【体験談】人間関係に亀裂が入り転職を決意

人間関係に亀裂がの画像

長年営業や事務職の仕事をしていたとしても、転職をしようと思った時にふと思っていたよりも自分にスキルや実績が無い…ということに気づくことってありますよね。

今回紹介する転職体験談は、現在30代の女性Yさんの転職体験談なのですが、Yさんの経歴を簡単に紹介すると…

Yさんは大学卒業後に新卒として入った会社で勤められていたのですが、育児休暇から復帰した時に配属された部署で上司や部下との人間関係に亀裂が入ってしまい、次第にプライベートにもその人間関係の亀裂が原因での疲れが見え始め転職を決意されるのですが、転職活動を始めてみると自分のスキルや実績が無いことに気づき…

人間関係が原因で転職をされる方は思っている以上に多いのですが、転職活動を通じてスキルや実績が無いことに気づいたYさんの転職活動はどういったものだったのでしょうか。

では、Yさんの転職体験談を紹介します。

私は現在30代前半、1児の母です。20代の頃に、大学の同級生だった夫と結婚し、現在子供と3人で仲良く暮らしています。4年大学を卒業後、新卒で前職へ就職し、30代まで約10年間勤めていましたが、数年前に転職し、今は新しい会社で前職と同じ企画運営業務を行っています。

転職前は外食関連の会社で働いていた。

前職は外食関係の会社で、企画運営や事務作業が主でした。企業としてはわりと大きいので、福利厚生もしっかりしていて、安定していました。育児休暇もしっかりと取ることができたのはありがたかったです。

入社当初に主にしていた事務作業は単調なものが多く、あまり遣り甲斐の感じられない内容でしたが、長年働くうちに企画運営にも関わらせてもらえるようになり、楽しく働くことができていました。

残業は基本的にない職場でしたが、部署やその時に受け持つ仕事によっては残業することもあり、不規則な業務形態となることもありました。転職するまでの数年間は主任という立場を任されており、チームをまとめるという仕事内容も大変ではありましたが良い経験でした。

社内スタッフもみんな比較的仲が良く、子供が生まれる前は休日にもスタッフみんなで遊びに出かけたり、気軽に呑みに出かけたりするような関係性が自然と出来上がっており、転職した今でも付き合いのある友人が何人もいます。

部署内での人間関係に疲れ転職を決意

私が長年勤めてきた職場から30代で転職しようと思ったきっかけは、育休復帰後の新たな配属部署で係長と部下たちとの意見の相違があり、その亀裂が修復不可能なものとなってしまったためです。

私の意見としてはその他部下の人たちと一致していたものの、主任という中間の立場にあったため、係長との意見の溝を埋める役割もしなくてはなりませんでした。

課長へも相談しましたが、事態が改善されることはなく、係長のうわべだけの発言に踊らされる毎日が数か月続きました。

私を含め、部下の者たちは心身ともに疲弊し、各々が退職を意識し始めました。なんとか問題を解決できないかと、お互いの意見のすり合わせの話し合いで、帰宅時間が8時を超えることも多くなりました。

もともとは、6時には退社出来ていた部署だっただけに、「子育てもある中、なぜ、実業務以外の人間関係調整作業で残業せねばならないのか」といった不満が私の中で日々募り、徐々に耐えられなくなってきました。

家事や育児のために、平日は帰宅後もめまぐるしく家事をこなしていました。休日もたまった家事や雑務のためにゆっくりと休んだり、自分の趣味のために使う時間がなかったりの毎日に心底疲れ切っていたことを今でも覚えています。

疲れが日々たまっていく中で、薄々と退職を考えてはいましたが、なかなか決断には至りませんでした。

というのも、給料や福利厚生・社風などに強い不満はなく、むしろ満足していたためです。業務内容も、もともと志していたものでもあり、頑張りたいとも思っていました。私がもう少し頑張れば、どうにかして問題を解決できて現状打破できるんじゃないかと、自分に期待をしていた部分もあります。

しかし、積み重なったストレスが徐々に身体症状として現れるようになってきました。休日も無気力で何もする気がせず、軽度の食欲不振などの症状が出始め子供の世話を十分に見れなかったり、それに伴って夫に迷惑をかけることが多くなったのです。

夫はありがたいことに、そのことに不満を言ったりすることもなく、私の仕事に理解を示してくれていたので協力をしてくれていましたが、私の仕事のことで夫まで疲れ切っている現状に、耐えられなくなっていきました。

一番大切なものは仕事ではない、「家族、子供との時間」だと思い至り、転職活動をすることを決めました。

転職活動はハローワークで減給も仕方なく。

前述のとおり、給料や福利厚生・社風などに満足していましたので、現在と同様かそれ以上の給料や福利厚生が望める転職先を探す、ということに重点を置いて、ハローワークを中心に就職先の検索をしました。

しかし、その当初の目標のままの転職先の検索は困難を極めました。やはり、約10年間務めた会社ですので、多少なりとも給料は上がっています。

主任という立場だったとはいえ、専門職的なしっかりとしたスキルもない私には、勤務年数以外に経験を武器にすることができず、転職となると、新たにスタートとなるため、どうしても基本給が少なくなってしまう求人しかありませんでした。

なかなか、これだと思う求人に出会えず、何度もハローワークに通ううちに、求人が流動的に動いていることに気づきました。前回なかった求人が増えていたり、前回合った求人がなくなっていたり、はたまた前々回にあったのになくなっていたはずの求人が再度募集されていたり・・・。良い求人と出会うにはタイミングや運、時期的なものもあると感じました。

私の場合は、ハローワークに通っている時点では、最終的に転職を決めていたわけではなかったのですが、「ここなら働けそう!」という求人に一つだけ出会いました。この出会いを逃すと次がないような、直感的な感覚がありましたので、「このチャンスをつかもう!」と決意しました。

仕事の時間というのは、24時間のうち最低でも8時間、1/3を使っています。これ以上、鬱々と仕事をして、余暇の時間まで鬱々と過ごし、そのことで家族に迷惑をかけるくらいなら、少々の減給には目をつぶろうと決めました。

募集要項では、職務手当の部分に1~3万円程度の幅があったので、面接の際に、できるだけ多い金額での支給を希望する旨を伝えました。元の職場での経験が新しい職場の経験として反映されるのではないかという、淡い期待があったためです。

でも、やはり世の中はそんなに甘くなかったです。元の勤め先での業績や功績で新しく受けられる会社が評価可能なものであれば、話は別だと思いますが、誰が見ても「基本給を高く設定するに値する業績」というのは、なかなか提示できるものではないものですね。

給与面でのこちらの要求は受け入れられなかったものの、先方から提示されている条件なら内定をいただけるとの結果だったので、転職することを決めました。

転職後に感じたスキルや実績の重要性

30代になって、転職する!!というと、色々な経験を積んでいる分、不安に思うことが多くありました。新卒で働き始めて以来、他の職場を経験してこなかったので、新しい仕事内容をしっかり覚えられるのかや、新しい職場での自分の経験を活かすにはどうすればいいのかなど、考えることは多くありました。

しかし、新たな職場は雰囲気も良く、前職での経験を活かしながら新たなフィールドにチャレンジできていると感じます。年下の先輩が多いという環境にも最初は戸惑うこともありましたが、最近では年齢を超えた職場の環境にやっとなじめるようになり、良い刺激を受ける毎日です。

仕事内容は以前より大変で、事務作業が少ない分、企画運営の仕事が主で、頭を使うことが多いです。ですが企画運営をしっかりとやりたかったので、覚えることも多く大変ではありますが、私にとっては遣り甲斐のある毎日です。やることや考えることが多く、時間が経つのがあっという間で、仕事終わりは気持ちの良い疲労感を感じます。

また、残業もなく子供のお迎え等にも支障なく行くことができているので、転職を決意したことに現在満足しています。週末は家族で出かけたりすることもできるようになり、そういった面でもかなりストレスが減りました。

前職を辞める際は、まだ自分にどうにかできるんじゃないかと考えたり、転職は逃げているだけなんじゃないかと考えることもありましたが、合わない会社というのは必ずあって、悩んでいる間に回りに迷惑をかけるなら、潔く次に進んだ方がいいこともあると知ることができました。

また、転職という経験で、思っていた以上に自分にスキルがないことも実感しました。今後転職する予定があるわけではないですが、今の会社ではもっと自分をアピールできるスキルや実績を身に着けられるように頑張っていこうと考えています。

こう考えれるようになったのも、転職活動をしたおかげだと感じているので、本当に良い経験だったと思います。転職活動をしてなかったら、自分のスキルや業績になんの不満も焦りも感じることがなかったかと思うと、それは少し怖いことですよね。もし、今回転職を経験せず、もっと年齢を重ねてから転職をしなければならなくなっていたら、今回の転職活動よりもっと時間もかかり、大変だったと思います。

災い転じて福となす。よく考えて、よく吟味して、悩んだ分、人生にとってより良いシフトチェンジが出来たと感じています。

人間関係に亀裂がの画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です