始めると、とたんにモチベーションの維持も難しくなっていきます。他の仕事へつい目を向けてしまい、今の仕事に集中できなくなることも、自分にとっても会社にとってもメリットが無いと感じるようになりました。

■組織体制

大手人材会社のグループ企業であったため、本社からの出向者で上が詰まっているという問題がありました。その上でもマネージャーを目指すと言う選択肢もありましたが、当時の執行役員の考え方やスタンスに同意できない(とにかく足元の業績オンリー、社長自身も出向者の為、任期第一)部分もあり、より顧客やマーケットのニーズに合った仕事がしたいと考えました。

今思うと、キャリアアドバイザーとしての提案の仕組みから変えたいと思っていたこともあり、会社自体がそれが叶う位置にいなかったということが大きいと思います。

自分の理想の人事施策はそのまま相談してくる人材の希望でもあるので、それが通らない会社にいても、仕事内容は変わらず自分の成長にもつながらないと感じていました。

■待遇面

長く地方都市に住んでいたこともあるせいか、関東圏の生活コストの高さのギャップをかなり感じていました。

また2番で述べたようなキャリアの問題に加え、マネージャーになっても給与がほとんど変わらないと言う環境でして、少しキャリアアップに夢が描けない状況でした。

思うような成長も見込めず、頑張って上に行けたとしても給料面での返りが少なければ、その後も続けていける自信がありません。子供2人を抱えている中で、自分の成長はもちろん、家族のためにもキャリアアップと転職を考える気持ちは30歳を過ぎてから日に日に感じるようになりました。

転職活動は待遇面を考え同業種に応募

上記3点の理由から、自分の遣り甲斐とキャリアアップを目指し、転職活動をはじめることになりました。

家族がいるため、待遇面を落とすと言う選択肢はなかった私は、今までの経験とスキルを評価してもらえやすい、同業種の人材系か医療系の仕事で絞って探そうと考えました。

転職活動の内容としては、大手人材2社、求人媒体、ダイレクトリクルーティング、あたりを併用して進めていました。日中はオフィスにいてなかなか時間が取れなかったため、活動ボリュームはあまり多くなく、面接は3・4件しか受けれませんでした。

ですが、応募した会社はどれも今迄の延長線上である仕事内容を選んでいたため、成果の出し方や考え方の基本構造は似ている会社が多く、面接では自信を持ってアピールでき、スムーズに進みました。

自分の理想の人事施策を語るとそれに同意してもらえる企業も多く、面接は思っていたより楽しく進めることができていました。その中の1社から無事内定をもらい、自分の条件面はすべてクリアしていたため、その企業への転職を決めました。

また、転職活動の際の、各転職サービスの感想としては、リクルートは最初求人がないと言う話になりクレームをつけると対応をしてくれました。しかし電話だけの対応でありあまり満足度は高くなかったです。

インテリジェンスは丸の内で対面のカウンセリングをし、入り込んでサポートしてくれました。媒体は気軽に応募できるのは良いですが、30代の転職となると欲しい情報が多く、躊躇してあまり応募できなかったのが正直なところです(媒体経由のスカウトでは何件か応募)。

ダイレクトリクルーティングは2年前だったこともあり、あまり求人の精度が高くないと感じました。(実は今も登録は更新していて、求人精度はかなり上がっていますし求人数も増えたと思います)

とにかく転職活動のポイントは、一つのサービスに絞らないことと、希望する業種や内容にはじめから妥協をしないことだと思います。

最初はかなり希望を絞ってもいいと思います。新卒ならまだしも、転職活動なわけですから、自分が何ができて、どういう会社や企業が向いていないのかはある程度わかってきていると思います。

キャリアアップを求めるのなら、とことん自分の理想に合った企業をじっくり探すことが重要だと感じました。私の場合実際に面接に行った会社は少ないですが、かなり絞り込んで応募をしたことを覚えています。

それは自分の理想が具体的に定まっていたというのもありますが、定まっていなければ面接で十分に自己アピールをすることもできないと思います。じっくり自分の理想を突き詰めて、かなり絞り込んで転職活動した上で、すべて落ちたらもう少し視野を広げてみる、という手法が、私にはあっていたように思います。

⇒30代の転職に頼れるオススメの転職エージェントはコチラ

勤務時間が増えたものの理想に近づいた。

今は大手の人材会社のキャリアアドバイザーとして入社し、もうすぐ2年が経とうとしています。リーダー候補として入り、この10月から無事リーダーとして業務にあたることができています。

基本的に上記の通り前職の課題解決ができたと感じているので、辛い時も踏ん張ることができたのは良かったです。ただ前職よりも勤務時間が増えた事は不満の1つです。今後勤務時間の短縮についての提案も、いずれできればと思っていますが、まだそんな余裕がないというのが本音です。

今はこの会社の中でどのようにキャリアを積んでいくか、上に上がるだけではなく横にどう広げていくかも含めて検討をしています。その可能性が今の会社にはあるということが、転職してよかったと思う一番の点です。

また、自分を高く売り込むことを成功したのは良かったのですが、その場合入社後の周りの期待値が非常に高く、かなりのプレッシャーになると言う事だけは共有しておきたいと思います。

プレッシャーとどう向き合うかがかなり重要なポイントになってきます。プレッシャーがあるからこそ成長できる人もいますが、そのプレッシャーでつぶれてしまう人もいます。

私の場合は、家族の支えもあり、なんとかそのプレッシャーに負けず、結果会社の期待に応えることができました。30歳という年齢での転職だったからこそ、そのプレッシャーにも勝てたのかもしれません。

人によるとは思いますが、自分としては、タイミング的にも転職の仕方にしても、良い選択だったと今では思っています。残業が多いという点で家族との時間が減ってしまっているところは、決して無視できないので、その面も解決できるよう、業務改善に注力して頑張っていきたいと考えています。

キャリアアドバイザーに転職の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です