転職サイトは常識!?今どきの転職事情

転職サイトは常識!?の画像

「転職をしよう!」

転職をしようと自分の中で決まって、転職に向けて動き出そうとした時に、まず何をするかといえば転職先を探すことから始めますよね。

5年ほど前に僕が転職をすることになった時も、ネットで転職サイトを探して自分の情報を登録して、その転職サイトに掲載されている転職者を募集している会社の中から自分が求めている条件の会社を探し始めました。

その時にふと思ったのが、そういえばネットがまだ普及していなかった頃って、アルバイトを探す時にしても就職先を探す時も情報誌を買って探してたよな〜と思い出したんです。

anとかFROM AとかDODAとか、30代以上の方なら知っている方ならも多いんじゃないかと思います。

仕事をし始めてからネットが普及し始めたのと、そういう就職先や転職者の情報誌を見ようという機会もなくなって全く気にもしていなかったのですが、転職情報誌を見て就職先や転職先を探すっていう時代じゃないんですよね、もう今は。

インターネットが一般的になってスマホも当たり前になってからというもの、転職事情もかなり変わりました。

この1〜2年だけでも随分と変わって、自分が転職を具体的に探し始めるまでは、今の転職事情ってどういう風になっているのかって、わからないですよね。

今や転職サイトもどんどん進化をしていて、すべてをネットでするっていうのが当たり前の時代。転職をする時に自分に合った転職に関するサイトを知らなかったがために、転職してから後悔しても遅いんです。

そんなことにならないためにも、今回は転職サイトのことを少し書いてみます!

転職サイトで転職先を探すのはあたり前?

転職サイトは当たり前?の画像

先ほども書きましたが、僕が学生の頃ってインターネットなんてなくて、アルバイトをする時にはコンビニでfrom A(フロムエー)やan(アン)などのバイト情報誌を買って来て、掲載されている求人情報を見て電話をかけて面接の日程を調節してもらって面接。っていうのが当たり前でした。

それがインターネットやスマホが普及している今は、アルバイトだけじゃなくて就職や転職も、求人サイトや転職サイトに登録をして、書類審査や面接の日程調節までは全てネットで行うっていうのがごくごく普通のことなんです。

なぜわざわざこんなことを書いたのかと言うと、先日中学時代の友人に久しぶりに会ったのですが、その友人は高校を卒業してスグに、地元にある伝統工芸品を作る仕事に就いたのですが、不況で転職をすることになったのです。

職場で周りに居てるのは年配の人ばかりで、友人自体もネットやパソコンやスマホなどには疎く、ほとんどインターネットに触れずに今まで過ごして来てたのです。

そんな友人が転職をするとなったのですが、「転職先をどうやって探せばいいのか分からない…」と言い出したのです。僕が転職サイトのことなどを教えても、全く意味がわかっていないような状態で、「どうやって転職先をさがそう思っていたのか?」と逆にたずねると、新聞の求人広告や駅などに置いてある、その地域に特化した求人情報誌を頼りに探そうとしていたんです。

で、一通り新聞に掲載されいている求人情報や無料の求人情報誌を見てみたものの、仕事がなかなか見つからないと悩んでいたのです。

僕や友人も含めて、今の30代の人ってインターネットが普及し始めた頃には、それなりに大人になっていて、ネットやパソコンには疎いという人も結構いてたりするんです。

なので僕の友人のように、ネットで転職先を探すのが当たり前ということを知らなかったがために、仕事が見つからないというようなこともあるんです。

そんなコトがあったので、この記事を書いてみよう思ったんです。

転職サイトに登録しても大丈夫なの?

転職サイトは安全?の画像

先ほどの友人の話なのですが、今の世の中は転職先サイトに登録して転職先を探すのが当たり前ということまでは理解できたのですが、まだ問題がありました。それは…

「転職サイトに登録しても安全なのか?」

ということです。テレビのニュースなどでも個人情報の漏洩や、詐欺サイトのことが報道されていて、パソコンやネットに疎い友人でも、そのあたりのニュースはテレビをみて知っていたのです。

確かに、転職サイトではサイト内で登録情報をベースに履歴書までをサイト内で作成することができるサイトもあるので、住所や電話番号などの個人情報の入力をする必要がでてきます。友人は自力でそこまでいったのですが、登録するところまでいって安全かどうかがわからなかったので途中でやめてしまったとのことでした。ホント手間のかかる友人なんです(笑

というのも、理由を聞くとこの友人なんですが過去にネットなどは一切していなかったものの、架空請求の電話番号がかかってきたことがあるらしく、それに怯えて個人情報を登録することにかなり慎重になってしまっていたのです。

たしかに転職サイトっていくつもあって、知らない人からしてみればどのサイトが安全なのかってわからないですよね。もしかしたら僕が知らないだけで、転職サイトを装って個人情報だけを抜き取るような悪質なサイトもあるのかもしれません。

でもテレビCMをしていたり、インターネット内で広告を出していたり、知名度が高いような大手どころの転職サイトは、事業として行っているのでもし個人情報の漏洩などになれば事業の存続などにも関わってくる訳です。

なので、個人情報の漏洩であったりのセキュリティ面はちゃんと整備されていて、第三者に情報を売り渡すといったようなことも考えられないのです。

という話を友人にしたらようやく納得して、登録を始めていました。

転職サイトに登録をしてからどうすればいいの?

登録してからの流れの画像

転職サイトに登録した後で、具体的にどういう流れになるのかというと。

■ 転職サイトに自分の情報を登録する。

■ 転職サイト内に掲載されている企業の情報を閲覧する。

■ 転職したいと思う企業のが見つかれば、転職サイト内からその企業のに応募する。

■ 応募をした時点で、企業に応募があった通知が行き応募者の登録情報や履歴書が送信される。

■ 企業が応募者の書類選考を行う。(書類選考)

書類選考をパスすれば、企業側から面接日程の調節についての通知が届く。書類選考の時点で不採用となれば不採用のメールが届きます。

■ 面接日程の調整がつけば、企業側から面接についての詳細が送られてきます。

■ 面接

よくある転職サイトの流れとしては、こういった感じになっています。

僕が働いている会社も転職サイトからの応募がほとんどで、面接日程を含めて書類選考も行っているのですが、注意するべきポイントとしては、転職サイトに登録してある内容が少なかったり今までの職歴があまり記載されていないと、かなりの確率で書類選考の時点で落とされてしまいます。

なので、転職サイトに登録する時に記入する情報は、詳しく細かい所まで記載しておくのがイイです。書類選考をする側からすれば、応募してこられる方の情報は転職サイトに登録されている情報や送られてくる履歴書からでしか判断することができないので。

まずは転職サイトに登録をしないと始まらない。

登録しないと始まらないの画像

ほとんどの方は、転職をする時に転職サイトを利用するということを知っていて、既に利用されている方もいらっしゃると思うののですが、30代で転職をしようという方で今まで転職のことなど考えたこともなく、一つの会社で働き続けてこられた方からすれば、転職サイトなんて見る必要性がなかったですよね。

最初のほうにも書いたのですが、僕が20歳前後の頃ってアルバイトや就職先を探すのは本屋やコンビニで情報誌を買って探すのが当たり前だったんです。

それが今やインターネットが普及して、逆に転職の情報誌で転職先を探すこと自体がなかなか難しいことになっているんです。

なので、これから転職をしようという方は、まずは転職サイトに登録をして転職先をすることから始めてください。もちろん僕も転職をした時は転職サイトを利用して、今の会社で働いています。

転職サイトは常識!?の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です