IターンUターンJターン転職ってどういう意味?

IターンUターンJターンとはの画像

仕事面でも30代ともなると、いろいろなビジネス用語を使う機会って自然と増えてきますよね。僕もここ数年は代理店の方や東京のビジネスマンの方と商談やミーティングをする時には特に多くなって来ている気がします。基本的なものだとエビデンスとかレジュメとかね…(笑

日本語で言ってよ!と言いたいところなのですが、相手はお客様だったりするので、小っ恥ずかしいながらも僕も使う時は使ってますねw

ビジネス面でもそういう専門用語的なものを使う機会が増えてきているのですが、転職活動においても最近意味があまりよくわからない言葉って増えてきてますよね?今回はそんな転職用語的なものに関して書いてみます。今回は基本的な転職用語で…

「Iターン」「Uターン」「Jターン」

この言葉についてどういう意味なのか?ということについて書いてみます。なんとなくは想像できると思うのですが、実際その意味であっているか?って自信がなかったりする時ってありますよね。

パリッとした転職活動をするためには、こういう言葉の意味を知ることも大事なんです。ではちょっと僕も勉強がてら書いてみます。

Iターン転職ってどういう意味?

Iターン転職の意味の画像

Iターンは転職や就職の時に比較的よく耳にする言葉なのですが、どういった意味なのかというのを簡単に説明すると…

Iターンとは出身地とは異なる地方の企業に就職するという言葉で、特に都市部で働いていた人が出身とは異なる地方で働くことを主に意味しています。

こういう意味なのです。簡単に説明するだけではイマイチどういうことなのか分かりにくいので、例を挙げてみると…

■Iターン転職の例

東京で生まれ育ったAさんは、大学を卒業して都内の企業へ就職。東京で忙しく働き続けてはいるものの満員電車に揺られ、狭いアパートと会社を往復するだけの毎日に嫌気がさして、「もっとゆとりのある充実した生活がしたい…」と考え、Aさんは自分が好きな自然がある地方への転職をした。

例をあげるとIターン転職とはこういうことなのです。Iターン転職のポイントは、

都会で生まれ育つ→都会で就職→地方へ転職

これがポイントで、都会で生まれ育って都会で就職をして、地方へ転職するというのがIターン転職という言葉の意味なのです。

都会での生活に慣れた人が知らない地方で転職をするということを考えると環境や価値観のことなどもあり、大変なのでは?と思われる方も多いかもしれませんが、Iターン転職をされる方というのは思っている以上に多いのです。

とあるケースとして、例えば地方に工場や支店がある都会の大企業に就職して、出張などで度々その工場や支店を訪れ、その地方の土地や住んでいる人と触れ合っている内に、その地方に住んで働きたくなったというケースも多いようです。

またIターン転職を実際にしたという方の中では、前職は都会でサラリーマンをしていたけれど移り住んだ地方に根差した職業(漁業や農業や林業または観光業など)にキャリアチェンジをするという方も多いのです。

このIターン転職を機にキャリアチェンジをする方が多いというのには理由があり、都会に比べると地方では家賃をはじめとした生活費が安く抑えられるため、仮に都会で仕事をしていた頃よりも給与部分を下げても同水準の生活を維持していくことができます。そのためIターンをきっかけに、自分がやってみたいと思っていた職種や働き方にチャレンジしてみる方が多いのです。

それに、都会から地方に移住をすることで環境もガラッと変化をするので、新しい人生のスタートとしてそれまでの仕事に区切りがつきやすいというのも理由の一つですね。

都会での生活から離れたいという理由だけではなく、自分が憧れていた地方ならではの業種にチャレンジをするためにIターン転職をするというのも一つの手段だと思います。働き方を変えて自分が理想とするライフスタイルを求めてIターン転職をするのもアリだと思います。

ただ、Iターン転職をする時に注意をしたのが、都会にいるのと同じ感覚で転職をするのではなく、生活圏や転職後の仕事などに関しても全てが一からのチャレンジになるので、入念に下調べをしておくということが大切です。

転職をする際の情報収集はインターネットが中心となることが多いのですが、ネットの情報だけだと比較的地方の良い面ばかりだけが取り上げられているという場合も多く、実際の生活や働き方と大きく乖離してしまう可能性もあるというのも事実です。

ネットの情報だけを頼りにIターン転職を決めるのではなく、直接その土地まで足を運んで情報収集をしたり、最近では地方創生のために地方の各自治体もIターン希望者を力を入れて募っているため

都市部でも定期的に地方自治体が説明会を開いていますので、都会で仕事をしている内からそういった説明会などで下調べをしておくということが、Iターン転職に成功するためのコツですね。

Uターン転職ってどういう意味?

Uターン転職ってどういう意味?の画像

Uターン転職も転職活動をしていると比較的良く聞く言葉なのですが、なんとなくニュアンスは分かりますよね(笑)具体的にUターン転職とはどういう意味なのかというのを簡単に説明すると…

Uターン転職とは、地方から都市部へ移住して就職をした人が再び地方の生まれ故郷に戻って転職するという意味です。

Uターンという言葉で想像できる通り、都会に出てきて就職をした人が生まれ故郷に戻って転職をするということなのです。分かりやすく例をあげると…

■Uターン転職の例

愛媛県出身のBさんが大学進学のために東京に出てきて、大学卒業後にそのまま東京に残って就職をして仕事をしていたが、高齢化の進む地元のために東京で得た経験を活かして貢献をしたいと、出身の愛媛県に戻って転職することを決めた。

これがUターン転職という言葉の意味なのです。Uターン転職のポイントは、

地方出身→都会で就職→地元の企業に転職

という感じで、車のUターンと同じでもともとの出身地に戻って転職をするということなのです。

Uターン転職もIターン転職と同じように転職活動をしていれば良く聞く言葉でもあり、また実際にUターン転職をするという方も多いのです。

Uターン転職は30代で考える方も多く、自分の生まれ育った環境に戻って今後の人生を過ごしたいという方や、結婚や子育てに加えて親元に戻って歳を取った両親のためにUターン転職をするという方もいます。

自分の両親と一緒に住むことを考えて、例えば実家を二世帯住宅にしたりすることで、都市部で住んでいたよりも住宅費を安く抑えることができます。また気心の知れた地元の友人や慣れ親しんだ環境で生活ができるので、仕事だけではなく都会での生活とはまた違った充実したプライベートを楽しむことができるというのもポイントです。

定年後は地元で過ごしたいと考えている人や、いずれは親の家業を継がなければならない人にとっては、早めに生まれ育った地元に帰って就職したほうが後々のキャリアやプライベートの充実に有利だと考える人も少なくないのです。

Uターン転職をするときはIターンとは違って、慣れ親しんだ地元に戻って転職をするので気が楽なのですが、転職エージェントをしている知人に聞いたところ、地元に戻るということ自体が目的になってしまって、中途半端に転職活動をしてしまってキャリアを活かせないような会社に転職をしてしまうというケースが意外とあるのです。

また、都会で働いていた時と同じような職種を地元で探そうと思っていたものの、いざ地元で就職活動を開始してみたら、前職と同じような職種が見つからなかったというケースもあるのです。

30代をすぎてUターン転職を考えている方は、これまでのキャリアを活かしてUターン転職をすると同時に、給料や条件面のアップを考えているという方も多いのですが、地元が今働いている都市から離れている場合は、時間や距離の都合でなかなかまとまった時間を転職活動に充てることができないということが多いのです。

そういった30代になってUターン転職を考え始めた時こそ、転職エージェントを利用するべきなのです。都市部で働いている時に転職エージェントに相談をして、自分のキャリアにあった職種というのが地元に戻った場合にあるのか?ということをあらかじめエージェントに相談をして事前に地元の求人などを情報収集しておくべきなのです。

そうすることで、「Uターン転職をしたもののキャリアを活かせい仕事しかない…」というような事態は避けることができるのです。

⇒30代の転職に選ばれている転職エージェントはこちらの記事で

生まれ育った地元に戻るとは言っても都会に住んでいた時と同じように仕事と生活は続いていくのです。なので地元だからと気を緩めずに、都会にいる時以上に将来のことを考えて転職活動をするという心構えが必要なのです。

もし、Uターン転職を考えてはいたものの、思っていたような条件に合う仕事がなかなか見つからない…という場合はどうすれば良いのでしょうか?

現実的な問題として、地元が例えば地方だった場合に都会と同じような仕事がなくて、キャリアが生かせないというケースは発生しうるのです。

そういった場合に次に説明をするJターン転職を考える30代の方も多いのです。

Jターン転職ってどういう意味?

Jターン転職ってどういう意味?の画像

さきほど紹介したように、Uターン転職で自分のキャリアが活かせるような仕事が見つからなかった場合、Jターン転職を選ぶという方も最近では増えて来ているのです。Jターン転職とはどういう意味なのか?というのを説明すると…

Jターン転職とは、生まれ育った出身地から都会に出て就職をした人が、故郷にほど近い地方都市に転職するという意味なのです。

Uの途中まで戻るという意味合いで折り返しの途中で終っているアルファベットのJが使われているのです(笑)具体例をあげてみると…

■Jターン転職の例

東北出身の人が大学進学のために東京に上京、そのまま東京で就職をして結婚をしたものの、田舎で一人で暮らしている母親のことが気になる年齢になりはじめ、故郷の東北の田舎町に戻ろうと考えるも、自分にも家族があるので地元に戻って仕事をしたとしても家族を養うには給料面などで不安がある。そこで、故郷の田舎町まで戻って転職をするのではなく、故郷に程近い東北で一番の都市である仙台に移り住んで転職をする。

少し長いストーリーになりましたが、これがJターン転職という言葉の意味なのです。

Jターン転職のポイントとしては、

地方出身→都会で就職→地元近郊の地方都市で転職

というのがポイントで、地方出身の方の中でもさらに人口の少ない地域出身の方がこのJターン転職をするというケースが多いのです。

地方出身の方がJターン転職をするメリットとしては、地方都市であれば大企業の支店などがあることもあり、生まれ育った地方の地元に帰省するよりも都会で培ったキャリアが活かせる可能性が高いということです。そのため地方に転職ということにはなるのですが、比較的前職に近い給料や条件面で採用を得られる可能性も高いのです。

それと、地元に近い地方都市の方が大都市から帰省するよりも、時間を大幅に縮小することができるので、例えば高齢の両親がいる場合などでも何かあればスグに会いに行けるというのもJターン転職のメリットの一つです。

最近では地方都市に住んでいても、ネット関係や物流サービスの向上などから都会にいるときと変わらない暮らしをしようと思えば可能なのです。ですので、地方出身の方がこのJターン転職を考えるというのは実際に増えてきているのです。

Uターン転職と同じようにJターン転職もそうなのですが、自分が転職を希望する地域に自分のキャリアにあった職種の求人があるかどうかというのは、ネットの転職サイトだけを見てもなかなか見つからない場合が多いのです。そういった場合にこそ転職エージェントが手助けとなってくれるのです。

転職エージェントを頼ることで、自分は都会で働きながらJターン転職に向けた転職活動が飛躍的にしやすくなるのです。転職エージェントは都市部だけの転職だけではなく、地方へ転職する時にも頼りになってくれるのです。

⇒地方への転職にもオススメな、評判の良い転職エージェントはこちらの記事で

「Iターン」「Uターン」「Jターン」この3つの言葉の意味を説明してみましたが、お分かりいただけましたでしょうか?最近は特にこの3つの転職スタイルを選ぶ方というのが増えてきているのです。

ただ、注意したいのは3つのどのパターンの転職にしても、都会と同じように職があると考えてしまってはダメなのです。地方で仕事を探すとなるとやはり都市部よりも求人数などは減る場合が多いのです。

なので、IターンUターンJターン転職をしようと考える場合は、都会での仕事を辞めてしまってから転職活動を始めるのではなく、都会で働きながら自分のキャリアや条件にあった転職先を探すというのがベストなのです。

地方への転職は良いことばかりではない。

地方への転職は入念に調べるの画像

最近は本当に自分の理想とするライフスタイルを求めたり、憧れてた職業に就くために地方での転職をされる方というのは多いのですが、決して良い面ばかりではないということを頭に入れて地方への転職を考える必要があるのです。

地方への転職が悪いことだと言うのではなく、結局のところ仕事と生活というのは地方にいっても都会にいてもついて来るものなのです。確かにネット社会の発展や地方自体の発展もあり、都会の利便性と地方の利便性の差というのは縮まって来てはいるのですが、仕事となると都会の方がまだまだ圧倒的に多いのです。

実際に僕がこれまでに面接をさせていただいた方の中には、地方での暮らしに憧れて都会から地方へ転職をしたものの、地方での仕事がうまくいかず都会に戻って来たと言う方も何人かおられました。

一方で僕の知人にもIターン転職をして、漁師になって毎日が充実をしている!という人もいるのも事実です。

やはり都会から地方に転職するからといって、甘く考えてしまってはだめなのです。IターンUターンJターン転職をする時には、都会で転職をする時よりも下調べが重要になってくるのです。そういった時こそ転職のプロでもある転職エージェントに頼ることで、自分だけでは知りえなかったような情報も知ることが出来るのです。

地方への転職は確かに魅力的な部分は多いのですが、良い面ばかりだけを見るのではなく、リスクやデメリットも考えた上で行動するべきですね。

IターンUターンJターンとはの画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です