【体験談】ITエンジニアの転職。東京から関西へJターン転職

ITエンジニアの転職の画像

今回の転職体験談は、首都圏でITエンジニアとして仕事をされていた男性Yさんの転職体験談を紹介します。

Yさんの経歴を簡単に紹介すると…

首都圏でITエンジニアとして官公庁の業務に携わっておられました。ITエンジニアという仕事をしていく中で、もっとスキルアップをしたいと考え転職をすることを決意。Yさんの出身はもともと関西で大学から東京に住んでいたのですが、この転職を機に出身地の関西でITエンジニアとして仕事がしたいと考え、ITエンジニアとしてのスキルアップと関西で就職という2つの条件を求めて転職活動を開始するのですが…

人の移り変わりの多いIT業界ですが、実際ITエンジニアの転職事情ってどういったものなのでしょうか?ではYさんの転職体験談を紹介します。

転職前にしていた仕事は官公庁のITエンジニア

ITエンジニアの仕事内容

官公庁のIT関連システムの構築と運用・保守に携わっている企業で、私は主にITエンジニアとしてインフラ系の各種サーバー(Web, メール, セキュリティ対策)の構築と運用に携わっていました。加えて、顧客が利用するPCのセットアップ作業なども支援という形で関わりました。

業務の性質上、顧客や他社のエンジニアと仕事をする機会も非常に多く、それまではビジネスマナーなどを学ぶ機会もなかったので、そういった面ではビジネスコミュニケーションなどは大変な面もありました。

しかし、逆にさまざまなバックグラウンドや専門分野を持つ人たちとともに仕事をすることで、ITエンジニアとしては非常に多種多様な刺激を受けながら仕事を出来る恵まれた環境だったと言えます。その結果、自分では、通常の倍くらいのスピードでITエンジニアとして成長することが出来たのではないかと感じています。

また、特に大手の場合に顕著ですが、現在はエンジニアの分業化が進み、自分の専門分野以外はわからないという人が多いです。しかし、私の働いていた会社は比較的規模の小さな会社だったために、サーバー・PCからネットワークまでさまざまなことを担当し経験する必要がありました。それは結果的に自分のスキルの幅を広げることにもつながったと思います。

転職しようと思ったきっかけ

転職を決意

官公庁関係の仕事だけではなくITエンジニアとしてさまざまな経験をしてきて、得た技術や知識を新しい環境で生かしながら要件定義や設計といった上級工程と呼ばれるところに携わることで、さらに自分のエンジニアとしてのレベルの向上をめざしたいという思いが次第に強くなってきました。

また大学に行くために関西から東京に出てきていたのですが、30歳という区切りが目前ということもあって首都圏を離れて地元の関西へ戻って仕事をしたいという思いもありました。この2点から転職をすることを決意しました。

実際のところ前職は非常に人間関係も良くて仕事も充実していて楽しく居心地の良い職場だったので、かなり悩みましたが、このまま居心地のいい場所に居たまま安定して仕事をするよりも、もっとITエンジニアとしてスキルアップをしたいという思いの方が勝っていたので、自分のためにも転職をすることにしました。

ITエンジニアの転職活動の内容

転職エージェントを頼っての画像

転職活動は転職エージェントを活用して行いました。なぜ転職エージェントを利用したのかというと、当時ITエンジニアとして残業や出張が多く忙しかったこと。また、自分が経験してきたことや習得してきた技術を客観的に評価してもらうことで自らの市場価値を知りたいと思ったこと。

ITエンジニアとしては初めての転職だったので、右も左もわからない中で、転職の進め方や面接のノウハウなどさまざまなアドバイスやサポートを得ながら進めていきたいと考えたためです。

もう一つ転職のきっかけとなった、関西に戻って仕事をしたいということもあり、応募をして受かるかわからない状態で面接のために関西に行くということが、転職エージェントを利用すれば効率よく出来るのではないかと考えたからです。

転職エージェントに申し込みをすると、まずはキャリアアドバイザーとの面談になります。ここでは以下のような内容でそれぞれ1時間程度話をしました。

・希望する転職の内容(業種・待遇条件など)

・ なぜ転職を希望するのか

・ 今まで経験してきたことや具体的な持っている技術・知識の確認

実際に面談を受けるまでは、転職エージェントといっても形式的に話を聞いてくれるだけだろうなと思っていたのですが、かなり細かいところまでこちらの要望を聞いていただけて、担当の方の印象も良かったです。

転職活動が始まってからは随時転職エージェントから求人の紹介を受けると同時に、履歴書の書き方、面接への望み方など転職活動全般にわたるこまめなサポートを受けました。

特に役に立ったのは応募先の企業に対して、業務経歴書や履歴書はどのように書けばアピールできるか、また面接でではどういった準備をして、本番はどういった受け答えをすれば良い印象を与えることが出来るか、などの綿密なアドバイスを受けられたことです。これによって、応募先の企業の情報をしっかりと学習し、より効果的な応募書類の準備、効果的な面接での対応など自信を持って行うことが出来ました。

また、転職エージェントを利用して良かったことは実際に内定を頂くまでもそうですが、内定後から入社までのサポートをこまめに受けられたことでした。

もう一つ転職エージェントを利用して良かったなと感じたのが、現職の退職交渉の進め方のアドバイスをもらえたことです。当時は人員不足などの関係もあって仕事が忙しく、辞めるとはなかなか言い出せないような雰囲気だったのですが(笑)転職エージェントの方にアドバイスをいただいて、自分が退職を考えていた希望通りの時期に退職をすることができ、助かりました。

ちなみに私が転職をするときに利用した転職エージェントはマイナビエージェントです。なぜマイナビエージェントを選んだのかというと、単純なのですがIT系の案件に強いとネットに書かれていたからだけです(笑

でも実際にITエンジニアとしてマイナビエージェントを使ってみて、紹介してもらえる案件の条件などもよく、融通もかなり聞いていただけて今思えばマイナビエージェントを使って正解だったなと思っています。

⇒IT・WEB関係の転職にマイナビエージェントが選ばれているワケ

転職後にどう変わったか?

転職後の良かったこと悪かったことの画像

転職エージェントを利用して、結果として自分の希望通りに今よりもスキルアップが出来るであろうIT系の会社に転職することができました。もちろん関西で就職するという希望も叶えることが出来ました。

一般的に転職によってすべてが良くなることはなかなか難しいと言われます。私の場合も同じで、転職した結果はすべて良くなったわけではなく、良かった面、悪かった面の両方がありました。

【良かった面】

・給料は転職前と比べて少し上がった。

・希望通り関西圏で仕事をすることが出来るようになった。

・今までに経験のない業務も担当することで、エンジニアとしての幅がさらに広がった。

【悪かった面】

・残業が大幅に増えた。

・職場の人間関係は転職前に比べると悪くなった。

しかし、一つ言えることは、良い面悪い面はありますが、さまざまな分野の業務を経験することで、よりITエンジニアとしての幅を広げることが出来たのは大きなメリットでした。

まとめると、この悩みながらも自分のエンジニアとしての価値を高めること、そして関西で仕事をしたいという思いを実現するための転職。結果的には良くなった点、悪くなった点の両方がありました。しかし、その転職によってエンジニアとしてさらにさまざまな経験をし、知識と技術を磨くことにつながりました。

この結果、自分は業界にはめずらしくインフラエンジニアでありながらPCやプログラム、ネットワークなどさまざまなことがオールマイティーに理解できる人材として成長してくることが出来ました。このことは、以降の転職でも応募先企業に高く評価していただく自分の強みともなっています。

ITエンジニアの転職に必要な資格や経験は?転職に成功するためのポイントは?ITエンジニアの転職に欠かせないことは↓こちらの記事で、

www.tenshokuda.com

ITエンジニアの転職の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です