雑貨の販売員から転職し事務職へ。30歳で販売員だった女性の不安

雑貨店で販売員をする女性の画像

「そろそろ30歳になるし、販売員をこのまま続けるのは不安…」

なんて思っていたりしませんか?

採用の面接をしていると、30歳を境に販売員から転職をしようとして転職活動をしている女性をよく見かけます。

 

どんな理由で30歳で販売員から転職をしようという人が多いかというと、一番多いのが

「今の販売員の収入だと将来が不安で…」

という理由で転職を考えはじめたという人が多いです。

 

20代の頃であれば、販売の仕事がしたいと思って多少給料が低かったとしても「好きな販売の仕事をできているから」と給料が低くても納得している人も多いです。

でも、30歳近くなった頃に同年代の友人と給料を比べると給料が低いことを不安に思い、転職しようと考える販売員の女性が実は結構多いです。

 

それと、販売員から転職をしようと思って転職活動をはじめた時に「資格やスキルが何も無い…」なんて不安に思う人も多いです。

 

このまま販売員を続けるのは不安。でも転職するのも資格やスキルが無いから不安…。転職せずに販売員を続けた方がいいの?

なんていう風になりますよね。

しかしそれでも、販売員をこのまま続ける事に不安を持っているのであれば転職をした方が良いです。

なぜなら、年齢とともにさらに不安が強くなってしまう人が多いからです。

 

とはいえ、何の根拠も無しに転職した方が良いと言われても、信用できないですよね?

根拠も無しに言ってるのではありません。

 

たしかに長年販売員をしている人からすれば、転職をするとなった時に「販売員の経験しかないから…」と不安になるのも無理はないです。

しかし、実際に販売員をしていた女性が30代で転職をして、将来の不安が軽くなったという人もいます。

そういう元販売員の女性がどんな風に転職活動をしたかというと…一人ではなく転職のプロと一緒に転職活動をしている人が多いです。

気になる人は、このまま記事を読み進める前に▼こちらの記事をご覧になってみてください。

転職を成功したい30代の女性に 30代女性が転職に成功するために!

 

さて、販売員の経験しかなくて30歳近くなった時、不安になって転職を考える女性は多いです。

今回の記事では、

この記事の内容

  • 販売員から転職するする時のアドバイス
  • 大学卒業と同時に雑貨店の販売員となり30歳で転職をした女性の転職体験談

について紹介します。

30歳をきっかけに販売員から転職を考える人は多い。なぜかというと…

転職を考える販売員の女性

冒頭でも少し触れましたが、30歳をきっかけに販売員から転職を考える人は多いです。

もう少し詳しく言うと30歳で転職を考え始め、31〜33歳ぐらいで転職活動を始める人が面接をしていると多いです。

販売員からの転職理由はこんなこと

なぜ30歳をきっかけに転職を考え始める販売員の人が多いのか、実際に面接で聞いた販売員からの転職理由を紹介すると…

「30歳になった時、同級生との給料の差が不安になった」

「このまま販売員を続けても、将来性が無いと感じた」

「若い人向けのお店だったので年齢的に合わなくなると思った」

「販売員しかしたことがなく30歳が最後の転職のチャンスだと思ったから」

こんな理由が多いです。心当たりがありませんか?

 

20代であれば自分の好きな物を売る販売員の仕事って楽しいですよね。給料が低かったとしても「好きな仕事ができてるから」と考えることもできます。

しかし、30歳という区切りの年齢が近づいてくると、他の仕事をしている友人と比べたり、将来のことを考え始めると不安に…

ということが頭をよぎって、販売員から転職を考える人が多いです。

 

あともう一つ付け加えるのであれば、「30歳になってから考えればいいか」という考え方はやめておいた方が良いです。

もし今「このまま販売員を続けるのはどうかな…」と思っているのであれば、早めに行動を起こしておくべきです。

というのも、今感じている不安は年齢とともに、もっと不安が大きくなるからです。

 

不安を感じている今こそ「これまでの経験を活かしてどんな転職ができるの?」ということを知っておくと、先のことを考えやすくなります。

そんな時におすすめなのが転職サイトではなく、あなたのこれまでの経験を活かせる転職を提案してくれる転職エージェントです。

販売員の人こそ、転職先の選択肢を広くするためにも大手の転職エージェントに相談するのがおすすめです。

⇒販売員から転職を考えている人におすすめの、案件数が一番多い転職エージェントがこちら

30歳で販売員から転職した女性の転職体験談

雑貨店で仕事中の女性

今回紹介する転職体験談は、長年雑貨屋で販売員をしていた女性、中澤さんー仮名ーの転職体験談です。

中澤さんの経歴を簡単に紹介すると…

中澤さんの経歴中澤さんは大学在学中から雑貨店でアルバイトを開始してそのまま雑貨店で社員として働くことに。しかし30歳になった時、あることがきっかけとなって販売員から転職を考えるようになります。30歳になって初めて転職をする時、中澤さんは「自分には転職に有利になるようなスキルや資格がない」ということに気付いてしまうのです。しかしやむを得ない理由によって転職を諦めるわけにはいかず…。

 

誰しも転職を考えた時に種類は違えど不安になる要素ってなにかありますよね?

中澤さんの場合は年齢に対してスキルや資格の無さが不安になったのですが、転職活動はどういったものだったのでしょうか?

では、中澤さんの転職体験談を紹介します。

学生時代から雑貨店の販売員として勤務

雑貨店のイメージ画像

私は今事務員として働く33歳実家暮らしの独身女性です。雑貨店で販売員をしていた私の転職体験談を紹介します。

大学在学中にアルバイトとして販売員をしていた雑貨店に、大学卒業後正社員として雇用され、そのまま9年間同じ店で働き続けていました。

 

勤めていた雑貨店は主に雑貨やアクセサリーと扱っていて、もともと好きな雑貨に囲まれて働きたいと思い始めたアルバイトでしたが、品出しなどの地味な作業も苦ではなく、中でもお客様への対応をするのが楽しくて販売員そのものを楽しんで働いていました。

自分でも欲しいと思うような商品が多かったので接客にも自然と熱が入り、どんな風に可愛くて、どう使えばテンションが上がるかなど、お客様へ説明するのは楽しいことでした。

 

接客のことだけでなくディスプレイや仕入れなども、いろいろと試して奮闘していました。

そうやってショップのことを考え動いていくうちに、やがて店舗の中核的な役割を任されるようになり、気づいたときにはアルバイトだった私は雑貨店の販売員兼店長として働くことになっていました。

アルバイトとして働いていたときと違い、店長になってからは思っていた以上にやることが毎日山のようにありました。

 

入荷する新商品の陳列を決めたり、ブログでの商品紹介、本社への売上報告、定期的にショップ内で行うイベントの企画や準備などが主ですが、中でも大変だったのがスタッフの指導でした。

新人を指導しながら店頭に立ち、いろんな業務を同時にこなしながらの仕事漬けの日々が続きました。

それでも、仕事内容は大変ですが楽しくやり甲斐もあり毎日充実感を感じていました。

3年前までは。

販売員から転職するきっかけとなったのは父親の入院

将来の心配をする女性

3年前になにがあったのかというと…父親が突然倒れ入院してしまったのです。

30歳になるまで雑貨の販売から転職を考えるということは、一度もありませんでした。それぐらい仕事が楽しかったのです。

しかし、父が入院したことで私も将来のことを考えるようになりました。

 

老いていく両親と独身の私。実家暮らしだったために家賃のことは気にせず雑貨の販売員の給料でも生活はできていました。

でも、老後の両親の生活を私が支えるということを考えると、このまま販売員の給料では生活が苦しくなるのは目に見えていました。

父親が病気で倒れたことによって、急に将来の不安が押し寄せてきたのです。

 

「好きな仕事だからというだけで販売員の仕事を続けてはいられない」

私の年齢的なことを考えても、今を逃したら転職するのがどんどん難しくなる…販売員から転職することを強く意識するようになり、転職活動をすることに決めました。

転職活動をして気付いた何もアピールできない私

転職活動で落ち込む女性

両親が年老いていく。私も年齢的に転職が難しくなっていく…。

そんなことを思い始め、長年働いてきた雑貨店の販売員から転職することを決め、とりあえず転職活動を始めてみることにしました。

しかし、この転職するにあたって私の経歴を振り返った時、さらに不安になってしまったのです。

 

それは大学を卒業して販売員しかしていなかったため、転職するときにアピールできるようなスキルや資格が一切ないことに気付いたからです。

雑貨店で9年間働いていたものの、専門の技術や資格はなく、英語が話せるわけでもない。履歴書に書ける資格はせいぜい車の運転免許ぐらいでした。

 

同じ販売員への転職であれば経歴を見てもらえれば採用されるかもしれません。しかし今回の転職は将来のことを考えて販売員以外の職業に転職するのが目的。

「こんな資格やスキルが全くない私を採用してくれる会社があるのだろうか…」

転職サイトから何社か応募をしてみたのですが、不安は的中し…採用とはなりませんでした。

友人の紹介で販売員から事務職に転職することができた。

友人に転職の相談をする女性

転職活動を続け面接を受けたりしたものの採用されない日々。

販売員の仕事をしながら転職活動をしていたのですが「転職できないかも…」という不安と焦りで、怒りやすくなったり急に悲しくなったりすることもありました。

この時期、もしかしたら雑貨店のスタッフにもキツく当たっていたのではと思うこともあり、反省しています。

 

そんな私を見かねてか、地元の建設会社で働く友人が「私が働いている会社の事務職を募集しているから話を通してみようか?」と提案してくれたのです。

二つ返事で面接を受けてみたところ…小さな建設会社だったのですが穏やかそうな雰囲気で社長さんや社員の印象も良く、働けるならこの会社で働きたい!と思いました。

 

心配していたのは事務職というこもあり、パソコンを使う仕事が主になることでした。

雑貨店でもパソコンを使うことはあったものの基本操作で済む程度。事務の仕事でパソコンを使って何をするのか検討もつきませんでした。

しかし、その紹介してもらった友人の縁ということもあって、建設会社の事務職に転職することが出来たのです。

事務職の仕事をして気付いた新しい私

販売員から事務職に転職した女性

転職できない不安や焦りで潰れそうになりましたが、今では建設会社の事務職として穏やかに仕事ができています。笑

お給料や条件面も販売員の頃よりも年々良くなり、販売員時代に父が倒れた時から感じていたの将来への不安も少しずつ減ってきました。

 

事務職をして驚きだったのが「販売員しかできない!」なんて思っていた私が、事務職の仕事を楽しんで出来ていることです。

そして自分が思っていたよりも私は数字に強くて、軽い経理関係の仕事でも楽しくこなせています。

今回の転職でそんな新しい自分にも気付くことができました。

もう少し仕事に慣れたら簿記などの試験にも挑戦しようかと考えているのですが、これは販売員時代の私では絶対想像できないことです。

 

また、建設会社での仕事なので来客なども多く、その時には販売員だった頃の接客の経験が活きて取引先の方と良い関係が作れています。

上司からは「営業をしてみてはどうだ?」なんて冗談半分に言われます。

それでも自分が販売員として培ってきた接客スキルが、事務を始める上で役に立つとは思っていなかったので、今までの経験を活かすことができるのはうれしいことだと感じています。

 

長年販売員の経験しかなかった私ですが、今になって思うのは転職が早かったらもっと可能性があったのかな?とも思います。

まだまだ事務としては新人の私ですが自分が培ってきた強みを活かし、両親を大切にしながら、新しい職場でこれからの日々を過ごしていきたいです。

販売員の経験しかないから、どんな会社に転職すればいいか分からない…

販売員からの転職に悩む女性

販売員から転職しようと思った時に悩む人が多いのが、

販売員の経験しかないために職務経歴書など特に書ける自己PRなどもなく、どんな会社に転職すればいいのか分からない。

といった悩みです。

 

自分も以前に、生活雑貨を取り扱う大手の会社で販売の仕事をしていた友人から相談されたことがあります。

販売の仕事内容というのが、主に接客と商品の品出し、それにアルバイトの勤怠管理でした。

業務上パソコンを使うことはあるものの、得にパソコンのスキルが必要といったものではなく、決められたデータを入力する程度。

 

その友人の相談内容というのが…

「将来のことを考えて何か手に職をつけられるような仕事に転職したいけど、販売の経験しかないからそもそも転職自体ができるかが不安だ。

ということでした。

 

たしかに友人が言うことも理解できます。しかし考えてみると長い間生活雑貨の販売をしていたということは、それだけ商品の知識があるということ。

そんな商品知識を豊富に持つ人材を探している企業も当然あるわけです。

しかし、求人広告を見るだけでは企業がどんな人材を求めているのかを詳しく知ることができません。

そこで友人に転職サイトではなく転職エージェントに相談に行くようすすめたところ…

インテリアデザインの事務所に転職が決まりました。

 

転職しようと思った時に「資格やスキルがない…」と思ってしまい、不安になってしまうのは販売員の人に限ったことではありません。

不安を感じながら一人で転職活動をしているとネガティブになってしまうのはよくあることです。

 

自己PRできることが無いと思っている人こそ、一人で転職活動をするのではなく転職エージェントなどを頼って客観的にあなたのこれまでの経歴を見てもらうべきです。

そうすることで一人では見えなかった転職に活かせる経験が見つかり、どんな会社に転職すればいいのかも具体的に見えるようになるはずなので。

⇒スキルや資格がない…と思っている人こそ転職エージェントに相談を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です