シングルマザーで仕事や転職に悩んでる人へ。仕事探しで失敗しないために!

子供と写真を撮るシングルマザー

今回のテーマはシングルマザーの仕事と転職にスポットをあてて、子供を育てながら働くという状況で、仕事と子育てのバランスを取るためにはどんな仕事が正解なのか?転職を考えているシングルマザーに転職活動をいきなり始める前に知っておいて欲しいことについて紹介します。

子供の成長のことを考えると、今のままの収入だと不安

転職したいけど、勤務時間や休日が合うところが見つからない

給料が良い仕事が良いけど、子供との時間も大切にしたい

などなど、シングルマザーの仕事や転職は、自分一人の都合だけでなく子供の都合にも合わせて転職先を見つける必要があるので、なかなか決まらく悩んでいる人も多いです。

そんなシングルマザーの仕事探しや転職についての悩みをスッキリさせます!

 

実際に自分も採用担当をしているため、シングルマザーの書類選考や面接も担当してきました。

ちなみに、自分も小学校高学年の時から母子家庭となり、中学高校はほぼ祖母に育ててもらいました。

自分が採用の現場に立って、これまでにシングルマザーの女性を4人採用したことがあるのですが、その中で感じたのは…

 

シングルマザーが仕事を選ぶのは、一般の女性よりもかなり限られた範囲の中で仕事を選ぶ必要がある。

ということです。そしてもう一つ、

実家に頼ることのできない母子家庭の場合は、子供のためにも将来性のある仕事選びや転職をする必要がある。

ということです。

こうして見るだけでも、シングルマザーの仕事や転職先を選ぶのが難しいというのは十分に分かりますよね。

しかし、それでも限られた範囲の中から仕事を見つけ、子育てと仕事の両立ができているシングルマザーがいるのも事実です。

 

シングルマザーでも仕事に不安を感じている人と、仕事も充実して人生を楽しんでいる人がいる。

両者の違いは何かというと、自分が採用担当をしていて気づいたのは、

仕事探しの段階からすでに差がついてしまっている。

ということです。

 

正しい仕事の探し方

 

シングルマザーだからといって、ただ働ければ良いという訳ではないですよね?

子育てに時間を取ることができて、なおかつ仕事にもやりがいがあった方が将来性も見出せます。

 

今回はシングルマザーの仕事の選び方と転職について、採用担当ならではの目線で紹介します。

シングルマザーが仕事を選ぶ時こそ、選ぶ仕事の視野を広く持つ。

青空の下を歩くシングルマザー

 

シンママこそ

 

シングルマザーだし資格を持ってないから…

母子家庭だから仕事を選ぶ余裕なんてない

この言葉、自分がこれまでに面接をしたシングルマザー数人が言ってた言葉です。この記事を読んでいるシングルマザーの方も身に覚えがありませんか?

ちなみに「シングルマザーだから未経験の仕事に応募しても採用されない」と言っていた人は、自分と同じ部署で今もバリバリ働いて子育てと両立できています。

 

シングルマザーこそ仕事を選ぶ時は視野を広く持つ。

ということについてですが…なにも難しいことじゃないです。

 

「シングルマザーだから」「母子家庭だから」ということにとらわれて、選べる仕事の範囲を狭めてしまっていませんか?

もちろんシングルマザーが仕事を選ぶ時には、給料のことだけではなく子供との時間を合わせる必要があることは理解しています。

しかしそれでも、

シングルマザーの人は自ら選べる仕事の範囲を狭めてしまっている人が多いんです。

 

 

選べる仕事の範囲を狭めるとはどういうことかというと、たとえば…

仕事の範囲を狭くする原因

  • 求人広告に書かれている勤務時間だけを見て合わないと諦める。
  • シングルマザーだから独身女性と同じような仕事はできないと考えてしまっている。
  • 生活圏の中だけで仕事を探そうとしてしまっている。

こうしたことが選べる仕事の範囲を狭めてしまっているのです。

 

「シングルマザーだということで仕事を選んでいられない」とか「シングルマザーだから採用されにくい…社員になりにくい…」なんて先入観を持っていませんか?

ネットやSNSでシングルマザーの仕事について調べてみると、シングルマザーの仕事に対してのネガティブな意見がかなり多く出てくるので、こうした先入観を持ってしまうのは仕方ないかもしれません。

この「シングルマザーだから」「母子家庭だから」という先入観に仕事を選ぶ範囲を狭められてしまっている人が多いです。

シングルマザーの先入観が邪魔を

 

シングルマザーだったとしても、企業で男性と同じように仕事をして、仕事と子育てを両立させている人もいますよね?

それにシングルマザーだったとしても、本当にやりたい仕事ができている人がいるのも事実です。

 

まずシングルマザーが仕事を選ぶ時には「私はシングルマザーだから」という先入観や引け目を取り払って、仕事を選ぶ選択範囲を広く持つべきです。

無責任に「視野を広く持った方が良い!」なんてエラそうに言ってるわけではありません。笑

視野を広く持って、どうやって仕事を見つけるのかという方法についても、後ほど詳しく紹介します。

シングルマザーの仕事選び。その仕事は続けられる?キャリアアップできる?をまず考えて

仕事のポイントを伝える女性

シングルマザーのあなたが仕事を選ぶ時、どんなポイントを基準に仕事を選びますか?

「子供の保育園や学校との時間を考えて」

「残業がなさそうなところをまずピックアップして」

などなど人によって基準はそれぞれありますが、シングルマザーの場合は

仕事を選ぶ基準

  • 子供の生活と時間が合う
  • 残業がなく土日祝は休み
  • 福利厚生がしっかりしている

といった部分をまず最初の基準にして仕事を選んでいる人が多いです。

 

子供を一人で育てているため、時間や残業がまず選ぶポイントになるのは仕方ないことで、間違ってはいないのですが…

この勤務時間や残業などを仕事選びの最初の基準にしてしまうと、先ほどの項目で書いたように選べる仕事の範囲を狭めてしまうことになるのです。

それに加えて、仕事をしてみたもののやりがいを感じられず長く続けることができない…単純作業ばかりで何も身につかなかった…なんてことになってしまう可能性も。

こんな状況になったからといって、すぐに転職することはできませんよね。

 

だからこそ、シングルマザーが仕事を選ぶ時の最初のポイントは次の2つを基準に考えるべきです。

ここがポイント!

  • やりがいを感じて長く続けられる仕事か?
  • 将来性のある仕事で続ければ給料アップやスキルが身につくか?

というポイントです。なぜこの2つのポイントが必要なのかそれぞれ説明すると…

やりがいを感じて長く続けられる仕事を選ぶ。

仕事にやりがいを感じてるシングルマザー

母子家庭で子供が成長することを考えると、仕事を長く続けられるということが重要なポイントです。

シングルマザーの場合、採用自体がある程度ハードルが高いのは否定できません。

 

そのため採用されたものの仕事にやりがいを感じられないからスグに転職…というワケにはいかないですよね。

それに、シングルマザーに限ったことではないですが、年齢とともに転職は難しくなります。

子供の成長を考えると、シングルマザーはやりがいを感じて長く続けられる仕事を選ぶ必要があります。

将来性のある仕事で、給料アップやスキルアップが見込める仕事を選ぶ。

給料やスキルアップに繋がる仕事を

先ほどの仕事を続けるということにも関係しますが、子供の成長とともにやはりお金もかかってきます。

とりあえず仕事は見つかったものの、将来性がなく給料アップなども見込めないとなると…子供の成長にしたがって給料を上げるために転職、もしくはダブルワークしないといけない。なんてことにも。

 

しかし、将来性のある仕事で給料アップやキャリアアップができる仕事ならば、仕事を続けていく内に給料も上がって、手に職をつけることができます。

実際に自分の職場にはシングルマザーで子供が二人いる人がいましたが、在職中にパソコンのスキルを身につけて、今ではフリーランスとして在宅で仕事を受けているシングルマザーもいます。

 

もちろん「とりあえず今の仕事を」という気持ちも分かります。

しかし長い目で見ると、結果として将来性のある仕事で給料アップやキャリアアップできる仕事の方が、子供のためだけでなくシングルマザーであるあなた自身のためにもなるのです。

 

 

シングルマザーが仕事を選ぶ時には、

  • やりがいを感じて長く仕事を続けられる仕事を選ぶ
  • 将来性のある仕事で、給料アップやスキルが身につく仕事を選ぶ

まずはこの2つのポイントを基準に仕事を選ぶことをおすすめします。

 

「でも、結局子供の保育園や学校との時間が合わなかったら?」

子供との時間も、もちろんシングルマザーの仕事選びには重要なポイントです。

しかし、勤務時間や休みについては会社と交渉することで、合わせる方法もあるのです。具体的にどうやって交渉すればいいかというと…

シングルマザーが仕事を探す時に積極的に利用した方が良いのが、転職エージェントです。

シングルマザーが仕事選びに失敗しないためには転職エージェントを活用

腕を組む転職エージェント

「シングルマザーの私が転職エージェントを?」

大丈夫です!

シングルマザーだとしても転職エージェントは力になってくれます。

 

というか…

むしろシングルマザーで仕事や転職を考えている人こそ転職エージェントを利用して企業と勤務時間や待遇面の交渉をするべきです。

 

転職エージェントを利用することで、シングルマザーが仕事選びや転職に失敗する可能性を減らすことができるのです。

シングルマザーが転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを使うメリット

メリット1:一人で仕事を探すより、仕事選びの視野が広がる。

記事のはじめの方で書きましたが、シングルマザーの人は仕事を探す時に知らず知らず選択の範囲が狭くなってしまっていることが多いです。

母子家庭だと一人で子供のことを考えて、一人で仕事のことを考える…。仕事を選ぶ視野が狭くなってしまうのも仕方ないです。

でも、転職エージェントと一緒にアドバイスをもらいながら仕事を探すことで、一人では思いつかなかったような仕事に応募しようとなることも。

シングルマザーこそ一人で仕事のことを考えるより、仕事探しのプロである転職エージェントと一緒に仕事を探すべきです。

メリット2:仕事探しや転職活動の時間を短縮できる。

シングルマザーで母子家庭だと、仕事探しや転職活動するのにどうしても時間に制限がありますよね。

そのため良さそうな仕事が見つかったとしても、面接日程がなかなか合わせることができず見送ってしまう…なんてことも。

 

でも、転職エージェントを利用すれば仕事探しの段階から転職エージェントが協力してくれて、そのうえ企業との面接日程の調整まで忙しいシングルマザーのあなたの代わりにしてくれます。

子供がまだ小さくて仕事探しや転職活動に時間を取れない…転職エージェントはそんなシングルマザーを手助けしてくれます。

メリット3:勤務時間や条件面の交渉がしやすくなる。

シングルマザーが仕事を探す時に悩む一つが、勤務時間の問題ですよね。

「勤務時間さえ合えば働きたかったのに…」

なんて経験をされている人も多いです。

でも、企業との交渉次第では勤務時間の調整が可能な場合もあるのです。

 

たとえば自分が働いている会社では、交渉して1時間半出社時間を早くして、1時間半早く帰ることで子供のお迎えに間に合ってるシングルマザーの女性がいます。

しかし、企業と交渉する前に求人広告に書かれている勤務時間だけを見て諦めてしまうシングルマザーも多いのは事実です。

それにどういう風に伝えたらいいのか分からないという人もいますよね。

それが転職エージェントを利用することで、事情を聞いたエージェントがあなたの代わりに企業に確認してくれたり交渉してくれることも。

「やりたい職種の仕事があるけど勤務時間が…」

と悩んでいるシングルマザーは転職エージェントにまず相談を。

メリット4:シングルマザーに理解ある会社を紹介してくれる。

シングルマザーが働くにあたって、シングルマザーに理解ある会社で働いた方が働きやすいのは当然ですよね。

でも、転職サイトの求人広告を見るだけだと、その会社がシングルマザーに理解ある会社かどうか?なんて分からないですよね。

その点転職エージェントであればネットワークが広く、これまでにもシングルマザーに仕事を紹介した実績や経験があるため、シングルマザーに理解のある会社をあなたに紹介する前に調べた上で提案してくれます。

 

シングルマザーが転職エージェントを利用することで、こんな3つのメリットがあるのですが…

それでもまだ…一人で転職サイトなどで仕事を探して転職活動をしますか?

間違いなく転職エージェントと一緒に仕事を探した方が失敗しない。というのがお分りいただけたかと思います。

 

もちろん、転職サイトと感じで転職エージェントは無料で利用することができます。

 

ただ、転職エージェントならどこでも良いという訳ではありません。シングルマザーが転職エージェントを選ぶ時には、

転職エージェントを選ぶポイント

  • 案件が多い転職エージェントを利用する。
  • シングルマザー、女性の転職に理解のある転職エージェントを利用する。

のがベストなのですが…初めて転職エージェントを利用する人だと、どの転職エージェントが良いのか分からないですよね?

そこで、シングルマザーの女性におすすめの転職エージェントを、採用担当目線で紹介します。

仕事選びに失敗したくないシングルマザーに『おすすめの転職エージェント』

シングルマザーにおすすめの転職エージェント

シングルマザーが仕事探しや転職をする時こそ、転職エージェントを利用すべきなのですが、シングルマザーの仕事選びのポイントと、転職エージェントを選ぶポイントをおさらいすると…

仕事選びのポイント

  • 長く続けられる仕事を選ぶ
  • 将来性があり給料アップやスキルアップが見込める仕事を選ぶ

転職エージェントを選ぶポイント

  • 案件が多い転職エージェントを利用する。
  • シングルマザー、女性の転職に理解のある転職エージェントを利用する。

ということです。

この条件に当てはまる転職エージェントが▼この2つの転職エージェントです。

転職エージェントへの登録はカンタン。5分もあれば終わります。

エージェント名リクルートエージェント
シングルマザーにおすすめな理由リクルートエージェントは女性の利用者も多く、求人案件の多さも日本でトップクラス。

求人案件が多いからこそシングルマザーに合う仕事が見つかりやすく、シングルマザーに理解ある企業も見つかりやすい。
⇒リクルートエージェントをもっと見る
エージェント名doda(デューダ)
女性におすすめな理由転職エージェントの中でも、女性の利用者からの評判が高いdoda。

女性からの評判が高いということは、女性の働き方に理解のある企業を紹介してくれて、アフターフォローもしっかりとしてくれるため。

シングルマザーにもおすすめの転職エージェント。
⇒dodaをもっと見る

この2社の転職エージェントが採用担当の自分が、それぞれの転職エージェントに実際に会って採用活動を行ったりミーティングを重ねたうえで、『シングルマザーにおすすめできる』と感じた転職エージェントです。

どちらの転職エージェントもテレビCMなどでも見かける大手のエージェントなので女性でも安心して利用できます。

そして、シングルマザーの働き方に親身になって相談に乗ってくれるハズです。

 

あと一つ、シングルマザーが仕事を探す時に転職エージェントを利用する時のポイントをお伝えしておくと、

先ほど紹介した転職エージェント2社に登録をして、どちらのエージェントが紹介してくれる仕事が自分に合うのかを検討するべきです。

両社とも転職エージェントという業種は同じですが、紹介してくれる仕事は全く同じではなくエージェントによって少し違いがあります。

そのため、2社に登録をしてどっちの提案があなたに合っているのか検討して仕事探しを進めるのがベストな方法です。

シングルマザーにおすすめの仕事…それって本当に?

仕事に腕を組んで悩んでるシングルマザー

ここから具体的にシングルマザーの仕事について紹介しようと思うのですが、他のサイトでも『シングルマザーにおすすめの仕事』として紹介されている職業が掲載されていたりします。

自分もいくつかシングルマザーにおすすめの仕事を紹介しているサイトを見てみたのですが、その時に思ったのが、

「本当にこの仕事がシングルマザーにおすすめなのか?」

というちょっとした違和感でした。

たとえばシングルマザーにどんな職業がおすすめとして紹介されているかというと…

介護職

介護職なら働きながら資格を取ることができて、雇用形態も多様で時間の都合もつきやすい。

 

なんて感じで書かれていたりもするのですが…自分にも介護職をしていた友人や会社の後輩がいるのですが、話を聞いてみると、

一概に介護職だから資格が取ることもできて、時間の都合もつきやすいということは言えないのです。

むしろ介護の現場は想像以上にハードだという事を聞く機会も多いです。男性でも体力的にキツくて介護職から離れた知り合いもいます。

保険外交員

基本給は低いものの、契約数次第では年収1,000万円を超える場合もある。営業のスケジュールは自分で立てるので、時間の融通がきく。

 

保険外交員はインセンティブ(契約数に応じた歩合)があるために基本給が低く設定されているのは事実です。たしかに契約をポンポン取ることができれば年収1,000万円を狙える可能性もあるかもしれません。

でも、保険の契約をそう簡単に取れると思いますか?

営業が得意で自信のあるシングルマザーであれば、すぐに契約を取れるかもしれません。

しかし現実的に考えると、たとえ自分でスケジュールを立てて時間に融通が聞いたとしても、契約をそう簡単に取れることができないのは想像できますよね。

 

もちろん、シングルマザーで介護職や保険外交員をして仕事と子育てを両立されている人もいます。

しかし一概に、介護職や保険外交員の仕事がシングルマザーに合うかというと…疑問があるのは事実です。

シングルマザーにおすすめの仕事

介護職や保険外交員は、シングルマザーにとってだけでなく一般的にもややハードルが高いとされている仕事です。

採用担当をしている自分がシングルマザーの女性に仕事を進めるのであれば、

  • 仕事を長く続けられる。
  • スキルアップにも繋がる。

ということを考えて、こんな仕事を提案します。

ネットショップや広告代理店などパソコンスキルが身につく仕事

パソコンスキルは仕事をするのに欠かせないスキルです。

それに、パソコンスキルを身につけておけば、シングルマザーが将来的にパソコン1台あれば家でも仕事ができるという状況も珍しいことではありません。

 

実際に自分と同じ部署で働いていた32歳のシングルマザーは、パソコンが少し触れる程度だったのが、今では在宅で仕事を受けて生活できるまでになっています。

いきなり難易度の高いIT職を目指すのではなく、ネットショップや広告代理店などで仕事をしつつパソコンスキルを身につけるのがおすすめです。

知名度のある会社での事務職

そこそこ知名度のある会社で事務職として働くのもシングルマザーの仕事としておすすめです。

こちらも事務職であればパソコンスキルが身につくということもありますが、それ以外にも知名度のある会社で働いていたということ自体が実績となり、もし転職するとなってもその実績が有利になります。

シングルマザーだから知名度の会社では採用されない…なんて思っている人もいるかもしれませんが、知名度のある会社だからこそ、シングルマザーの働き方に理解がある会社も増えてきています。

 

 

介護の仕事をしたことがない。営業の仕事をしたことがない。

そんなシングルマザーの女性が介護職や保険外交員の仕事をいきなり始めるのは、ハードルが高いのでは?

というのが正直に思うところです。

しかし、パソコン関係の仕事であれば介護職や保険外交員よりもハードルは間違いなく低いです。

それに今やパソコンさえあればどこでも仕事ができる時代。

勤務時間の都合や子供との時間など、時間に制限があるシングルマザーにこそパソコンスキルが身につくような仕事をするのがおすすめです。

シングルマザーの仕事探しと転職、手助けしてくれる物はうまく使う

子供を保育士に預けるシングルマザー

今回の記事ではシングルマザーの仕事探しと転職に関して紹介しました。

自分自身が採用の現場でシングルマザーの人を見てきて思うのが、少しキツい言い方になりますが。

仕事探しや転職をする時に、情報を知らないシングルマザーが多い。

ということです。

一言でいうと、もったいないです。

 

たとえば今回は、シングルマザーに転職エージェントを利用することをおすすめしましたが、実際に面接でシングルマザーに転職エージェントについて聞いてみると、

「転職エージェントってシングルマザーでも利用できるんですか?」

なんて驚いている人がいました。

離婚して母子家庭となって、急に仕事を探さないといけないようになったために知らないことが多い人もいると思います。

でも、仕事探しや転職を始める前に、情報は仕入れておいた方が間違いなく役に立ちます。

 

あと、何度かこの記事でも触れましたが、シングルマザーが仕事を探す時には子育ての時間との関係もあるため、どうしても時間的に不利な部分があります。

だからこそ、無料で利用できる物は遠慮せずに利用するべきです。

転職サイトだけでなく、転職エージェントを使った仕事探しは最近では当たり前のようになっています。

シングルマザーの仕事探しを手助けをしてくれる転職エージェント。一人で仕事探しをするよりも心強い味方になってくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です