高卒でも年収1000万円は無理じゃない!

高卒で年収1000万は無理じゃない

「年収1,000万!」

多くのサラリーマンの人が目標としている年収ラインですよね。

言うのは簡単ですが、この年収1000万という数字…社会人になっていざ働いてみると、達成させるのはなかなかハードルが高いです。

高卒の人からすると年収1000万なんて、今回の人生じゃ無理かも…って思いますよね。

そんなこの記事を書いてる自分も高卒です。笑

 

年収1000万以上の人は高所得者とされていて、そんな人の話をテレビや雑誌などで見かけたり、実際に会って話を聞くとやっぱり、

(年収言うだけでモテるだろうなぁ)

とか、

(我慢せずになんでも買えるよなぁ)

とか下世話なことを思ってしまいますよね。笑

 

高卒で運良く就職した会社で、頑張って仕事をして給料をもらう。

これだけだと年収1000万は夢のまた夢です。

せいぜい良くても30歳ぐらいで年収500~600万が限界ってとこじゃないでしょうか。(以前の自分がそうでした。)

 

でも!高卒でも年収1000万を達成できる可能性は十分あります。

 

あ、先に言っておきます。

この記事の目的は「年収1000万になる方法」を売るとかそういう記事じゃないです。笑

ただ単に「高卒でも年収1000万は無理じゃない」というポジティブになってもらいたい記事です。

 

年収1000万になるには、資格が絶対に必要だったり、生まれ持った才能が必要というわけではないです。

高卒の人でも誰でも給料が年収1000万になれる可能性は持ってるんです。

しかし…

チャレンジする前に諦めてしまう人が多いです。

 

自分の周りにも、

「どうせ俺なんか大した大学出てないし…」

「高卒だから大卒より給料が少ないのは仕方ない…」

という風にチャレンジすらしない人も多いです。

そうなんです。これまでの仕事の経験や知識があるにも関わらず「高卒だから年収1000万なんて無理…」と諦めてる人が多いんです。

 

この記事をここまで読んでいただいてるということは、年収1000万を達成したいと思っていますよね?

高卒だから年収1000万は無理…

そんなことは絶対に無いです。

最終学歴が高卒だったとしても年収1000万円は目指せます。

 

ちなみに自分も高卒ですが、36歳の時に年収1000万を達成することができました。本業のサラリーマンだけではなく副業もやりつつですが…笑

 

そこで今回は「年収1000万円への道シリーズ。笑」と題してその第1回目、高卒でも年収1000万円は無理じゃないということについて書いてみます。

もう一度言います。商材を売りつけようとかそういう記事ではないのでご安心を。笑

高卒の給料って…悲しいけどこれが現実

高卒の給料の現実を知って泣くサラリーマン

まず最初に、高卒の人に「悲しいけどコレが現実」ということをお伝えしたいと思います。

何かというと…

厚生労働省が発表している、高卒の人と大卒の人の学歴別での給料のデータです。

とやかく説明する前に、まずこのデータを見てください。

学歴別の給料データ:男性

年齢/学歴・性別高卒・男性大卒・男性
20~24歳20万1000円22万7000円
25~29歳22万9000円26万3000円
30~34歳25万4000円32万1000円
35~39歳28万2000円37万円
40~44歳31万2000円42万6000円
45~49歳32万9000円48万6000円
50~54歳35万1000円53万3000円
55~59歳34万6000円51万3000円
60~64歳25万3000円37万3000円
65~69歳22万4000円37万6000円

(厚生労働省統計データ 平成29年

学歴別の給料データ:女性

年齢/学歴・性別高卒・女性大卒・女性
20~24歳18万3000円22万円
25~29歳19万3000円24万4000円
30~34歳20万1000円27万4000円
35~39歳21万円30万2000円
40~44歳21万6000円33万6000円
45~49歳22万3000円36万8000円
50~54歳22万7000円38万4000円
55~59歳22万5000円37万9000円
60~64歳19万7000円35万円
65~69歳19万8000円45万8000円

(厚生労働省統計データ 平成29年

詳しいデータは⇒厚生労働省のこちらのデータを

 

どうでしたか?

高卒でも年収1000万に…

ほど遠いですよね。

半分の年収500万ですら危ういラインです。

 

たとえば先ほどの賃金データを見てみると、高卒男性の給料のピークは50~54歳の時、

月収だと35万1,000円

単純に12カ月をかけて年収にすると…421万2000円

あくまでも統計データとは言え、普通に働いているだけだと高卒の人の給料は年収500万にも届かないのです。

大卒だったとしても、年収1000万にはまだまだなんです。

女性に関してはさらに、高卒と大卒で比べるだけでも給料の開きが大きいですよね。

 

そう、高卒の給料は悲しいけどこれが現実なんです。

自分も数年前に同じようなデータを見て愕然としたことがありました。

「エッ?自分の給料って頑張ってもこんなもんなの?」

なんて…

しかし!それでも目指すべきです!

 

方法を知って頑張れば、高卒でも給料は年収1000万に近づくことは出来ます。

冒頭でも紹介したように、自分は転職して副業をして四苦八苦しつつも、高卒ながら年収1000万円を達成することができました。

 

今回の記事の目的は、高卒で年収1000万を目指してる人に、将来の給料を知って愕然としてもらうのが目的ではありません。笑

高卒でも年収1000万を達成することが出来る。ということを知ってもらうのが目的です。

 

あえて悲しい現実を知らしめる高卒の給料データを引っ張り出してきたのは、

「このままじゃダメだ!」

と、危機感を持ってもらいたかったからです。

 

とはいっても、高卒で年収1000万を達成するには具体的にどうすれば良いのか見えてこないですよね。

そこでここから年収1000万になるには何をすべきなのか?ということについて、実体験を交えて紹介します。

30歳近くなると「高卒だから…」は言いワケでしかない

高卒だから…は逃げてると教える講師

思っている以上に「高卒だから」ということがネックになり、年収のことだけでなく、仕事や将来のことについてネガティブになる人は多いです。

たしかに新卒の時には高卒と大卒では差があるかもしれません。

少なからず自分も、名の通った企業に勤める大卒の友人と自分を比べた時には劣等感はありましたね。笑

 

しかし、30歳近くなってくると高卒や大卒という学歴はそれほど重要でなく、むしろこれまでの仕事の経験や知識の方が重要になってきます。

自分は今では会社で採用担当をしていますが、転職希望者の人の書類選考をする時は、履歴書に書かれている学歴はほとんど見ていません。

↓こちらの記事に詳しく書いていますが…

職務経歴書でほぼ決まる!の画像 職務経歴書で30代の転職は決まる!

 

重要視するのは職務経歴書の方で、高卒だからという理由で不採用にしたことは、これまで500人以上の人を面接してきていますが一度も無いです。

30歳近くなって学歴を理由に給料や将来の事をネガティブに考えてしまうのは、言い訳でしかないです。

 

話を元に戻すと年収1000万も「高卒だから…」といって諦めてしまうのも、言い訳にすぎません。

高卒でも年収1000万の人はいくらでもいます。

高卒で年収1000万を達成したいのなら言い訳するのをやめて、まずは考え方を変えることです。

 

具体的にどういう風に考え方を変えればいいのかというと…

例えば会社勤めで年収1000万を達成したいのなら、年収1000万の人が近くにいる環境に身を置くべきです。

魚のいない川で釣りをしても魚が釣れないのと同じで、

給料の水準が低く、年収1000万の人がいない会社で頑張って仕事をしても、達成できる可能性は限りなく0に近いですよね。

 

だからこそ、会社に勤め給料を上げて年収1000万を目指したいのであれば、年収1000万を狙える会社で働くことが絶対条件なのです。

そのためには今働いている会社だけで考えるのではなく、視野を広げて考える必要があります。

高卒で視野が狭いままだと、現状に囚われてしまう。

自暴自棄になったサラリーマン

高卒の自分が、地元の小さな食品工場からIT企業に転職したからこそ分かったことなのですが、年収1000万とまでは言わなくても高卒で給料を上げたいのであれば…

今置かれている現状に囚われずに、視野を広げるべき。

ということです。

 

どういうことかというと、

自分の場合は通信制の高校を卒業して、特にやりたい仕事もなく地元でアルバイトを始めました。

そしてその後、年齢とともに周りの友人たちも就職し始めたので、周りに流されるような形で自分も地元の小さな食品工場に就職しました。

その小さな食品工場でしばらく働き続けるのですが…

 

こうして文字にして書いてみると、

通信制の高校を卒業して地元の企業に就職…

普通と言えば普通、よくある話です。笑

 

でも、今にして思うと…

「地元」だけで完結する生活をしていたがために、視野が狭くなっていたのです。

この視野が狭くなっていることに当時の自分が気づけなかったことが失敗でした。

 

なぜ失敗だったのかというと、地元の食品工場で働いていた当時は、周りにいた友人も職場の先輩も、高卒で地元の工場や企業に就職した、環境的に自分とそれほど大差ない人達ばかりでした。

なので自分の周りには年収1000万の人なんて当然おらず、噂ですら聞いたこともありませんでした。笑

 

つまり…

年収1000万の人がどんな人なのか?

どんな仕事をしているのか?

ということすら想像できませんでした。

 

漠然と「給料がもっと欲しい!」「何でも買えるようになりたい!」みたいなことは思っていましたが、どうすれば高卒の自分の給料が上がるのか?何をすればいいのか?ということは全くわかりませんでした。

なぜ分からなかったのかというと、地元という小さいコミュニティの中だけで仕事も生活もしていたため、年収が高い人と触れ合う機会がなく、視野が狭かったからです。

 

しかし!

地元の食品工場からIT企業に転職してから視野が一気に広がりました。

 

なぜ視野が広がったかというと…

IT業界についていくためにIT関係の本・ビジネス本などを読むようになりました。

 

それに加えて、仕事の関係で大企業や有名企業で働く人達とも接する機会が増えたというのも、視野が広がった要因です。

そのため、年収1000万越えもしくは近い人と実際に話をしたり聞いたりしている内に自然と自分の視野が広がり、

 

視野が広がって分かった事

  • どんな仕事をすれば年収が上がるのか。
  • 年収が高い人はどういう仕事をしているのか。
  • 何をすれば自分の価値をあげれるのか。

 

という様な、地元で働いていた視野が狭かった時に見えなかった事が、視野が広がることで見えるようになったのです。

 

大げさではなく、地元にいた頃の高卒のままの視野が狭い状態だと、おそらく今の半分も収入は無かったと思います。

こうした経験があったからこそ、収入を上げたいのであれば視野を広げるべきだと気づけたのです。

年収1000万の人がいる会社や業界じゃないと、達成することはできない。

年収1000万を達成して喜ぶ男性

ここから、この記事の一番重要なポイントです。

「仕事を頑張れば給料はどんどん上がるはずだ!」

「とにかくがむしゃらに働けば年収1000万も夢じゃないはずだ!」

なんて考える人もいると思います。以前の自分もそうでした。笑

 

たしかに仕事を頑張るというのは間違いではないですが、ただ仕事を頑張るだけで年収1000万を達成するのは残念ながら無理です。

重要なことが足りてないのです。

その重要なことというのが…「環境」です。

 

先ほども軽く触れましたが、年収1000万が達成できる環境じゃないと、達成はまず無理です。

環境というのは会社や仕事です。

 

仕事をどれだけ頑張っていたとしても、そもそも年収1000万貰っている人がいない会社だと達成することなんてまず無理ですよね。

 

高卒の人の場合、

どれだけ頑張ってもほとんど昇給も無い…

ボーナスもほとんど出ない…

こんな環境で働いている人も多いと思います。自分が以前働いていた食品工場もそんな環境でした。

 

じゃあ高卒で会社に勤めて年収1000万を達成するにはどうしたらいいのか…

そう、年収1000万の人がいる会社や業界に飛び込んで仕事を頑張るしか方法は無いのです。

 

「高卒だからそんな会社や業界に転職なんてできない」

そう思う気持ちも分かります。

でも、本当にそうでしょうか?実際に動いてみましたか?

 

世の中には思っている以上に高卒でも年収1000万を超えている人はたくさんいます。

実際、自分の周りにも高卒で会社勤めで年収1000万の人が何人かいます。

冒頭でも触れましたが、チャレンジする前に諦めてしまう人って思っている以上に多いのです。

 

そのため「高卒でも年収1000万になりたい!」と思っているのであれば、まずは動いてみるべきです。

この動くだけでも、チャレンジする前に諦めてしまう人よりも一歩前に出ることができます。

 

しかし動く気が起こったとしても、問題が一つありますよね?

 

それは、どんな会社や業界であれば年収1000万を狙えるのかが分からないということです。

転職して年収1000万にチャレンジしてみたいけど、どう動けばいいのか分からない…

そんな人にアドバイスをするなら、いきなり転職サイトなどを見て転職するのではなく、転職エージェントに相談してみることです。

 

手当たり次第に転職サイトから応募しても、その企業での給料ってどれぐらいなのかは、求人に書いてある事しかわからないですよね?

でも、転職エージェントであれば、希望年収やキャリアプランに合った転職先を一緒に考えてくれます。

 

高卒でも年収1000万を狙える環境を知りたいのであれば、まずは転職エージェントに相談してみることをおススメします。

実際、自分の場合も2回目の転職をする時に転職エージェントに頼り、年収1000万…とまではいきませんでしたが「もしかしたら届くかも?」というラインには近づくことができました。

 

20代後半〜30代にかけては、年収を上げたりキャリアアップをしやすい時期。

薄々気づかれているとは思いますが、時間は有限であっという間に過ぎていきます。

もしあなたがここまでこの記事を読んで「高卒だけど年収1000万に近づきたい」と本気で思っているのであれば、1日でも早く転職エージェントに相談して環境を変えることです。

 

⇒日本トップクラスの求人数を誇る転職エージェントがこちら

※転職エージェントは無料で利用できます。

 

転職エージェントの仕組みについては▼こちらの記事にさらに詳しく書いています。

転職エージェントは強い味方 採用担当が教える!おすすめ転職エージェントここがベスト

 

通信制の高卒、そんな自分でも給料が年収1000万に届いた。

高卒から年収1000万を達成した体験談

さて、ここでは高卒から36歳でなんとか年収1000万に届くことができた自分のことについて紹介してみますね。

自分も高卒は高卒なのですが、私立の高校を中退したのち、通信制の高校に入って卒業した高卒です。

そのため、同じ高卒でもランクがあるとするのであれば、自分はランクが下の方の高卒かも…笑

 

ちなみに、高校を中退した理由は不良だったワケでも、引きこもっていたワケでもなく、圧倒的に勉強ができずに留年しただけです。笑

だから…武勇伝もありません。特別な才能もありません。親のコネもありません。笑

そんな自分がどうやって年収1000万を達成したのかについて体験談を紹介します。

 

通信制の高校で卒業資格を得て、適当にアルバイトをして適当に地元の食品会社に就職をして出来ちゃった結婚。その後勤めていた食品会社が倒産…

この辺りの事は、この記事とはあまり関係ないので興味がある方は▼こちらの記事を。

転職したい!の画像 30代で転職したけど・・・

地元の食品工場からIT企業に転職して世界が変わった

勤めていた会社が倒産してから、高卒で特にスキルもなく、次の仕事が決まるまではとにかく時間がかかりました。

運よくIT系の会社に転職することができ、今では偉そうに採用担当をしてたりしますが、転職活動をしてた時には、

「自分にできる仕事なんてあるんだろうか…」

というぐらい書類選考すら通過することができず、落ち込んでた時期もありました。

そして、転職したIT系の会社で仕事をしてみると、食品工場で働いていた頃とは周りの環境がガラッと変わりました。

 

IT企業に転職して変わったこと

  • 会社の規模
  • 仕事内容
  • 同僚や上司
  • 取引先の人々

 

などなど、食品工場で働いていた時とは全くの別世界だったのです。

そんな環境が変わった中でも、自分にとって一番影響が大きかったのが関わる「人」の部分でした。

同僚や上司は仕事へ対する意識が高く、取引先の人の中には有名企業や大企業でバリバリ働く。そんな人たちが多かったです。

言い方は悪いですが、自分が以前勤めていた食品工場にいた人たちとは真逆でした。

 

そんな人たちと一緒に働いていく内に、

「もっと仕事を身につけて自分の価値を高めたい!」

「年収を上げたい!」

と思うようになったのです。

キャリアアップ!給料アップ!を目指して同業種に転職、そして副業開始

それから、キャリアアップするためと給料面をアップさせたかったため同じIT関係の会社に一度転職をしました。

そしてその転職後の会社の給料と副業とを合わせて、36歳の時に年収1000万円を達成することができました。

具体的に何をして高卒の自分が年収1000万を達成できたかというと、次の2つです。

■同業種への転職で本業の給料が上がった。

食品会社から1社目のIT企業に転職した時は、高卒の30歳で年収300万円ほどでした。その後3年働き続けて年収は400万円ほどに。

 

しかし、給料はこれ以上は上がり続けないかも…と感じ、思い切って転職エージェントを利用して同業のIT企業へ転職してみることに。

転職直後は年収450万円ほどだったのですが、3年後には年収600万円ほどになったのですが、本業だけでは年収1000万円には届きませんでした。

■副業で1000万に届かない部分をカバーできた。

IT企業で働くようになってから、なぜか自分の中で

「どうしても年収1000万円を一度は達成してみたい!」

という思いが強くなりました。笑

なぜだか分からないのですが、仕事をしていく中で関わった人達の影響もあると思います。

 

本業での年収は600万円ほど、目標年収の1000万円までは400万円足りません…。

しかしどうしても、高卒の自分は年収1000万を達成したい!

そこで決意したのが副業をすることでした。

 

投資や怪しい副業をしたわけではないです。笑

どんな副業をしたかというと、

実際に行った副業

  • IT関係の知り合いの仕事を手伝う。
  • ランサーズやクラウドワークスなどクラウドソーシングでIT関係の仕事をする。

主にしたのはこの2つの副業です。

 

副業をする時に決めたのは、

本業のIT関係の経験や知識を活かせる仕事をする。

ということです。

 

なぜこの決め事をしたのかというと、

  • 本業での経験や知識があるから副業での単価も高くなる。
  • 同じIT関係の仕事をすることで、スキルアップにも繋がる。

といった、

単にお金を得るだけでなく、自分のスキルアップにも繋がる。

ということもあって、本業の経験や知識が活かせる副業をすると決めたのです。

 

実際に副業を始めてみると大変でした。笑

なにせ平日に本業が終わってから副業をする。本業の休日にも副業をする。

一週間の平均睡眠時間が3時間。なんてこともよくありました。笑

体力的にはキツかったものの、副業をこなしていく内に年収が1000万に近づいているという喜びもあったので、耐えることができました。

 

ようやく年収1000万達成。その内訳を紹介すると

そして…

副業を始めて1年半ほど経った時に、高卒から年収1000万円を達成することができました。

年収1000万を達成した内訳はというと、

1000万円の年収内訳

  • 本業での年収は650万円ほど
  • 副業での収入は300万円ほど

まだ50万円ほど足りないですよね。笑

実はこの年、本業の会社の業績が良くてボーナスが50万円支給されて、ラッキーながら本業と副業合わせて年収1000万円を達成することができたのです。

 

高卒の自分が年収1000万を36歳で達成した時は、やはり嬉しかったですね。

しかし正直なところ、自分の場合は本業と副業を合わせての達成だったので…

しんどかったです。笑

でもこの時にこれまでの人生で一番、

「やればできるんだ!」

と思いましたね。

高卒でも大卒でもチャレンジしなければ年収もキャリアも変わらない

今回は、高卒の人で年収1000万を目指したいという人に、同じ高卒の自分からアドバイス的な記事を書いてみました。

記事の最初の方にも書きましたが、年収1000万の人を「羨ましい」とか「自分もなりたい」と思っている人はめちゃくちゃ多いです。

でも、実際にチャレンジしようとする人が少なかったからです。

 

もちろん自分も「年収一千万なんて自分には絶対無理だ…」と思っていました。なにせ学歴もなく資格も全くなかったので。笑

でも、転職をきっかけに視野が広がり、仕事で出会う人が変わってきたことで、どうすれば年収が上がることができるのか?ということが次第に分かりはじめてきました。

 

自分の場合は勤めていた地元の会社が倒産したため、半強制的に転職させられたようなものだったんですけどね。

しかし、この転職がきっかけとなって今の自分があるのは間違い無いことです。

それに転職していなかったとしたら年収1000万になることは無理だったと思います。

 

高卒の人でも年収1000万円というのは無理なことではないです。

ただそうなるには視野を広げたり、今いる環境を変える必要があります。それと欠かせないのはチャレンジするために動くということです。

年収にしてもキャリアにしても動かなければ何も変わりません。

 

自分も馬鹿みたいに本業と副業をしてようやく年収1000万を達成することができました。まだまだこれから先の人生が安心できる分けではありません。

副業が無くなってしまうとスグに年収は下がってしまいますが…笑

この記事を読んでくれた高卒のあなたが年収を上げるために何か行動しようという気持ちになってもらえたのなら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です