【体験談】人間関係が原因で公務員から転職

人間関係が原因で公務員から転職

最近では、若い人の就職希望先でも人気の高い公務員ですが、今回紹介する転職体験談は33歳で公務員から社労士事務所へと転職をされた男性、宇治原さん(33歳)ー仮名ーの転職体験談です。

 

宇治原さんのプロフィールを簡単に紹介すると…

宇治原さんのプロフィール

宇治原さんは大学卒業後に大学院に進み、地元の市役所に勤務をすることとなり結婚をして頑張っていたのですが、次第に市役所内での人間関係が悪くなってしまい、耐えきれなくなって社労士事務所へ転職をすることに。

転職する一番のきっかけになったのはズバリ人間関係なのですが、その人間関係を崩す原因となったのは仕事ができない自分への苛立ちだったのです。

 

今であれば多くの方が羨ましく思うよな市役所勤務の公務員。公務員からの転職は上手く行ったのでしょうか?

また、実際市役所での仕事内容というのはどういうものなのでしょうか?その辺りの話を交えて、今回は公務員から転職をしたUさんの転職体験談を紹介します。

 

市役所での公務員としての仕事内容

安定を求めた市役所での仕事内容

今回は市役所勤務の公務員だった私の転職体験談をお話しします。

現在公務員の方で転職を考えている方、もしくは公務員になろうとしている方の参考に少しでもお役立ちできれば幸いです。

 

簡単に私が市役所で働くまでの経緯をお話すると、

高校を卒業し地元近郊の大学に進学をして大学院に進み、市役所に就職をしたという感じでした。

 

特に公務員になりたい!といった願望は当初はありませんでした。そのため就職活動もして企業の面接なども受けていたのですが、特に何かしたい仕事があるというわけでもありませんでした。

しかし、この就職活動をしている頃から、どこかしらに「安定したい」という思いがあったのかもしれません。

ごくごく普通の家庭で生まれ育ち、私は3兄弟の末っ子で私が大学を卒業する頃には両親もそれなりに歳をとっていたので、市役所で働くことが決まった時には相当喜んでいました。

年配の両親からすれば、末っ子である私が安定した公務員になったということで「ようやく子育てが終わった」とホッと肩の重荷が降りたのだと思います。

 

市役所での最初の配属は国民年金課の庶務係でした。

仕事内容はというと勤怠の管理、いわゆる残業時間の管理、備品の補充、あとは年間予算の資料作りのお手伝いなどでした。

 

具体的には、毎日過去に作られたものを参考に稟議書を作り、ハンコをもらうのです。一般企業とは違うかもしれないのですが、市役所ではちょっとした備品を発注するのにも稟議書を作る必要があり、日々この稟議書を作ることをしていました。

あとは会議や出張のための決済なども行い、市民のための仕事というよりは市役所で働く同じ課の人のために仕事をしているという感じでした。

 

当時の給与の方はというと、大学院卒でアパートを借りていましたので、基本給+住宅補助+通勤手当(駐車場代なども含む)で28万くらいでした。地方だったこともあって地元にしては恵まれた条件の仕事でした。

市役所での公務員という仕事は、恵まれた条件だったのは間違いないのですが、私にとってのやりがいは?というと全く別物だったのです。

公務員から転職しようと思ったきっかけ

やりがいが無く人間関係まで悪化

市役所で仕事をし始めて数年は順調でした。

公務員だということもあり、一般企業と違って会社の業績に左右されることもなく毎年ボーナスも支給され、安定した生活をしていました。

30歳の時には結婚をしたのですが、結婚をした後もこれといった不自由もなく順調な生活でした。

 

しかし、あまりにも毎日が単調すぎたのです。次第に仕事自体に意味を見出すことができなくなってきたのです。

仕事内容も同じことの繰り返しで「ちょっと賢いロボットでも自分と同じことができるのでは?」と思うような日も多々ありました。(笑)半分鬱のような状態になっていたのだと思います。

 

自分の仕事に意味を見出すことができなくなってくると、仕事にも全く身が入らなくなってきます。

市役所なので書類に抜け漏れなどがあってはいけないのですが、今まで難なくこなせていたようなことができなくなってしまい、稟議書などを抜け漏れなく、決められた通りに書類をつくるということができなくなっていたのです。

仕事に対して集中力が全くなくなってしまっていたのです。

 

とは言っても、稟議書を含め書類を書くのが仕事ですから、毎日毎日、自分が書いた書類の書き直しをしていました。

自分のミスで書き直しをしているのですが、自分への不満が日々高まってきます。当然上司からもミスを指摘される回数も増え、部署内でも「またアイツかよ…」みたいな冷たい目で見られているような気がし始めていたのです。

 

仕事終わりに別部署の同期と酒を飲む席などでは、職場の愚痴を言うばかりでした。ここぞとばかりにストレス発散のために愚痴ばかりを言い、家に帰っても妻に愚痴を言ってました。

 

それでも「恵まれた公務員なんだから」とか「他にできることなんてないんだ」と思い、仕事は続けていました。

しかし、ふと我に返った時に「自分は一体何をしているんだろうか…」という思いも込み上がってくることがあり、自分の仕事に自信を持つことすらできなくなることも。

 

そんな気持ちで仕事を続けていくと、次第に職場の悪いところをばかりと探すようになりました。

私が務めていた市役所では年功序列の力関係が特に強く、これも私が不満を抱くポイントでもありました。

これまでは市役所に不満があっても我慢をしていたのですが、上司に反発をするが当たり前のようになり、家に帰って妻にまで八つ当たりしてしまう始末。

 

そんなことをしていると職場でも私は浮いてゆき、周りの人ともほとんど口を聞かないような状態になってしまいました。

露骨なイザコザなどはありませんが、「自分が居ない方が仕事がスムーズに進むのでは…」と思い始め完全に居場所がない状態になっていました。

 

その頃にはもう市役所での人間関係自体がストレスになってきて、会議がある日には仕事を当日欠勤することも。

もはや仕事をできる状況ではなくなり、人間関係を理由に市役所を退職することにしました。

 

人間関係が原因で転職を考える人は多い
宇治原さんー仮名ーの場合、仕事に意味を見出せなかった結果、人間関係が悪くなってしまい退職という道を選ぶことになりました。

女性の場合に、女性が多い職場に務めていると「人間関係が…」と仕事を辞める人が多いのですが、最近では男性でも人間関係が嫌になって転職を考える人が多いです。

人間関係が嫌になり、次第に仕事をする気力まで失い、自分を責めてしまい精神的に追い込まれる人も少なくないのです。

市役所を辞め半年かけての転職活動

転職活動で見つけたやりたい仕事

市役所を辞めてスグの頃は、結婚をしていたにも関わらず、体調が良くない日が続きなかなか次の仕事を探す気にはなれませんでした。

安定していた公務員時代の貯金を切り崩し、無職のまま家族3人で生活をしていました。

 

しかし、市役所を辞めて半年ほど経った時に大学院時代の友人たちと飲む機会があり、その時に「友人たちは頑張って仕事をしているのに自分は…」と言う気持ちが出てきて、転職活動を本格的に始める決意をしました。

 

転職活動はパソコンやスマホを使って求人などを探していたのですが、市役所に勤務していた時の経験が活かせるような仕事もなく、ハローワークへも足を運びました。

転職先として考えていたのは、特にやりたい仕事と言うのはなかったので、将来のことを考えて給料面などの条件が良いところと、仕事にやりがいがあるような会社に転職をしたいと言う2点だけでした。

人によると思うのですが、私がしていた市役所での仕事はやりがいを感じることができませんでした。そのため仕事を通じて人の役に立てるような仕事をしたいと望んでいたのです。

 

ネットの転職サイトを見てハローワークに通う、この生活をしばらくの間続けていましたが、自分の希望に会うような転職先はなかなか見つかりませんでした。

退職をしてから10ヶ月ほど経とうとした頃だったと思うのですが、転職先が見つからず悩んでいた私は家でたまたまテレビを見ていたのですが、その時新人の社労士の特集のようなものが情報番組で放送されていたのです。

 

私が市役所に勤めていた時は国民年金課で仕事をしていたので、社労士の仕事に興味があったのです。番組を見ているうちに次第に社労士の仕事に引き込まれ、番組を見終わった後で「コレかもしれない…!」と社労士の仕事にどんどん興味をもち始めたのです。

それからは、転職サイトやハローワークで、求人をしている社会保険労務士の事務所を転職先の第一候補として探したのですが、ほとんどのところが社労士の資格が必要なところばかりでした。

冷静に考えれば当たり前のことですよね(笑)

これから資格をとって勉強しようと思っている人を求人にかけるなんてことは、ほとんどの社労士事務所がしていませんでした。

 

それでも自分でも初めて「この仕事をしてみたい。」と思った仕事だったので、近郊の社労士事務所に片っ端から働かせてくれないか?という電話をしてみたのです。

電話をしてもほとんどが門前払いの状態だったのですが、1つの社労士事務所が私が市役所の年金課にいたことを興味を持ってくれたのです。

その後履歴書や職務経歴書などを送り、面接をしていただき「本気で社労士の仕事をしたい」ということを伝え、事務員として仕事をさせていただけることになったのです。それが現在の職場でもあります。

 

どんな仕事がいいか分からない…そんな時こそ
転職をしたい!でも自分にどんな仕事が向いているのか分からない…という30代の人は多いです。

そんな時に勢いに任せて転職をしてしまうと「転職しない方がよかったかも…」なんてことにも。

自分に向いている転職先を探す!のは、一人ではなかなか答えが見つからなかったりします。そんな時こそ転職のプロ、転職エージェントに相談をして、あなたのこれまでの経歴や経験をもとに希望に合った転職先をサポートしてもらいながら探すのがベストです。

事実、転職エージェントを利用して転職をした人の方が、希望に合った転職先を見つけられる可能性が高いです。

 

社労士事務所に転職をしてからのこと。

転職で変わった仕事へのやりがい

私が転職をした先の社労士事務所の先生は、自作の経理ソフトを開発をして販売したり、行政書士の資格も持っていたり、さまざまな業務を行っていました。社労士事務所の中でも比較的柔軟に何でも業務を行っていました。

社労士事務所で働きだした頃は、結婚しているということと前職が国民年金関係の仕事をしていたということもあって、給料面は優遇していただき市役所時代に近い24万ほどでした。

市役所時代の住宅補助などはなくなりましたが…笑。

 

仕事内容はというと、社会保険労務士の仕事は書類作成の代行がメインの仕事で、健康保険や厚生年金の取得や喪失の手続きを行います。その手続きのサポートなどをしていました。

それに加えて、社労士になりたかったため勉強することも多く、さまざまな補助金のことを勉強したり、国民年金についてのことを一から勉強し直したりと、社会保険労務士の資格取得のために勉強を本格的にはじめました。

 

あと事務所では給与の処理の代行などもパソコンで行っていました。所長の先生と取引先へ同行させてもらったり、自分で社会保険事務所をまわったりと入社した当時から忙しかったです。

その後私も無事に社労士の資格を取得して、引き続き同じ事務所で社労士として働いて今に至るという感じです。

 

市役所で仕事をしていた時は

「自分の仕事が本当に世の中や市民の方の役に立っているのか?」

という疑問がつきまとっていました。

しかし今は、社労士という資格を取得したこともあり、市役所で仕事をしていた頃よりも自信を持って毎日を過ごせています。

 

市役所を辞めた当時の本当のことをいうと、両親から辞めることをもったいないと反対されたり、友人たちからも、折角受かったのに…というような声が多かったです。

私自身も市役所を辞めた直後は「辞めなかった方が良かったのでは…」と後悔するような日も多々ありました。

 

でも、自分で安定を求めておきながら言うのも何ですが「仕事にやりがいというのは間違いなく必要です。」今考えれば勢い余って市役所・公務員を辞めてしまったと言う部分もあったことは間違いないです。

ただ、今の自分はというと先ほども書いたように、社労士として自分に自信を持って仕事をすることが出来ているので、あのまま続けて嫌々市役所で仕事を続けるよりも良かったと断言できます。

 

30代になって家族もいる中で安定した職場を捨てた訳ですが、仕事に対しての自信を持つことと言うのは大事なんだなと実感しました。

多くの人は1日のほとんどの時間を仕事に奪われてしまいます。その仕事が苦痛だと感じているのであれば人生がもったいないですよね。私と同じようなことはオススメはしませんが、少なくとも自分が自分の仕事に自信を持つと言うことは大切だと思います。

人間関係が原因で公務員から転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です