【体験談】銀行員からクリエイティブな働き方を求め転職

マニュアル化された銀行員からの転職

職業が銀行員と聞くと、多くの方が

  • エリート
  • 頭がいい
  • 高収入

と言ったことを思い浮かべるのではないでしょうか。

 

しかも「30代の銀行員」ともなると、将来の不安も少なく安定している。なんて思いますよね。

様々な仕事の中でも銀行員は、安定した堅い仕事のイメージがあります。

 

しかし、もう一つの「硬い」イメージもありますよね。

お金や金融商品を扱う仕事だけに、仕事内容が硬くマニュアルに沿った仕事になってしまうのは仕方のないことです。

 

今回紹介する転職体験談は、そんな銀行員の硬い仕事が嫌になり、もっとクリエイティブに仕事がしたい!と転職をした男性、片平さんー仮名ーの転職体験談です。

片平さんのプロフィールを紹介すると…

片平さんのプロフィール

片平さんは新卒で地方の銀行に就職をします。新卒採用の面接の場でも、面接官と話をして「銀行員でもクリエイティブな働き方ができる」と感じていました。

しかし、業務が始まってみるとクリエイティブさはあるものの、マニュアルに沿った硬い仕事が多かったのです。

次第に片平さんはマニュア通りの銀行員の仕事が嫌になり、転職エージェントを利用して転職活動を始めるのですが…

 

世間からしてみると安定しているはずの銀行員。そんな銀行員の職を捨ててまで
片平さんはどんな仕事に転職をしたのでしょうか?

また片平さんの場合は地方に勤めていたため、転職活動がなかなか難しい事だったのですが、どんな転職活動をして転職をしたのでしょうか?

それでは30代で銀行員だった片平さんの転職体験談を紹介します。

クリエイティブに働きたい!銀行員から転職

自分に合った働き方をしたい

私は、大学を卒業後して新卒で銀行に入社し店舗や本部業務などに携わっていました。

しかし、30代になった時にふと何か漠然とした不安のようなものを感じ始めたのです。

 

両親からも仕事について「どんなにつらくても3年はいないと、その仕事の本質は分からないよ」口うるさく言われていました。

銀行に就職した1年目辺りから「もう辞めたい」と思うことが何度もあったのですが、

「せめて3年間は…」

という言葉を思い出し、ガマンしていました。

 

辞めたいという気持ちがある時に限って職場の銀行では異動があり、モヤモヤしたままもなんとか仕事を続けることが出来ていました。

まるで私の辞めたい気持ちを銀行側が察しているかのように、異動のタイミングが良かったのです。笑

銀行を辞めたいという気持ちを持ったまま、次第にこんな気持ちのままで仕事をしていては自分は成長できないと感じはじめました。

 

私はどちらかというと、クリエイティブな働き方に憧れていたのです。

クリエイティブと言っても、アーティストのような生き方をしたいという事では無いです。

私の場合は決められたマニュアルや決まり事には沿って仕事はするけれど、そこに自分なりのやり方やアイデアを加えて仕事をしたかったのです。こういうクリエイティブさです。

「そもそも銀行でクリエイティブな働き方なんてできないんじゃないの?」

そう思われると思います。

しかし、就職の面接の時にはクリエイティブな働き方という可能性を否定されなかったのです。

だから私は「銀行でもそういった働き方ができるんだ!」と思い、期待しつつ入社したのです。

 

期待しつつ入社したもののフタを開けてみると、毎日の目標・毎期の目標に追われる始末。

「このままではクリエイティブな働き方どころか、自分らしさまでも失ってしまう。」

そう感じて、30代になってから銀行員から転職をしたのです。

結果としては、今の金融業界の不安定さをニュースなどで聞くと「あの時自分の直感を信じて転職して良かった」と思っております。

 

前置きが長くなってしまいましたが、今回は銀行マンだった私の転職体験談を書かせていただきます。

銀行員時代のマニュアル化された業務内容

銀行員の自分の仕事がお客様の役に?

転職前の銀行マン時代にしていた業務内容について少しお話すると…

私が担当してた業務は、主に個人融資や法人融資を行っていました。

その当時は投資信託や保険などの販売も始まった時期で、そちらの業務の担当もしていました。

 

融資の業務に関しては、案件が常に転がっている訳ではありませんが「お客様のために!」と窓口や訪問先などで、積極的に業務に取り組んでいました。

お客様のお話を伺い、現場に足を運び、本当にお客様に必要なものを購入するための資金を融資することは思っている以上に労力のいることです。

でも、担当している地域の人たちに寄り添っているという事を感じられた仕事でもありました。融資の業務に関しては。

 

しかし、投資信託や保険など金融商品の業務に関しては話は別でした。

私自身、若いうちからの資産運用をすることは非常に大事なことだと思っています。

そのため業務ではお客様のニーズ喚起や誘導などを行い、顧客の同意を得た上で販売をしていたはずでした。

でも後になって振り返ってみると「本当は必要の無い方にまで売っていたのかもしれない」と思うことがありました。

 

また、投資信託や保険の販売方法は、銀行や自身を守るためにマニュアル化された方法で販売するのが決まりでした。

このお客様のニーズに関係なく、マニュアル化された売り方をしないといけないという事に、私の良心がすさんできたのです。

全てがマニュアル化されクリエイティブさが無いこと。お客様のニーズに関係なくただ商品を売るだけということ。

融資の業務とは違い、お客様に寄り添い、お客様の役に立っているとは到底思えませんでした。

 

しかし、日々のノルマは待ってくれません…

自分が行っている業務への不信感、日々のノルマへのプレッシャー。

「このままではダメだ」

私は銀行員をしながら転職活動をはじめることにしました。

銀行で働きながら、しかも地方…頼みは転職エージェント

面接日程が合わない…転職エージェントに

転職活動をはじめることにしたのですが、私の場合は銀行員をしながらで、しかも勤務地が地方の店舗だったこともあり、転職活動を行うのは簡単ではありませんでした。

実際に自分でも転職サイトなどから応募をして面接にも出向いたのですが、銀行業務をしながらだったため、まず面接の日程を合わせることが難しかったのです。

土日に面接をしてくれる地方の企業はそうはありません。

 

そのため面接を受けるためには少なくとも2週間ほど前から業務を調整する必要があったのです。

こんな調子では転職どころか、面接を受けるだけで1年なんてスグに過ぎてしまうと感じました。

 

「先に銀行を辞めてから転職先を探す。」

「休暇を取って集中的に面接を受ける。」

こうした方法も考えたのですが、地方店舗で行員の数も少なかったため、できませんでした。

その間にもあれよあれよと日々は過ぎてゆき、業務に対する不信感や自分の不甲斐なさは募ってゆくばかり。

どうしたものかと考えた私は、検索でたどりついた転職エージェントを頼ってみることにしたのです。

 

銀行マンをしていたため、ヘッドハンティングなどは知っていましたが、恥ずかしながら転職エージェントの存在を初めて知ったのがこの時でした。笑

転職エージェントを利用しようと思った理由は一つです。

企業側との調整をしてくれる。

この点が私にとっては転職するにあたりネックになっていたので、まさに転職エージェントと私のニーズが一致したのです。

 

しかし、後々気付いたのですが、転職エージェントを利用して良かった点は「企業側との調整をしてくれる」という部分だけではなかったのです。

私は転職後の希望職種として、銀行業務の経験を活かした、会社の経営を見ることが出来る立場である経営企画などのポジションを希望していました。

興味があった職種でもあり、今後のキャリアアップにも最適だと考えていました。

 

ただ、私が希望している経営に関与するような業務となると、転職サイトや企業の採用情報などには記載されていないことがほとんどなのです。

しかし転職エージェントは、経営企画のような経営に直結するような職種の求人も請け負っていたのです。

この点は予想していなかったのですが、転職エージェントを利用して正解でした。

 

転職エージェントと面談の日程を決め、銀行の営業時間が終ってから19時過ぎ頃から電話で面談をしてもらいました。

かなり細かく私の現在の状況や転職先の要望を聞いていただけました。

電話での面談だったため、職場にもバレにくいというのも安心感がありました。

 

転職エージェントに提出資料は、履歴書と職務経歴書でした。

私の人生で今回の転職が初めてでしたので、初めて書く職務経歴書には時間がかかりました。

というのも、現職が銀行員ということもあって、銀行での業務内容をどこまで書いていいのか?という判断が難しかったのです。

たとえば、融資実績なども具体的な先方の企業名を書くことも可能です。しかし具体的に書いては情報漏えいになるのではないか?など考えることが多かったのです。

そのため職務経歴書に書く私の業務的な実績に関しては、転職エージェントと電話で相談しながら、書いて問題の無い範囲でなおかつ自分の実績を最大限アピール出来る内容で書き上げました。

 

今にして思うと、銀行員でもない人が私の実績を見ても、その実績が他の銀行員と比べて優れているのか劣っているのかは分からないと思います。若干気にしすぎていた部分はあったかもしれません。笑

でも、出来上がった職務経歴書は我ながら良い経歴書が出来たと思いました。

この点でも転職エージェントから、嘘を書かずに自分を最大限良く見せる書類の作成方法を学びました。

 

出来上がった履歴書と職務経歴書を転職エージェントに送り、その後も転職エージェントと電話やメールで連絡と取り合い、細かい相談や要望を伝えました。

2週間程経った頃、転職エージェントから連絡が入りました。

私の希望する職種で人材を探している企業が見つかった。

とのことでした。

話を聞いてみると、私が銀行員だということもあって書類審査はかなりの割合で通過したようでした。この時ばかりは銀行員だということに感謝しました。笑

その後も数社から連絡をいただき、転職エージェントから送っていただいた先方の企業の資料を元に、面接を受ける企業を決めました。

 

面接を受けることを決めた企業を転職エージェントに連絡すると、企業と私の日程調整も転職エージェントが行ってくれました。

そして日程が決まり、後は私の予定を調整するだけだったのですが、これが少し面倒だったのです。

というのも、私が面接を受けることに決めた企業は遠方で、休みを取って面接に訪問する必要があったのです。

 

銀行に休みを申請すること、時間を確保すること、怪しまれないことを気にしないといけいない必要がありました。

銀行は短期間で数回も休み取らせてくれませんから。そこもなんとか工面して、休む理由については嘘もつきました。

今考えてみると仕事は滞ってないのに休み取らせない環境は、どうかと思いますよね。

 

忙しい時期でもあったので上司や同僚に「怪しまれているかも…」と思いつつも一次面接へ出向きました。

面接を受けるのは銀行員になった新卒の時以来でした。

銀行業務で融資をする時に面談をしたこと何度もありましたが、久しぶりに自分が受ける面接は緊張しました。

ただ、どういった内容の面接なのかは、あらかじめ転職エージェントから大まかに教えていただいていたので、質問された内容に関してはしっかりと応えることができました。

 

一次面接は無事に突破することが出来ました。続いて社長面接が控えていました。

転職、そのうえ経営企画という部署ということもあって、社長面接を後日受ける必要がありました。

社長面接があることは、あらかじめ聞いていたので問題なかったのですが、問題は日程調整です。

 

一次面接でも仕事を休んだため、立て続けに社長面接を受けるために休みを取る必要がありました。

有休は十分に余っていたのですが、そうなんです私の銀行は休みがとりにくいのです。

しかし、社長面接を受けないことには先に進めません。

上司に休むことを伝えました。

「これが最後だからな。これ以上休むとどうなるかわかっているね。」

と上司に勢いよく言われ、かなり萎縮していたことを覚えています。

 

こんな状態を脱却するためには何がなんでも通過したいと願い、社長面接に挑み、無事希望企業の社長面接を通過しました。

(後から聞けば、社長面接は顔をみるだけというお粗末なものでしたが、そのときは分かりませんでしたので緊張しました。)

 

転職することが確定し、退職することを上司に告げたのですが、あっさりと退職することを承諾してくれたのですが、これはこれで「冷たいな…」と感じた部分もありました。

転職先は銀行とは別世界。しかし私の転職は成功でした。

銀行員から転職をして正解だった。

転職先は全く知らない土地でした。しかし望んでいた職種とポジションにつくことが出来て満足でした。

新しい職場は銀行とは違い、かなりラフさがあったので、最初は正直戸惑いがありました。

服装に関しても銀行では当然のようにスーツだったのですが、現在の職場ではジーンズ以外はOKです。

 

そして、職場の自席でも飲食がOKというのは驚きでした。

銀行ではお客様から見えないところでコソコソと飲食をしないといけないので、喉が乾きやすい自分には最高な環境でした。

新卒から銀行員として働いていたため、転職先では驚きの連続でした。しかし、「これが良いんだ!」とモチベーションは上がっていました。

 

生まれ育った場所から遠くはなれてみる景色も新鮮で、最初のうちはゴミ出し方法や近所の小中学校の登下校方法に違和感や不慣れなども感じながら、しばらくすると馴染めるもんだなと思いながら生活していました。

働き方もある程度自由な裁量とやり方を任せてもらえ、また銀行出身という信頼感も持っていただき、かなりの部分の仕事を任せてもらえました。

この信頼して仕事を任せてもらえる事も大きかったのですが、そこにプラスアルファして自分の企画力を存分に発揮できることが何よりも満足でした。

 

ただ、仕事自体は初めてのことばかりで、慣れない事や勉強不足があったため残業などが続き、転職した当初は仕事をして家に帰って寝るだけの生活が続きました。

しかしそれも3ヶ月程すると次第に慣れてきて、かなりの部分の仕事を任せてもう事ができました。

その成果は、転職後初めての査定時にベース給与アップという形で反映され非常に嬉しかったことを覚えています。

慣れない環境に馴染むのは当然に時間がかかりますが、銀行のときに味わえなかった経験や達成感を仕事で得ることができて非常に満足いく転職でした。

 

私の転職活動を振り返ってみて、転職エージェントの方とは、相性もあるかと思います。

結局のところ、私が転職活動をして転職先が決まる間に、転職エージェントの方と実際に会うことは一度もありませんでした。

後々考えてみると、不思議に感じたことですよね。笑

 

転職先の業務が落ち着いて1年位した後に、感謝を伝えに転職エージェントの方にご挨拶にいったことがあります。

初めて会ったときは、思った感じと違ったので戸惑いましたが、先方も覚えていただいていたので嬉しかったです。

 

転職は、思い立ったからすぐできるというものではないし、希望の業種につくことは難しいかもしれません。

だからこそ、自分が今何をしたいか考えながら出来る限りの行動をするべきだと思います。

転職サイトや転職エージェントそれに転職情報誌など、転職に利用できるものは現在ではいくつもあるはずなので。

マニュアル化された銀行員からの転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然の会社の倒産で転職をするしかなくなり、食品会社から全くのみ経験でIT企業に転職。その後もキャリアアップのために1度転職を経験し、自らも3回の転職経験が。 現在はIT関連の企業で採用担当を兼任しており、採用担当ならではの目線で30代の転職に関するコトを紹介します。