【体験談】30歳で退職をして留学にチャレンジ

30歳で退職して留学の画像

今回紹介する転職体験談は、30歳で会社を辞める決断をした女性Hさんの転職体験談です。Hさんの場合は転職体験談というよりも、30歳で新しい事に挑戦しようと会社を辞める決断をされたのですが、Hさんの経歴を簡単に紹介すると、

Hさんは現在32歳の女性で、短大を卒業後から退職を決断するまで、同じ企業で働き続けていました。しかし長年働いている内に仕事に対しての意義がわからなくなってしまい、新しい事に挑戦するために30歳で会社をされる決断をするのですが、30歳で何に挑戦されたのでしょうか。

長年働いてきた会社を辞める決断をするのは、新しい事に挑戦するためとはいえ、なかなか勇気がいる事ですよね。30歳で会社を辞めてHさんはどうなったのでしょうか?

ではHさんの転職体験談を紹介します。

初めまして。私は今年で32歳になる女性です。やりがいのない仕事をなんとなく続けてきた私が、転職しようと思ったきっかけを紹介しようと思います。

短大を卒業してから私がしていた仕事

とくに変わった経歴を持つわけでもなく、女子短期大学を出て新卒で採用されたそこそこ大手の企業で、OLとして約12年間働いてきました。

仕事の内容はというと、はじめの8年間は経理事務の補助。簡単に言うと簿記の仕事ですが、受付窓口・電話対応・接客なども行う事務員でした。そして残りの数年は部署移動となり、顧客情報の管理をする部署で働きました。顧客情報の管理と言っても、仕事内容は大きく変わるわけではなく、特に資格がいるようなものでもないので、次々くる仕事を坦々と処理して時間が過ぎていくような感じでした。

約12年働いた職場でしたが、その間に何度も仕事を辞めたいと思うことがありました。
当たり前のように残業が多く、定時で帰るなんてことたまにしかできない毎日。何でしょうね…ここが日本の変なところだと思うんですが、残業してナンボというか、残業してあたり前の空気が常にあって。

私が働いていた会社でも残業することによって、自分が良く働いてるアピールをするという、変なシステムが出来上がっていましたね。(笑)おかしいと思いつつも、じゃあどうすればそんな変な流れがなくなるのかなんて思いつくわけでもなく、私もアピールするために残業をしていました。

そんな環境だったので、辞めたいとか転職したいと思うことは何度もあったけど、ただ思うだけで実行に移す勇気も行動力もなく、たまにある女子会で愚痴を言って発散し、なんとかやり過ごしていました。

そんな行動力もない私が、なぜ会社を辞めることができたのか。それは「英語」との出会いでした。

★きっかけは英語との出会いだった。

ある日、家でなんとなくテレビを見ていたら、日本のスポーツ選手が流暢な英語でスピーチをしていました。

「いいなぁ…あんなペラペラ英語話せたら楽しいだろうなぁ…」

と、ふと思い立ったのです。

英語なんて中学校止まりだった私。基礎中の基礎くらいの英語力しか知識がなく…それなのになぜでしょうね、突然目覚めてしまいまして(笑)唐突なやる気に、こんな自分は滅多に出会えない!と熱が冷めないうちに即行動しようと決意しました。

まずは英会話教室の下見に行きましたが、生徒が何人もいる授業はなんだか性に合わない気がしたので、個人で教えてくれる先生を探すことに。そして英語をマンツーマンで教えてくれるフランス人を発見!無事英語を週一で習うことになりました。この英語の先生との出会いも、私の今後の転職に大きく関わってくることに。

毎週英語を週一で教えてもらっていましたが、その先生との交流も増え、英会話の勉強だけでなく、その先生が見てきたいろんな外国の話を聞きました。その中でも多かったのは先生の母国であるフランスと、頻繁に訪れるというアメリカの話。

「自分はいつもフランスでは夏の休暇に毎年コルシカ島に行ってくつろぐんだよ~」

と楽しそうに話してくれた先生。

何でしょうね。完全なるカルチャーショックでした。私はというと、当時働いていた職場では年に4日間を2回だけ休めるのが精いっぱいの長期休暇でした。

それっぽっちの連休で、どこかの島でゆっくりくつろぐなんて考えられない。海外旅行に行けたとしても、せいぜいアジアの近場に弾丸旅行。ヨーロッパに行くだなんてとんでもなかったわけです。

まぁ、行こうと思えば仕事を辞めてしまえばどこにでも行けるんでしょうけど、働かないとお金は手に入らないし、生活だってどうやってしていけばいいのかわからない…私には先生のようなのんびり自分の行きたいところに行く生活なんてできない。そう思っていました。

しかし…ふと考えました。その先生はワーキングホリデーのビザで1年日本に居ながらにしてバイトをしながら生活していました。フランスからやってきて、バイトをしながら、それで生活できている。

少なくとも1年はこの人はフランスから遠く離れた日本で生活できているじゃないか…

頭からできないと決めつけていましたが、もしかしたら自分でもできるんじゃないのでは…?

そんな考えが少しずつ浮かんできたのです。ですが12年間働いてきた職場を考えると、私にそんな勇気が出るはずもなく。浮かんだ考えをかき消すように、今までの自分の考えを思い起こしていました。

自分でも先生のような生活ができないというわけではないのでは…?一瞬そんな考えが浮かびましたが、そうは言っても、やっぱり難しいに違いない。私には無理だ、働くことをやめちゃいけない。

会社を辞めたい、転職したいと思ったことは何度もあるけれど、それはあくまでもただの愚痴の一つであって、実際辞めるなんて考えられない。そう思い直し、英語を習いながらも今まで通りの事務の仕事をこなしていました。

退職の決断の日は突然に…

そんなある日。

私の職場に、とある大学から学生さんが職場見学に訪れたときのことです。ロビーで上司とその学生さんが話しているところをたまたま通りかかった私。すると上司に呼び止められ、こう聞かれました。

「うちの会社に入った動機って何だった?」

動機…

私がこの会社に入った動機は、正直言って「お給料が良かった」からです。それに尽きてしまうと改めて思っていましたが、それを学生さんに言うわけにもいかず、うんうんと考えはじめてしまった私。

するとそんな私を見て、上司は続けてこう言いました。

「そうだよね、もう何年も前のことだから覚えてないよね。じゃあ、あなたの仕事のやり甲斐って何?学生さんに教えてあげてほしいんだけど。参考までに。」

それを聞いた瞬間、本当に、私の中で衝撃が走りました。上司の言葉で気付いてしまったのです。

私、何のやり甲斐もなく仕事をしている…

ということに…本当にショックでした。

やり甲斐もなく働いてきて、そりゃあ楽しいはずもないんです。とりあえずなんとかのらりくらりとその上司の質問をかわしてその場を去った私でしたが、心の中にはモヤモヤが残ることに…。

自分がやり甲斐もなく働いているということに気づいてから、「私の人生」とは何なのか、考え始めるようになりました。仕事を生きがいにしている人もいるのに、私は楽しくもないし大して興味もない仕事をただ毎日こなして、いつの間にか10年という月日が経っている。

そのことにとても違和感を感じました。漠然とした不安も感じていたと思います。そんなある日、ついに決断の時が訪れました。かなり唐突でしたが…。(笑)会社で新しいサービスが展開することになり、説明の会議に参加していた私。新サービスについての内容や仕事の割り振りなど、どんどん話が進んでいく中、私はその話に興味が持てず、ボーっとそれを聞いていました。

そして突然。

「そうだ。会社辞めよう。」

そう思ったのです。

まるで何かが降りてきた様なそんな感覚でした。新サービスの話で社内が盛り上がることがどうしても他人事のようにしか感じることができず、ここは私のいる場所じゃない。
そう思うに至ったのです。

今まで違和感を持っていた心が、すっと楽になれたのを覚えています。

辞めようと思い立ってからの私の行動は早かった。(笑)本格的に英語を学ぶことに決めたのです。そうだ、こうしたかったんだ、とここにきてやっと自分で自分の気持ちがわかったように思います。

本場で英語を学びたかったので、イギリスへ語学留学することを決めました。考えるべきことや決めるべきことをしっかりと進めていき、会議中に突然「会社を辞めよう」と思い立ってから半年後、上司に退職したい旨を伝えました。

上司はもちろん、まわりの同僚にも本当に驚かれました。

30歳で急に辞めたいと言い、しかもイギリス留学をすると言うんですから、そりゃ驚きますよね。本当に本当に、みんな驚いていました。(笑)

でも、10年以上真面目に働いてきた私に、退職を止める人、そしてとやかく言う人、悪く言う人は一人もいませんでした。それは長年頑張って働いてきたことの積み重ねによるものだろうな、と少し誇らしく感じます。職場の人、親戚、家族、友人、すべての人が応援してくれました。

今の段階でやりたい仕事が明確ではないので、私の立てたプランとしては、イギリスで1年勉強し、イギリスでの生活を挟んでその間に新しい仕事ややりたいことを考え今後につなげていく、という物でした。

当時私は30歳で、30代での転職ならばまだしも、この歳でイギリス留学するなんて自分でも本当に驚きでしたし、きっと周りには「いい歳して…」とあきれれらるに違いないと思っていたのですが、実際はそんなことはありませんでした。

でも思いのほか、周りの人たちはみんな応援してくれたんです。今思うと、「いい歳して…」と何かと逃げ腰に考えていたのは自分だったのだと思います。

逆に言ったらですよ?まだ30代なんです。まだまだこれから先長い人生が待っているわけです。まだ人生30年しか歩んでないんです。

そんな風に思えることができたことが、私にとって本当に良かったことなんだと思います。このことに気づけていなければ、いまだにやり甲斐を感じることなく坦々と業務をこなす毎日が続いていたと思います。

それはとてももったいないですよね。もちろん10年以上働いてきた経験も、決して無駄ではなかったと感じています。こつこつ働いてきた期間があったからこそ、しっかりお金を貯めることができ、そのお金でイギリスへ1年わたり、新たなことに挑戦することができました。

そして戻ってきて、これから次の仕事を始める。時間は十分にある。何も怖いものはない。そう思えることができるようになりました。

退職して留学を経験してから感じたこと。

そして私は、退職後約1年、イギリスで英語の勉強をしながら初めての海外生活を送りました。そして先日帰国。実はまだ、次の仕事は決めていません。ですが、イギリスにいる間に、たくさんの人に出会い、たくさんの知らなかった世界を知り、色んな情報・知識、そして度胸を身に着けてきたつもりです。この経験は本当に貴重なものだったと思っています。

何より、今、私はまっさらです。仕事をしていない、なんだって新しいことを始められる状態が、こんなに前向きにワクワクできることが本当にうれしい。これからの自分の人生が楽しみでたまりません。

今はまだ転職後の自分の人生については語ることができませんが、今その直前の段階にいます。これから何色にも染まれる私の人生。やり甲斐に気づけなかった昔の自分と比べると、一皮むけたような気がします。

新しいことを始める勇気が、こんなにも私を変えてくれるとは思っていなかったです。
まだまだ新しいことに挑戦できる年齢と気付くこともできたので、これからの長い人生、自分のやり甲斐を探して毎日楽しんでいきたいと思っています!

30歳で退職して留学の画像

1 個のコメント

  • すごい勇気ですね、僕も今は仕事やめようかと思っています。
    留学したいですが、なかなか決断できなくて。
    去年離婚して、子供もいるし、堅いしごとですしね。
    どうなるかわからないけど、今がそんなにたのしくないので・・・
    やめようと思います。そして次の人生へ!!!
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です