仕事が合わない…と感じたまま仕事を続けて人生を無駄にしないために

仕事が合わないと感じて悩む男性

「仕事が合わなくてツラい…」

「上司と合わなくて出社するのがしんどい。」

そんな風に感じていて、仕事に対してのやる気まで失いかけていませんか?

 

自分は採用担当をしていますが、面接で転職しようと思ったきっかけや、前職を辞めた理由を聞いてみると、

「仕事が合わなくて」

「会社の方針に合わなくて」

というのは実際によく聞く言葉です。自分の経験上、転職や退職の理由として「仕事が合わない」というのはベスト5に入るぐらいよく聞きます。

 

誰かに相談しようかと思っても「社会人なのに何言ってるの?」なんて言われたりしそうで、相談しづらかったりしますよね。

大丈夫です。自分も30代になってから仕事が合わないと思って転職をした経験があります。笑

 

仮に相談をしたとしても上司や両親からは「最低でも3年は仕事を続けないと」どうのこうのって言われますよね。

たしかに間違ったことでは無いと思います。

しかしそれでも、もしあなたが「仕事が合ってない」と感じているのであれば、何かしらの対策はするべきです。

 

なぜかというと…

我慢して仕事を続けていたとしても、仕事を理解できるようになるどころか強いストレスを感じてしまって、働き盛りの貴重な時間を無駄にしてしまう可能性もあるからです。

「あの時こうしておけば良かった。」

とならないように、仕事が合わないと感じている時の対策方法と、何が原因で合わないと感じるのかを紹介します。

 

合わない仕事を続けて、無駄に時間をロスしないためにも最後まで読んでみてください。

仕事が合わないから転職や退職するのは逃げや甘えという考えはまず捨てる

まず最初に言いたいことがあります。それは、

「仕事が合わないから転職や退職をするのは、逃げや甘えではない。」

ということです。

 

仕事が合わないと言っても人によって様々な背景があります。

後で様々なケースを紹介しますが、たとえば上司や会社の雰囲気が合わないという人もいれば、そもそも職業自体が合わないという人も。

 

冒頭でも紹介したように「仕事は最低でも3年は続けないと」「仕事がツラいのは当たり前だ」といった意見もあります。

こうした意見も間違いではなく、分かる部分もあるとは思います。

 

しかし、だからといって仕事が合わないことを理由に転職をすることは逃げや甘えでしょうか?

 

仮に仕事が合わないのを我慢して続けたとしたら、もしかした何か見えたり掴めるものもあるかもしれません。

でも、我慢して続けたものの、何も残らなかったりストレスなどで体を壊してしまった場合、誰かが責任を取ってくれたり無駄にした時間を取り戻してくれるでしょうか?

誰も責任を取ってくれないし、時間も取り戻してはくれませんよね。

 

仕事は合わないという理由は人によって違うだけでなく、その時代や環境によっても異なってきます。

一概に仕事は続けるのが正解というのは間違いです。

まず最初に「仕事が合わないから転職や退職するのは逃げや甘え」といった感覚は捨てるべきです。

仕事が合わない…上司や職場の雰囲気以外にもこんな理由が

仕事が合わない。

言葉にすると短いですが、その背景には人それぞれ異なる事情があります。

しかし、「仕事が合わない」というのは大きく分けると

  • 会社や職場に問題があり仕事が合わないと思っている。
  • 自身に問題があり仕事が合わないと思っている。

この2つに分けることができます。

 

会社や職場もしくは自分自身、それぞれにどんな理由があって仕事が合わないと感じるのかを紹介します。

会社や職場に問題があり仕事が合わないと思っているケース

  • 社長や上司・同僚など職場の人間関係が合わない。
  • 会社の方針や仕事の進め方が合わない。
  • 職場の雰囲気や体育会系のノリが合わない。
  • 仕事を評価されていると思えない。
  • 仕事や業務に対して意味を感じられない。
  • 職業そのものが合わない。

 

こうしたことが、会社や職場に問題があり仕事が合わないと思ってしまう理由です。

この中でも人間関係や職場の雰囲気が自分には合わないと感じて転職を考える人は多いです。

 

会社や職場に問題があって仕事が合わないと思っている場合に厄介なのが、

周りを変えることはかなり難しい。

ということです。

 

どういうことかというと、会社や職場の場合は昨日今日に出来た環境ではないです。

そのため、あなたが「人間関係を変えたい」と思っていたとしても、あなただけの意見を聞いてたとえば配属されている部署を変えたり、上司や同僚を変えるというのはまず無理な話です。

それに仕事の進め方やあなたへの評価に関しても、すぐに変わるということはまずないです。

あなたが合わないと思っている会社や職場の問題点を変えるのは、かなり難しいことなのです。

本人に問題があり仕事が合わないと思っているケース

  • 仕事のレベルが高い、もしくは低いために合わない。
  • 仕事のスピードに追いつけない。
  • スキル不足、知識不足で合わない。
  • 学べることがなくて合わない。

 

次に本人に問題があり、仕事が合わないと思っているケースです。

こちらの場合は「自分は仕事ができない…」とか「どうしてこんなこともできないんだ…」といった様に自信を無くしてしまった結果、仕事が合わないと思っている場合が多いです。

そのため自信を無くし、仕事が合わないと思ったまま無理に仕事を続けると、ストレスになってしまったり、酷くなるとうつ病になってしまう場合も。

 

こうしたことが2つのケースにおける「仕事が合わない」と思ってしまう理由です。

会社や職場に問題があったとしても、本人に問題があったとしても、あなた一人の力で乗り切ろうとして、我慢して仕事を続けても…状況を変えるのはなかなか難しいです。

 

ちなみに自分が仕事が合わないと思って転職した時は、「この会社では自分が望む給料は一生かかっても無理だ…」と思わされる事があったので、給料と仕事内容が合わないために転職を決意しました。

仕事が合わないから転職。大切なのは自分に合った仕事を見つけること

先ほど紹介したように「仕事が合わない」と感じていたとしても、その状況をあなた自身が周りの状況を変えようとしても難しいのです。

では、仕事が合わないと感じている場合、その状況を打破するためにどういう方法があるかというと…

  • 我慢して合わない仕事を続ける。
  • 見切りをつけて転職をする。

どちらかになりますよね。

 

しかし、我慢して合わない仕事を続けるということは、精神的にも時間もかなり消費されることを覚悟する必要があります。

それに合わない仕事を無理して続けたところで、状況が変わったり何かを得られるという確実なものは何もないのです。

となると…

仕事が合わないとなると、早々に見切りをつけて転職をした方が、仕事だけでなくあなたの人生にとっても無駄な時間も労力も使わずに済むのです。

 

だからこそ仕事が合わなくて転職するというのは、逃げでも甘えでもなく、仕事が合わない状況にいる人にとってはベストな選択肢とも言えるのです。

ただ、転職する時に忘れてはいけないのが、

 

次は自分に合った仕事に転職する。

 

ということです。どこでもいいからと転職をしたとして、もしまた次の仕事も合わなかった…なんて状況になってしまうと、それこそ時間の無駄。

しかし、転職先での仕事が自分に合うかどうかというのは、転職活動をしている段階では難しいですよね。

そんな時におすすめしたいのが、転職エージェントを利用した転職活動です。

仕事が合わない…を繰り返さないためには転職エージェントが良い

この記事をここまで読んでいただいてる人は、まさに今「仕事が合わないから転職しようか悩んでいる…」という人も多いと思います。

仕事が合う合わないは、実際に仕事をしてみないと分からない部分も多いです。

 

しかし、転職エージェントであれば実際に仕事をする前に次の職場が自分に合うか合わないかを、仕事をする前の段階から、より詳しく仕事が合うか合わないかを判断することができます。

どういうことかというと…

転職サイトの場合だと、転職サイトに掲載されている情報と面接での情報、この2つの情報だけを頼りにして転職するしかありません。

それに、あなたが企業からどんな職場でどんな雰囲気なのかを聞き出す必要があるために、なかなか突っ込んだことまでは聞けないですよね。

 

ですが、転職エージェントの場合であれば、あなたと企業がやりとりするだけではないので、あらかじめ気になる点を転職エージェント伝いに企業に細かく確認することができます。

それに、転職エージェントの場合は転職サイトに掲載されている情報よりも、より企業の情報を詳しく知ることができるため、「合わないかもしれない」という確率を減らすことができます。

自分は採用担当をしているのですが、実際に転職エージェント経由で採用をしたことがありますが、転職エージェントから次のような質問をされてことがあります。

  • 職場の雰囲気はどんな感じですか?
  • 評価制度は何か基準となるものがありますか?
  • 中途採用の人でも職場に馴染めてますか?

といった質問です。おそらく転職者の人が気になって転職エージェントに質問したのだと思います。

そうなんです。仕事が合わないと思って転職を考えている人こそ、転職サイトではなく転職エージェントを利用することで、

「また仕事が合わなかった…」

という確率を減らす転職をしやすいのです。ということは、あなたに合った転職先を見つけやすいということなのです。

 

それともう一つアドバイスをすると…

同じ業種だけではなく、幅広い業種にも視野を広げた方が良い

仕事が合わないから転職活動をする時こそ視野を広げるべき。

ということです。

 

どういうことかというと…

仕事が合わないということは、単に職場が合わないだけでなく、業種自体も合ってない可能性があります。

というのも、同じ業種の場合はたとえ転職をしたとしても、職場の環境は前職とそれほど変わらなかった…というケースも多いです。

なぜこのようなことになるかというと…

業種が同じや似ている業界だと、たとえば仕事の進め方や評価の仕方が前職と似ている可能性は高いです。

それに、人って慣れた業種や業界から外に飛び出すのはなかなか勇気がいることですよね?笑

そのため転職して「心機一転できる!」と思っていても、働いてみたら過去に同じ業種や業界で働いていた経験者の人が多くて、前職と同じような職場だった…と感じてしまうことも。

 

もしかしたらあなたも、同じ業種や業界から外に出るのは不安があるかもしれません。

しかし、それでも仕事が合わないのであれば転職をするべきです。

そんな時にも転職エージェントであれば、あなたはこれまでいた業種の経験が役立つ他業種の仕事も提案してくれます。

転職サイトだとあなた一人の目線で転職先を探してしまいがちですが、転職エージェントであれば転職候補先の視野を広げることができます。

仕事が合わないと感じている人におすすめの転職エージェント

仕事が合わないと感じている人が転職エージェントを選ぶ時に、どんな転職エージェントを利用すればいいかというと、ただ単に仕事を紹介してくれさえすれば良いというワケではないのです。

仕事が合わないと感じている人に必要な転職エージェントは、

  • 仕事が合わなかった理由を理解した上で提案してくれるエージェント。
  • 幅広い業種、職種を提案してくれるエージェント。

この2つのポイントを満たしてくれる転職エージェントです。

転職エージェントの中から、仕事が合わないと思っている人におすすめできる転職エージェントを紹介すると…

 

リクルートエージェント

エージェント名リクルートエージェント
求人案件数★★★★★
マッチしやすさ★★★★★
サポート体制★★★★
こんな人にオススメリクルートが運営している転職エージェントで、業種を問わず求人件数がとにかく豊富。

仕事が合わないと感じている人こそ、まずは案件数の多いリクルートエージェントに登録をして、様々な業種の話を聞いてみるのがおすすめです。
→リクルートエージェントの公式サイトを見てみる。

doda(デューダ)

エージェント名doda
求人案件数★★★★
マッチしやすさ★★★★
サポート体制★★★★★
こんな人にオススメサポート体制が充実している事で、男性だけではなく女性からも評判の高いdodaの転職エージェント。

前職が合わなかった理由や、次の転職先についてじっくりとエージェントと相談して決めたい人におすすめ。
→doda(デューダ)の公式サイトを見てみる。

マイナビエージェント

エージェント名マイナビエージェント
求人案件数★★★★
マッチしやすさ★★★★
サポート体制★★★★
こんな人にオススメマイナビエージェントも日本では取り扱いしている案件数が多い転職エージェント。

IT関係の案件にも強いため、IT系で仕事が合わないという人にもおすすめできる転職エージェント
→マイナビエージェントの公式サイトを見てみる。

 

転職エージェントによって担当のエージェントや紹介してくれる案件が異なるので、まずは2社の転職エージェントに登録をして、あなたに合う方の転職エージェントと話を進めると、よりあなたに合った仕事が見つかりやすくなるはずです。

仕事が合わない時の辞める理由、転職もしくは退職が決まっているのなら

仕事が合わない時の辞める理由は、合わないことを一番の理由にしない方が良いです。

なぜかと言うと、上司や会社からの無意味な引き止めなどに合う可能性があるからです。

 

仕事が合わないから転職や退職をする時、辞める理由を上司や会社になんて言うか、

「仕事が合わないから辞めます。」

ストレートに言うとこうなりますが、こう言ってしまうと上司から諭されたり、話が長くなってしまう可能性もあります。笑

それに仕事が合わないことを理由にすると、本人は真剣に悩んでいたとしても、上司や会社からすれば「子供っぽい理由」と捉えられ、鼻で笑われるような可能性もあります。

 

もし、あなたが転職や退職することが決まっているのであれば、仕事が合わないと言うのはメインの理由にしない方が良いです。

なぜかと言うと、

  • 無意味に退職を引き止められる可能性がある。
  • 部署の変更などを提案される可能性がある。

こうした可能性があるためです。

あなたが転職や退職が既に決まっている場合、引き止めや部署の変更などは無意味で時間の無駄ですよね。

転職や退職の引き止めに関しては▼こちらの記事で詳しく

退職の引き止め会社の思惑は?退職の引き止め…その時会社にはこんな思惑が。

 

そんなことにならないためにも、仕事が合わないと言うのは辞める理由の2番目か3番目ぐらいにしておいて、

「他にしたい仕事が見つかった。」

「自分がチャレンジしたかった仕事に転職をします。」

といったポジティブな転職もしくは退職であること一番の理由にする方が良いです。

その上で「仕事が合わなかった」というのも付け加える。というのが、仕事が合わない時の理由としてはベストです。

「仕事が合わない」というのは軽い悩みではない

今回は仕事が合わないという事に関して紹介してみましたが、いかがだったでしょうか。

今まさに「仕事が合わない」と感じておられる人もいると思います。

 

最後に一つ言いたいのは、

仕事が合わない。というのは軽い悩みではない。

という事です。

 

この記事でも紹介したように、仕事が合わない理由というのは人によって違います。

しかし、仕事が合わないのを我慢して続けると、ストレスが溜まったり時間を無駄にしてしまうというのは共通して言える事です。

 

仕事が合わない。という言葉だけを見ると、聞く人によっては簡単に思われる場合もあると思います。

でも、人生においてかなりの時間を消費される仕事。その仕事が合わないとなると人生を損していると言っても言い過ぎではないと思います。

軽い悩みとは考えないで、この機会に合う仕事を探してみてはどうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です