【体験談】30代でネットショップのwebデザイナーに転職

ネットショップのwebデザイナーに転職の画像

服や食料など、ほとんどの物がネットショップで買えるようになりましたよね。ほとんどの方がネットショップで何らかの商品を買ったことがあるんじゃないかと思うのですが、今回紹介する転職体験談は、32歳でネットショップのwebデザイナーに転職をした男性Hさんの体験談を紹介します。

Hさんの経歴を簡単に紹介すると…

Hさんは関西在住の32歳の男性で、高校を卒業すると同時にアパレルの会社に販売員としてアルバイトを始め、やがて社員として働くことになるのですが会社の経営状態が悪くなり倒産。その後30代で転職をしてネットショップのwebデザイナーへとなったのですが、どんな経緯があったのでしょうか?

では、Hさんの転職体験談を紹介します。

高校卒業と同時に憧れの販売員に!

憧れのショップ店員にの画像

関西でも京都の田舎の方が地元なのですが、中学生ぐらいの時だったと思うのですが、ちょうどスニーカーブームがあり、僕もブームや周りの友人につられてスニーカーにハマってしまったんですw今思えばこれが販売員に憧れる最初のきっかけだったのだと思います。

はじめはスニーカーだけだったのですが、次第にデニムや指輪などのアクセサリーなどにもハマり始めて、高校の頃は地元の弁当屋さんでアルバイトをしていたのですが、専門学校へ行く学費を貯める予定だったのですが、そのほとんどは服代として消えてしまいましたね(笑

高校の頃は、週末になると友人達と大阪まで行き、服を見て回るというのが楽しみでしたね。次第に何人かのショップの店員さんが僕達のことを可愛がってくれたりしたこともあり、自分の中で高校を卒業したら大阪でショップ店員になりたいという憧れを持つようになりました。

地元ではそれなりに進学校と言われる高校に通っていたのですが、友人達は大学に進学していく中、僕は大阪で販売員をするという気持ちが強かったので、大阪でアパレルの販売員のアルバイトを始めました。

いきなり好きだった店の販売員になれるワケもなく、最初はよくあるアパレル量販店のアルバイトをして、その後それなりに好きだったセレクトショップの販売員になることが出来たのです。

販売員の現実、転職するべきなのか?

転職するべきなのかの画像

高校を卒業して大阪で販売員のアルバイトをはじめ、別のショップへ3度ほど転職をしたのですが、最終的には好きだったセレクトショップの正社員として働くようになりました。

20代半ば頃までは、販売員という仕事が好きで毎日が充実していたのですが、ただ気になっていたのは同年代の友人達と比べると、分ってはいたのですが僕の年収が低かったのです。

周りでは結婚をする友人もいたりして、自分が結婚するという事を考えた時に、自分一人が食べていくのもやっとな状況で今の彼女と結婚など出来るわけないと思い、販売員の仕事は好きだけど、20半ばを過ぎてくると現実的な問題が見え始めてきたのです。

「仕事を頑張って昇給すればいいんじゃないの?」

と思われる方もいらっしゃると思うのですが、正直なところ僕が働いてショップは全国展開しているセレクトショップだったのですが、昇給をしたところでたかが知れていたのです。

これは職場の先輩からも聞いていた話なので、実際30歳手前で販売員から他の業種に転職をするという人も多かったのです。

30歳目前で転職のためにスクールへ。

webデザイナースクールに通うの画像

なんやかんやで、20代半ばを過ぎても販売員を続けていたのですが、どうしても転職をするしかないという状況になってしまったのです、販売員をしていたセレクトショップの経営状況が悪化して、倒産するということになってしまったのです。

噂では社員は別会社で同じ社員として働き口を紹介してくれるとのことだったのですが、全くそんなことはなく、退職金なども無いままに29歳で無職になってしまったのです。

もちろん貯金もなくスグに仕事を探さないといけなかったのですが、「前と同じぐらいの給料の仕事をしてもな…」というのがあり、スグに別の仕事へ転職をするというのではなく、時給の良かった深夜の警備員のアルバイトをしながら、次の仕事を探すことにしました。

「次の仕事は将来に繋がるようなクリエイティブな仕事で、それなりに給料がもらえる仕事がしたい。」

という何か物を作るというのが好きだったので、漠然とした目標のようなものはあったのですが具体的にどの職業というのはありませんでした。

そんなときに、販売員をしていた時の仲間達と飲みに行く機会があり、webデザイナーに転職をした先輩からどんな仕事をしているのか聞くことができ、webデザイナーという仕事が思っていた将来に繋がるクリエイティブな仕事にピッタリなんじゃないかと思い始めたのです。

それからというものwebデザイナーについて、いろいろと調べ始めていく内にwebデザイナーをしてみたい!と強く思うようになっていきました。

先輩にもwebデザイナーについてさらに詳しく聞いたりし、先輩は独学で勉強をしたとのことだったのですが、やはり人に教えてもらう方が早いということだったので、僕もはじめは独学で勉強をしようと考えたのですが、30代目前という焦りもあって親にお金を借りてwebデザイナーの養成スクールに半年通うことにしたのです。

スクールに通い、webデザイナーの仕事をすることに。

見習いとして働くの画像

webデザイナーの養成スクールには半年通い、通い始めた頃にはエクセルを使ったことがある程度だったのですが、半年経った頃にはなんとか一人でホームページを作れるようになっていました。

ただ仕事として未経験だったこともあり、スクールを卒業してスグに仕事があるわけではなかったのです。このときにはもう30歳になっていました。

年齢のこともあってwebデザイナーとしての仕事を探すことにかなり焦っていたのですが、30歳で未経験からの採用はなかなか難しく、スクールの講師の紹介でまず見習いとして制作会社でネットショップの更新業務の仕事を担当させていただくことになったのです。

仕事自体は単純な作業だったので、思っていたクリエイティブな仕事にはまだまだ遠かったのですが、ネットショップの仕事が販売員を始めた頃のように仕事をしているのが楽しかったのを今でも覚えています。

見習いとしてそのまま半年ほどネットショップの担当として働かせていただき、それなりに知識もつき「もっと本格的にネットショップの仕事をしたい!」と思い始め、転職サイトなどでネットショップの仕事を探し始めました。

転職エージェントのおかげで…

転職エージェントのおかげでの画像

幾つかの転職サイトで、ネットショップのwebデザイナーの求人はあったのですが、一番ネットショップの求人情報が多かったのがfindjobというミクシィが運営している転職サイトでした。

ネットショップの求人自体はそれなりにあったのですが、僕が転職をしたかったファッション関係のネットショップの求人は4社程しか掲載されてませんでした。

アクセサリー関係のショップとレディースのアパレルで、4社全て応募をして面接まではこぎつけたのですが、全滅でした…(笑

経験が浅かったので仕方ないとは思っていたのですが、どうしても諦めきれず転職エージェントに相談してみることにしたのです。

エージェントの方に相談をしたところ、販売員としての経験が長いのでそれをアピールポイントにもできるんじゃないか?というアドバイスをいただき、アパレルのネットショップのwebデザイナーの求人をいくつか紹介していただいたのです。

そのうちの1社のレディースのアパレルのショップから、長年販売員をしていた経歴を評価していただき、レディースのネットショップのwebデザイナーとして採用していただくことになったのです。

この会社が今もwebデザイナーとして働いている会社です。

自分で転職活動をしていた頃は、たった半年のwebデザイナーとしての経歴を自分の売りにしていたのですが、それだけじゃダメに決まってますよね(笑

過去の販売員として働いていた経歴がwebデザイナーとして転職する時に役に立つとは思っていなかったのですが、転職エージェントの方のアドバイスで助かりました。

ネットショップのwebデザイナーの仕事を続けてみて

今ではネットショップのwebデザイナーの仕事を続けて2年ほど経つのですが、仕事にもやりがいを感じ、結果として販売員をしていた時を上回る給料をもらうことができ、結婚してもこれなら生活できるかも?という感じにはやっとなってきましたね(笑

30代目前で転職をすることになってしまい、焦りや不安などで当時は精神的にも参っていたのですが、今となっては転職することができて良かったんじゃないかと思えています。

まだまだwebデザイナーとしては駆け出しなのですが、今のネットショップの仕事をしている中で、仕事をするために家に帰って本を読んで勉強をするということが増えましたね。

正直なところ、販売員の仕事をしていた頃は生活のことを考えて一杯一杯だったので、仕事のために家に帰ってから勉強をするということは無かったですね。販売員をしていた最後の方は生活のために仕事をしているというだけだったような気もしています。

そう考えると、今の仕事は家に帰って勉強をしてでも続けたいと思っているので、自分に合っているんだと思います。

まだまだ始めたばっかりなのですが、将来的には自分のネットショップを持って独立をするなんて考えたりもしています。

30代になってやっと自分が好きだと思う仕事に出会えたわけですが、あきらめずにトライしてみるもんだなというのが、この歳になって始めてわかりましたね(笑

ネットショップのwebデザイナーに転職の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です