職務経歴書で30代の転職は決まる!

職務経歴書でほぼ決まる!の画像

転職活動をする時に必要な物と言えば、やっぱり履歴書と職務経歴書ですよね。転職先を探すのもいろいろと悩んでしまいますが、この履歴書や職務経歴書を書く時もどういう風に書けばいいのか悩んでしまうポイントじゃないでしょうか。

まあ履歴書に関しては、どこの学校を卒業してどこの会社で働いていたかっていうのを思い出しさえすれば、悩む部分は志望動機や特技とかその辺りなんですが、職務経歴書に関しては自分が今までどういう仕事を経験して、転職後に今までの経験が生かせるか?というのが出てきてしまいます。なので、

30代の転職は職務経歴書や履歴書でほとんど決まるんです。

だからこそ経歴書や履歴書はちゃんと書いておかないと、転職時の面接の時はもちろんなのですが、その前に書類審査を突破することもなかなか難しいということになりかねないのです。

「じゃあ転職するためには具体的にどういう書けばいいの?」

コレに答えはないのですが、現在書類選考と面接を担当させてもらってる僕が見ている部分と、上司から教えてもらったことを中心に書いてみます。

転職はまず書類選考を通らないといけない

まずは書類選考の画像

まず最初に当たり前のことなのですが、転職をするためにはいきなり面接という会社もありますが、ほとんどの会社の場合は面接の前に書類選考があって、それをパスしないことには面接すらしてもらえないのです。

僕も以前に転職活動をしていた頃は、書類選考のことをナメていて「とりあえず記入欄を埋めておけば大丈夫大丈夫♪」みたいな感じだったんですがwwコレがまったく箸にも棒にもかからなくて、ことごとく書類審査だけで落とされてました。「面接すらしてもらえないってナニコレ…」って感じで、この時に転職することが難しいかも…って焦り始めました(笑

そう、履歴書や職務経歴書はただ単に記入欄を埋めておけば良いっていうものではないんです。

面接する側からしてみれば、普段の業務を行いつつ面接を行うワケで、書類を見た段階で大してピンとこない人の面接をして時間を無駄にするのは極力避けたいのです。

なので、書類選考ってあまりちゃんと見てなさそうだと思っても、実は結構どういう人なのかというのをちゃんと目を通しているのです。

最近では転職サイトのサイト内で履歴書や職務経歴書を書くことが出来て、それがそのまま応募した企業に応募書類として送られるのですが、ウチの会社に届く応募書類の中には、「とりあえず出しとけ!」みたいな感じのほとんど何も書かれていなかったり、志望動機は熱心に書いているのに以前にどういう仕事をしていたのかというのを書いていなかったり、というような物も届くのですが、直接本人に連絡を取って「どういうお仕事をされていたのですか?」などと親切に確認をすることはせず、その段階で書類審査は不合格ということになってしまいます。

書類審査ぐらい大丈夫♪なんて感じで考えずに、面接を受けるのと同じぐらい履歴書と職務経歴書はちゃんと書くことが重要です。

30代は特に職務経歴書が重要!そのワケは…

とにかく重要の画像

書類審査をパスしなければ何も始まらないのですが、新卒の場合は仕事経験というのはほとんどアルバイト以外したことが無い人が多いので履歴書に書かれている志望動機などをメインに見ていくのですが、転職の場合は履歴書よりもその人が今までどういった仕事をしてどういう業務を担当していたのかということがメインになってくるので、転職の時は職務経歴書の方が重要なのです。もう少し言うと、

30代で転職をする場合は職務経歴書を正しく正確に書いていることが特に重要なのです。

30代にもなると大学を出て仕事を初めて約10年ほど経つわけですが、その10年でどういうコトをしてきて、これからどう活かせるのかということが転職の時には問われるのです。

それに企業側も30代の転職者を雇う場合、仕事をしながら成長してくれれば…という人材を求めているのではなく、スグに会社の戦力となってくれるような人材を求めているのです。

そのため、企業の書類選考を担当している人間は、転職希望者がどういう仕事をしてきてどんな業務を担当してきたのかということを見て、求めている人材に近ければ面接をするので、転職の場合は職務経歴書が重視されるのです。

書類選考の時は、担当者からしてみれば職務経歴書に書かれていることが応募者の全てに近いですからね。

履歴書や職務経歴書のどこを見られるか

ここをチェックの画像

履歴書と職務経歴書は、書類選考の時に自分のことを担当者に伝えるため唯一の手段なのです。30代の転職には職務経歴書が重要だということを書きましたが、担当者が実際に応募のあった職務経歴書のどこを見ているのか?というと…

現在、僕はIT系の企業で採用の担当をしているのですが、ウチの会社の場合は通常の業務を4〜6人ほどで小さいチームを組んで業務を進行しているのですが、それぞれのチームにはメンバーをまとめるマネージャーいるのです。

以前にウチの会社が求人を出した時には、このチームを引っ張ってくれるマネージャーになってくれるような人を募集していたのです。その時はできるだけ早くマネージャーになってくれそうな人を採用して欲しいと上司に言われていたので、それなりに社会経験のある20代後半~30代前半の人が適任じゃないかと考えていました。

そのときの書類選考の際に送られて来た職務経歴書を見て、以前の職場で部下がいてマネジメント経験があるかないかというのを基準に選考をしていました。

なので、職務経歴書に以前の仕事がどういう職種だったのか?ということだけではなく、具体的にどういうポジションで仕事をしていたのかということが書かれていることが第一条件だったのです。

僕が書類選考や面接をするようになってから何度か求人をしているのですが、応募してきた方の職務経歴書を見て以外と多いのが、

・勤務先名

・在籍期間

・職種

・年収

この4つだけを書いて提出される方というのがなかなか多いのです。これだけでは、書類選考をする側からすれば●●会社に●年勤務していたということぐらいしか分からないですよね。

求人を出している企業、その中でも転職サイトなどで求人を出している企業は、具体的にこういう人材が欲しい!というイメージを持って求人を出しているワケです。求人広告もタダじゃないですからね(笑

そこで必要なのが、職務経歴書に企業が求めている具体的な人材のイメージに近いことが書かれているかどうかというコトなのです。これが書かれていないと書類選考がある場合は、なかなか面接までたどり着けないというワケなのです。

そのため、転職をする時の職務経歴書には、今までの働いた会社名を時系列で並べただけというのではなくて、もっと掘り下げて書く必要があるのです。なので…

・勤務先名

・在籍期間

・職種

・担当業務

・業務内容

・実績

・年収

30代で転職をする場合の職務経歴書には、最低でもこれぐらいの内容は書いておいた方が良いです。これだけ書いてあると、どういう業種でどういう仕事を任されていて、仕事ぶりはどうだったのかということまで、職務経歴書を見た人間が想像しやすいのです。

もう一つ職務経歴書を書くときの注意というか、選考を担当する側が「う~ん…」となってしまうのが、感想文のようなものを長々と書いていたり、以前に勤めていた会社の悪口の様なことを書いているケースですねww

冗談みたいな話なのですが、思っている以上に個人の感想や悪口を職務経歴書に書いてくる人っていてるんです。自分が見るだけの経歴書ならば良いのですが、職務経歴書は人に見せるものなので、簡潔に分かりやすく書くのもポイントです。

転職に成功する確率を上げる職務経歴書を書く方法

採用されるための方法

なにやら怪しいタイトルなのですが(笑)魔法のような職務経歴書やペンを売りつけようというのではないのでご安心くださいww

どういう風に職務経歴書を書けばいいのかというのを先ほど書きましたが、単に経歴だけを並べて書くというよりも、具体的に自分が担当した仕事を掘り下げて書いた方が、職務経歴書を見た人間が応募者の人物像を想像しやすいというのが、お分かりいただけたんじゃないかと思います。これだけでも書類審査をパスする確立は間違いなく上がるハズです。

「絶対に転職に成功したい!」

という人におススメなのは、

さらに採用される確率を上げるための、職務経歴書の書き方をするというコトです。

なにも難しい事ではなくシンプルに考えて、転職に成功するための確率を上げるためには、企業が求めている人材と自分がマッチするということを、職務経歴書でアピールすれば良いのです。

ウソを書けというのではないですよ(笑

要するに、自分のような経歴の人材を求めている企業に応募すれば、採用される確率だけではなくて、転職後に経歴を生かした力を発揮することが出来れば、その後もステップアップして成功する確立がグッと高まるのです。

けれども、転職サイトに載っているような内容だけだと簡単にまとめられているので、具体的にその企業がどんな人材を求めているのかというのが分かりにくいですよね。分かりにくいからといって企業に電話をして「どんな人材を求めていますか?」なんて聞いても教えてくれないですw

でも、転職サイトで求人をしている企業がどんな人材を求めているのか?というのを企業の採用担当から直接聞いて具体的に知っている人がいてるのです。

それが、転職エージェントなのです。

転職エージェントは、人材を求めている企業の担当者と直接話をして、マッチする人材が見つかれば企業に紹介をするというのが仕事なので、企業の担当者以外で具体的にどんな人材を求めているのかというのを知っている社外では唯一の存在なのです。

転職エージェントも企業にマッチした人材を紹介して採用されなければ報酬が発生しないビジネスなので、転職サイトを見るだけでは分からないような情報を知っていて、採用される確率が高い人材を厳選して企業に紹介しているのです。

転職をしたい!という人であれば転職エージェントは無料で利用することができ、単に企業を紹介してくれるというのではなく、職務経歴書や履歴書の正しい書き方もあなたの経歴をベースに一緒に考えてくれるので、自分で考えて書くよりもちゃんとした職務経歴書を完成させることが出来るのです。

さらに先ほども書いたように、転職エージェントは企業がどういう人材を欲しがっているというのを具体的に知っているので、完成した職務経歴書をもとに転職エージェントがマッチすると提案をしてくれるいくつかの企業に応募をすれば、転職に成功する確率は格段に上がるのです。

転職エージェントを利用したことが無いという方は利用するのに不安があるかもしれませんが、まずはテレビCMなども流れているような大手企業が運営している転職エージェントを試しに利用してみるのがおススメです。

例えば就職や転職の最大手企業のリクルートが運営している転職エージェントそれが、

→リクルートエージェント

転職に失敗したくない!そういう方にこそ、転職エージェントは強い味方なんです。

その他にも転職エージェントは何社かあるのですが、実際に僕自身が仕事で会って話をしたことがある転職エージェントの中でおススメのエージェントは▼こちらの記事にまとめていますので参考にしてみてください。

www.tenshokuda.com

職務経歴書は盛らない方が絶対に良い。

経歴は盛るな!の画像

職務経歴書は盛らない方が絶対に良いです(笑)どういうことかというと、職務経歴書で自分の経歴を必要以上に誇張したり大げさに書かない方が良いというコトです。

これもたまにある事なのですが、絶対に採用されたい!と強い思いから来るものだと思うのですが、まれに自分の経歴やスキルを大げさに職務経歴書や履歴書に書いてこられる方がいるのです。

書類選考の時は、選考する側も履歴書と職務経歴書を見て判断するしかないので、盛られた経歴を見ても何も思わず、「スゴイなこの人。」ということになって、面接まで進む人がいるのです。

でも、ほとんどの場合大げさに書かれた盛られた経歴は面接の時にバレてしまいますww

過去に一人、盛られた職務経歴書で採用までいった人がいたようなのですが、やっぱり仕事をし始めたらボロが出てきてしまって、経歴書にかかれたほとんどのことがウソに近かったというのがあったみたいです。ちなみにその人は居ずらくなって辞めたみたいですが…

なので、職務経歴書に自分の経歴を盛って大げさに書くのは、損することしかないので辞めておいた方が良いですね。

ただ、自分で職務経歴書を書いていると、いまいちどう書いていいのか分からず知らず知らずの内に大げさに書いてしまったり、経歴がメチャクチャだったりということもあるかと思います。そういうことも転職エージェントを利用すれば、エージェントの第三者の目線でも見てもらえるので、ちゃんと自分の経歴に合った、大げさでもなく相手に分かりやすい職務経歴書を作ることが出来るのです。

30代の転職は職務経歴書で半分以上決まる。

転職に成功するために!の画像

履歴書と職務経歴書について書こうと思っていたのですが、職務経歴書のことがほぼメインになってしまいましたねww

でも、それぐらい職務経歴書って30代で転職を考えている方にはやっぱり重要な物なのです。

最初の方にも書きましたが、転職活動をして採用を勝ち取るためには書類選考と面接の両方をクリアする必要があるのです。書類選考をクリアするためには職務経歴書が全ての鍵を握っていて、面接でも職務経歴書に書かれていることをもとに質問をされることがほどんどなので、職務経歴書の出来次第で転職の半分以上がもう決まっていると言っても大げさじゃないのです。

それなりに社会経験を積んできて、さらにステップアップするためにも転職したい。30代で転職をしようと思っている人なら、ほとんどの方がそう考えていると思います。

そのためにも、まず最初に用意する履歴書や職務経歴書、この段階から本気で準備をするのが転職に成功するためには欠かせないのです。

今よりももっと自分が求めていた職場でステップアップしたい!そう考えている方は転職エージェントを利用した方が、転職に成功する確率はグッと上がりますよ。

→転職エージェントの評判ってどうなの?

職務経歴書でほぼ決まる!の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です