【体験談】美容師からアパレルに転職した女性

美容師からアパレルに転職した女性の画像

今回紹介をするのは、32歳で美容師からアパレル関係の仕事に転職をされた女性Kさんの体験談で、美容師以外の職種に初めてチャレンジすることに。

Kさんの経歴を簡単に紹介すると…

Kさんは32歳まで美容師をされていた女性で、5歳と2歳のお二人の子供がおられ、引越しを機に長年されていた美容師からの転職をすることに。転職のきっかけとなったのは後々の夢であった美容院開業のためでした。

長年の美容師から30代での異業種への転職、自分の夢のためとは言え長年していた職種を自ら離れることはそう簡単には決断できることではないですよね。Kさんの転職は無事に成功したのでしょうか?

ではKさんの転職体験談を紹介してみます。

美容師から転職しようと思ったきっかけ

長年美容師として勤めていた私ですが、32歳で引っ越しをするにあたって、はじめて美容師以外の仕事を探すことにしました。

美容師以外の仕事を探すのにはいくつか理由がありました。まず、私には5歳と2歳の子供がおり、引っ越ししたてで慣れない土地での仕事は比較的子供との時間を優先したかったということ。

もう一点は、私と同じく美容師をしている夫といずれ美容院を経営するという夢があったので、あえて美容師以外の仕事をすることでスキルを伸ばしたかったから。

この2点を考えてみたとき、一番向いているのはアパレル関係の仕事だと思いました。比較的労働時間が決まっていて残業が少ないことと、接客サービスは将来の美容院経営に役立つと考えたからです。

ファッションにはもともと興味があり、過去にメンズ服のアパレル店員のアルバイトをしていたこともあったので、転職を進めやすいそうだと感じたのも理由の一つです。

美容師の仕事は労働時間が不規則で残業も多く、食生活も乱れがちになるのが普通で、子供を抱えて、慣れない土地での最初の仕事としての美容師は、はっきり言って自信がありませんでした。まずはこの土地に慣れるために、1年という契約の中で雇ってくれるアパレル関係の仕事を探しました。

転職活動はショッピングモールの掲示板で

引っ越した場所は地方都市で、都会に出るのには電車ではすぐに行けるものの、それなりに田舎という感じでした。都会のように働けるようなお店がたくさんあるというワケではなく、大型のショッピングモールがあり普段の買い物は、ほぼそのショッピングモールで済ませるといった感じでした。

ショッピングモールは家からも比較的近く、また子供がまだ小さかったためにショッピングモールで働くことができれば理想的だなと考えていました。

転職活動をしようと決めた最初の頃は、スマホで転職サイトなどの情報を見たりもしていたのですが、私が住んでいる地域の求人情報が少なく工場などでの仕事はあったのですが、私が希望していたアパレル系の職種の求人情報はほとんどありませんでした。

そうこうしている間に1ヶ月2ヶ月と過ぎてゆき、「もう見つからないのかな…」と思っていました。そんな時にふと子供達とショッピングモールに出かけた時、子供がトイレに行きたいというのでついて行くと、トイレの手前にそのショッピングモールの掲示板があり、そこにショッピングモール内の求人情報が出されていたのです。

思わずその掲示板をみて「ハッ!」となった私は子供がトイレに行きたがっているのも忘れて、その掲示板をじーっと見つめていました(笑

するとその掲示板の求人情報の中に、ショッピングモールに入っているアパレルショップの求人情報があり、「遂に見つけた!」と思った私は、子供を連れたまま求人情報を出していた店舗に行き求人の詳細を聞くことに、するとまだ募集をしているとのことで後日履歴書を持参して面接をしていただけることになったのです。

帰りにショッピングモールで履歴書を購入して(笑)翌日に面接をしていただき、昔アルバイトで働いていたアパレルはメンズの服を取り扱っていたということもあり、その経験が買われてメンズとレディース両方を扱っているセレクトショップで働くことが決まりました。

転職後のセレクトショップでの仕事内容

私の希望は1年の契約なのでもちろん正社員ではなく最初はアルバイトからということだったのですが、仕事内容は思っていたより難しいものでした。

働き始めたショップはスーツがメインなので、オーダーメイドなどもあり、採寸の知識なども必要で、普通の洋服を売るアパレルショップより覚えなければいけないことがたくさんあり、最初は本当に大変でした。

ショップはモール内の店舗だったので、他にもよく似た感じのお店が並び、売り上げノルマはありませんでしたが、週末にはたくさんのお客様が来て、休む暇もなくお客様の対応に追われました。

接客だけではなく、毎日届く新しい商品の品出し作業なども行わないといけなかったので、作業の順序なども考えて動かなければならないので、仕事の最中はめまぐるしく時間が過ぎていく感覚でした。

思っていたよりとても忙しかったアパレルの仕事ですが、美容師の仕事と違ってきっちりと1時間お昼休憩があり、その時間内はゆっくり休めたことが私にとってはとてもうれしかったです。美容師の時はお昼休憩もまともに取れず、体を休められないまま気づいたら夜、という感じだったので、規則的に休憩をもらえるとしっかりとリフレッシュができ、休憩後の仕事も気持ちを切り替えて頑張ることができました。

土曜日は忙しく大変でしたが、毎週日曜日と祝日はお休みをもらえる契約だったので、体力的にもゆとりができました。日曜祝日を休みにしてもらうと、子供との時間が確実に多くなり、今まで美容師をやっていたころより一緒に遊んであげられる時間が増えたこともよかったです。

新しい土地ということもあり、日曜や祝日は子供たちと近くの公園を回ったり、散策をして楽しみました。最初の頃はアルバイトということもあり、平日にお休みを何日かもらえることもあったので、美容師の夫に合わせて月曜に休みをもらい、家族でお出かけをすることもでき、美容師時代よりしっかりと子供と遊ぶことができました。

アパレルの仕事はメンズとレディース両方を取り扱っているショップでしたが、どちらかというとメンズが多く、美容師時代には女性に対応することが多かった私にとっては、正直しんどいと感じることも多くありました。

男性の好みや服に対する考え方がいまいちわからず、お客様が何を求めているのかがわからないことも…。ですが接客を続けていくうちに、商品知識も身について、男性のお客様にも堂々と自信を持って接客できるようになり、そうするとお客様から喜んでもらえたり、仲良くなれたりすることも増えていきました。

男性への接客の仕方や、サイズ感や着心地に対するこだわりなどがだんだんとわかってきて、かなり詳しくなり、そうすると接客も楽しくなってきました。スーツについてかなり詳しくなったので、私の子供は二人とも男の子なので、将来役に立つかもしれないなぁ、なんて考えています。

また、アパレル業界全体のセール時期についても、詳しくなりました。1年のうちにいつ頃がお得で、新作が入ってくるのはいつ頃なのかなど、アパレル業界に共通する流れをざっくりとではありますが知ることができたのも面白かったです。

一番難しかったのはやはりコーディネートを提案することでした。どのシャツにどのスーツが似合って、どのネクタイをすればおしゃれに見えるか、などは経験値もあると思いますが、もともと持っているセンスも必要です。

その日初めて会ったお客様に対して、似合う服をチョイスすることは容易ではないですが、それでも喜んでもらうために提案するという仕事内容は美容師もアパレルスタッフも同じだなと思います。美容師時代から男性のお客様の好みを探るのが苦手で、女性目線でしか提案ができず、指名をなかなかとることができませんでした。

女性の美容師が男性のお客様の指名をもらうというのはとても難しいことだったので、仕方のないことかな、と正直諦めていたのですが、今回メンズアパレル業界で働くことで、男性への接客スキルが格別に上がり、活かすことができています。

アパレルショップで働き始めてあっという間に1年が過ぎ、美容室をオープンさせる話が進んできたタイミングだったので、当初の予定通りセレクトショップを辞めることになりました。ちょうどその頃にセレクトショップのオーナーから社員として働いてみないか?というお話をいただいたのですが、美容室オープンが夢だったので、ありがたいお話だったのですが辞退させていただきました。

たった1年ではありましたが、内容の濃い1年となり、その後の人生にも、経験値として役に立っているので本当に良かったと思います。美容師とは違う仕事を選んで、いろんな角度から改めて美容師という仕事を考えることもできました。

苦手で、半ば諦めていた男性への接客も、アパレルショップで働いて初めて克服することができたし、段取りよく仕事をすることの大変さと重要さも知ることができました。

また、しっかりと休憩をとることでそのあとの仕事も気持ちを切り替えて取り組めると思ったので、難しいかもしれませんが美容師としての仕事でも休憩時間はしっかりと取れるようにスケジュールを考えていこうと思っています。

美容室をオープンしてからの事

美容室オープンにあたっては、私と夫と、スタイリストを1名雇い、まずは3人で頑張ることになりました。自分たちですべて一からお店作りをするということは、思っていた以上に大変で、考えなければいけないことや決めなければならないことの連続です。

ですが、お客様に喜んでもらえるお店作りを考えることは苦ではなく、大変だけど楽しい毎日。良いお店を作ろうと思うと、前よりも一層美容に熱くなる事が出来て、今では美容師は私の人生であり、天職だと感じています。

何かミスがあれば全て自分たちの責任ですし、今までただのイチスタッフであったころより緊張感とプレッシャーはかなり大きなものですが、それも楽しみながら頑張っています。

今では美容室をオープンしてからなんとか3年が経ちましたが、まだ軌道に乗っていないため、お休みがなかなか取れず、それに伴って子供の相手をする時間が少なくなってしまったことが心苦しい毎日です。

日曜祝日はもちろん仕事を休むことができないので、お店に子供たちを1日居させることもあります。
そうすると接客に集中できなかったり、お客様にもご理解いただくこともあり、そういった面での大変さもまだまだあります。

子供たちとの時間は減ってしまったけれど、かわりに頑張っている姿を見せてあげることはできると思い、子供の見ている前で中途半端な仕事はできないと、毎日自分に言い聞かせて頑張っています。

そんな私の気持ちを知ってか、子供も「お仕事頑張って~」と言ってくれたり、お手伝いをしてくれたりと子供ながらにいろいろ考え、自分たちのできることを一生懸命やれることをやってくれています。
私たちが今がむしゃらに美容師という仕事を頑張っていることが、今後子供にとっていい影響になってくれればと願っています。

一度美容師を離れてアパレルショップで働いた経験があるからこそ、今の仕事に活かせれれているスキルもあるし、改めて美容師という仕事が好きだと感じることもできました。アパレル業界での1年は短かったですが本当に内容の詰まった良い経験だったと今も感じています。

⇒30代の女性が転職に成功するために必要なコト。

 

美容師からアパレルに転職した女性の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です