シングルマザーの転職事情。今より良い転職先を見つけるために!

シングルマザーの転職のメイン画像

自分は今働いているIT系の企業で採用関係の仕事を担当しているのですが、30代で転職を考えている応募者の人は多いです。

その応募者の中でも「最近増えてきている」と感じるのが、シングルマザーの応募です。

 

つい先日も求人広告を出したのですが、20人の応募者の内3人が30代のシンママでした。

ここ数年採用の仕事をしていて、シングルマザーで転職希望の人の応募は増えてきていると実感しています。

実際、自分の会社でもシングルマザーの人が2人働いており、前回の求人でも30代のシンママが採用となりました。

 

これまでに9人ほどのシンママの面接を担当したことがあるのですが、面接で話を聞いて感じたのが、

「同じ30代の女性でも、シングルマザーならではの転職の苦労があるんだな…。」

ということです。

 

どういう苦労をよく聞くかというと、

・子供がまだ小さいため、働ける時間が限られている。

・条件の良い会社に転職したいけれど、勤務時間がネックになる。

・生活を安定させるためにスキルや資格が身につく仕事に転職したいけれど、未経験だとなかなか採用されない…。

転職しようと思ってもそんな苦労があるという話をシングルマザーの人からよく聞きます。

 

ただ、そんなシングルマザーの人が転職に悩んでいる話を自分が聞いてきた中で、少し思うことがあります。それは、

「転職活動の方法を少し変えたらいいのに」

ということです。

転職サイトやハローワークで仕事を探して転職しようと考えるシングルマザーの人も多いです。

転職活動をする上では、当然といえば当然ですよね。

 

しかし、転職サイトやハローワークだと子供がいるシングルマザーの場合、転職するのに時間がかかったり、希望の条件にあった転職先を見つけるのが難しかったりします。

じゃあどうすればいいのか…?

そこで今回は、実際のシングルマザーの人の転職体験談を紹介すると共に、

時間や条件にあった仕事を見つけやすいシングルマザーにおすすめの転職方法

を紹介してみます。

子供が小さいため残業の多い職場から転職したシングルマザー

まず最初に紹介するのが、小学校低学年の子供育てている30歳のシングルマザーの女性、カオルさんー仮名ーの転職体験談です。

ちなみにこのカオルさんは、現在自分と同じ会社で働いて2年ほどになります。

シングルマザーになり同じ会社で働き続けていたけど…

カオルさんは結婚をする前から、雑貨などの卸をしている会社で事務員として働いていました。

 

事務員として働いている時に結婚して長男を出産。産休後も同じ会社で働き続けていたのですが、子供が小学校に入学したタイミングで離婚。

カオルさんが一人で子供を育てることになりシングルマザーになります。

 

カオルさんが仕事の時は両親が子供の面倒を見てくれるようになるのですが、給料もそれほど多くなかったため、夫と住んでいた賃貸のマンションに住み続けるのが次第に厳しくなってきます。

両親からの提案もあってカオルさんは賃貸マンションを引き払って、実家へ引越しをします。

実家へ戻ることになって金銭的な負担は減るのですが、新たな問題が…

 

給料が減っても良い。子供との時間を作るため転職を決意

実家で両親と子供との新しい生活が始まるのですが、カオルさんは子供との時間が全く取れていないことに気付きます。

というのも、カオルさんは職場での勤続年数が長くなり管理職的なポジションを任せられるようになっていたのです。

 

管理職的仕事をこなしていると残業時間も次第に増え、帰宅するのは午後10時を過ぎるのが当たり前のようになっていました。

しかし、残業が増えたからといっても給料は上がらず、ただプライベートの時間が減っていくだけだったのです。

 

平日は仕事が忙しい分、土日の休みには子供と触れ合おうとするのですが、平日の疲れが取れず体調を崩す日が増えるように…

「何のために仕事をしているのか…」

そう考えた時に「子供との時間が大切だ。」と感じたカオルさんは、

「給料が減ってもいいから子供との時間が作れる仕事に転職しよう!」

と考え転職活動を始めます。

 

勤務時間を重視して転職サイトで転職活動を開始

カオルさんは勤務時間を重視して転職サイトを中心に転職活動を始めます。

転職回数も少なく前職でパソコンのスキルもそれなりについていたため、書類選考には受かります。

 

しかし、面接の時に「シングルマザーで残業ができない」ということを担当者に伝えると、

「残業がある時はあるから、時間的に厳しいかもね。」

と言われることも。

 

それでもめげずに転職活動を続けた結果、パソコンのスキルやコミュニケーション能力が認められ、自分が働く会社に採用となったのです。

カオルさんが転職をして自分と同じ会社に来て2年程経ちますが、残業もなく働くことができて、子供との時間も確保できるようになっています。

 

カオルさんにシングルマザーで転職をする時に大変だった事を聞いてみると、

「シングルマザーで仕事をしながら転職活動をするのが時間的に大変だった。」

ということでした。

カオルさんの場合は平日に実家の両親に子供を見てもらっている分「休日は私が見ないと。」という意識が強かったそうです。

そのため、転職活動をしていて書類選考はクリアしたものの、面接の日程調整ができず諦めた企業も数社あったみたいです。

 

残業が厳しく転職を考えるシングルマザーは多い。

シングルマザーのカオルさんの転職体験談を紹介しました。

面接をしていると感じるのが、残業が時間的に厳しくて転職を考えるシングルマザーが多いということです。

 

働きながら子供を育てるって、やはり大変なことです。

子供が急に病気になったりというのもよくあることです。それに子供が小さいと、幼稚園や学校に預けられる時間が決まっていたり、小さい内はできるだけ一緒に居てあげたいという人も多いです。

 

今回のカオルさんの場合はシングルマザーになった後、働いている時間は実家の両親に子供の面倒を見てもらえていました。

しかし、もし実家が遠かったり色々な事情で子供の面倒を見てもらうことが出来ない場合、保育園などに預けるしか方法がなくなってきます。

子供を保育園に預けて仕事をするとなると、保育園で見てもらえる時間に合わせて仕事をするしかないのです。

 

今まで面接をしたシングルマザーの人の中にも「保育園の都合で夕方までしか仕事ができない」という人もいました。

勤務時間の都合で採用されず転職できないというケースもあれば、仕事をしてみたら勤務時間が全く合わなかったというケースも。

 

実際、どんな仕事が残業が少なくて希望の勤務時間が通りやすいのか?というのは、転職サイトでは分かりにくいですよね?

それに面接の時にあまり担当者に残業や勤務時間のことを聞きすぎると「採用されない…」と心配する人も。

そんな時こそ転職エージェントに頼ってみるべきです。転職サイトだけでは分かりにくい残業の有無や、具体的な勤務時間も転職エージェントであれば、事前に知ることができます。

シングルマザーで転職しようか迷っている…という人こそ、一度エージェントに相談してみてください。

⇒女性の転職事情に詳しいエージェントに相談してみる。

 

女性の転職については▼こちらの記事で詳しく書いています。転職エージェントについても紹介しているので、読んでいただければ転職への不安が減ると思います。

転職を成功したい30代の女性に30代女性が転職に成功するために!

 

契約社員だったシングルマザーが給料への不安から転職にチャレンジ

続いて紹介するシングルマザーの転職体験談は、中学生の息子を持つ38歳のシングルマザー、綾乃さんー仮名ーの転職体験談です。

綾乃さんは自分の妻の知り合いのシングルマザーで、現在は婦人靴を扱うネットショップで正社員として働いています。

 

綾乃さんは専業主婦をしていたのですが、子供が小学校高学年の時に離婚。

子供と共にマイホームから出て行くことに。

離婚した当初は少しの慰謝料と養育費が元夫から支払われていたのですが、元夫が仕事を辞めたために養育費の支払いが滞り、シングルマザーだった綾乃さんが働くしかない状況に。

 

しかし、専業主婦歴が長かった綾乃さんには職歴がほとんどなく、なかなか仕事が見つかりません。

そこでようやく見つけたのが、印刷会社の契約社員でした。

 

印刷会社での業務は主に営業の仕事がほとんどで、基本給は低かったのですが営業成績が歩合に反映されるため、この仕事を選んだのです。

子供が小学校高学年、これから進学することなどを考えるとお金も必要になります。そんな理由もあって歩合があることに魅力を感じていました。

 

しかし、専業主婦だった綾乃さんがいきなり営業を始めてうまくいくワケもなく、結果として低い給料で長時間働くことに…。

2年ほど頑張ったものの、歩合での給料はほとんど無く、結局のところ契約社員とは言えバイトでもしていた方が良かったぐらいの給料しか貰えませんでした。

 

給料への不安から思い切って転職することに。

子供が中学に進学し、契約社員であること給料が低いことが不安になり、転職を考え始めます。

「契約社員でも仕事を頑張っていれば社員になれるかも」

と考えていたのですが、2年間必死に働いても社員になれることはなく、印刷会社での仕事をしながら転職を始めることに。

 

ハローワークを利用して転職活動を始めるのですが、職務経歴書などを書いている時に転職に役立つような経験や資格が一切ないことに気付きます。

印刷会社の契約社員として営業の仕事をしているものの、パソコンの技術が身についたり、営業のセールストークが身についたりすることは無かったのです。

 

ハローワークで相談員に何度も相談をするも、見つかるのは希望する仕事とは程遠い仕事ばかり。

「このままでは結局いまの仕事と変わらない…」

そう感じた綾乃さんは、印刷会社での仕事を辞めて職業訓練校に通うことに。

職業訓練校に通っている間は、なんとか貯金を切り崩して生活をすることができたため、3ヶ月間WEBデザイナーの育成コースに通うことに。

綾乃さんの場合はシングルマザーだったものの、子供が中学生だったので一人で留守番を任せることができました。

職業訓練校で得た技術でWEBデザイナーへの転職にチャレンジ

職業訓練校に3ヶ月間通い、WEBデザイナーを目指して転職活動を再開します。

ハローワークだけでなく転職サイトも利用して転職活動を始めるのですが、WEBデザイナーとしては全くの未経験なため、すぐには仕事が見つかりません。

WEBデザイナーとして仕事をすることに諦めそうになるのですが、

「前を同じような不安定な仕事はしたくない!」

と踏ん張り、20社ほどWEBデザイナーを求人している会社に応募をして、ようやく婦人靴のネットショップを運営している会社に転職が決まります。

その後、その婦人靴のネットショップで社員となり、今でもシングルマザーとしてWEBデザイナーとして仕事を続けられています。

シングルマザーでも技術を身につけることができれば

シングルマザー綾乃さんー仮名ーのケースを紹介しました。

綾乃さんの場合は結婚をして育児のために10年以上専業主婦をしていました。

 

専業主婦だった期間が長かったため、綾乃さんが「仕事をしないと!」となった時に経験も資格もありませんでした。

そのため綾乃さんはシングルマザーになって初めての仕事で、全く経験が無いのに採用された印刷会社で営業の仕事をするしかなかったのです。

このシングルマザーになって働くとなった時「慣れない仕事を選ぶしかなかった…」というのは、これまで自分が面接をしてきた中でも結構聞く言葉です。

仕事をする上で子供に時間を合わせる必要のあるシングルマザーの人は、仕事を選んでいられないという人も多いです。

 

しかし先ほど紹介した綾乃さんのように、職業訓練校に通って技術を身につければ「仕事を選べない」という状況を変えられる可能性もあるのです。

もちろんシングルマザーの人が全員、資格や技術を身につけるために時間の余裕があるワケでは無いのはわかっています。

 

でも、もしシングルマザーの方で仕事をこれから始める、もしくは転職するとなった時には技術や資格を少しでも勉強をしてから転職活動を始めたほうが、選べる仕事の幅も増えるということを覚えておいてください。

シングルマザーというだけで転職が不利になることはある?

採用関係の仕事をしているとたまに聞かれるのが、

「シングルマザーって転職でも不利なの?」

ということです。

 

先に言うと、自分が書類審査や面接をする時にシングルマザーだからという事を理由に不採用にすることはまず無いです。

実際、職場にはシングルマザーが3人子育てをしながら働いています。

 

しかし、シングルマザーならではの理由で不採用になった人がいるのも事実です。どんな理由だったかというと、

子供が小さかったために、勤務可能な時間帯が短すぎた。

という理由です。

 

どういう事かというと…

応募していただいたシングルマザーの人は、スキル面は採用基準をクリアしていました。

しかし、子供が小さく保育園に通っていたのです。

その保育園では延長保育が定員になっていたため、15時には子供を迎えにいく必要があったのです。

自分の会社の場合は勤務時間が9時〜18時と決まっているのですが、そのシングルマザーの人の場合は通勤時間を考えると14時には会社を出る必要があったのです。

 

スキル面は採用基準を満たしているものの、勤務時間がネックに…

上司に相談して悩んだのですが、その時はフルタイムで働ける人を採用したかったため、採用は見送りという形になったのです。

 

もし、そのシングルマザーの女性が会社の定時である9時〜18時の時間帯で働くことができたのであれば採用になっていたはずです。

シングルマザーということで不採用になるのではなく、条件が合わず不採用になるパターンが多いのです。

シングルマザーが転職する時のアドバイス

今回、30代のシングルマザー2人の転職体験談を紹介しました。

30代での男性・女性・シングルマザーの転職事情を比べた場合、シングルマザーの転職が一番大変なのでは?と思います。

というのも、子供を一人で育てているために働ける時間や雇用条件なども、自分だけの都合で決めることができないからです。

それにそもそもの転職活動をすること自体が難しかったりします。

そのため、勤務時間や給料に不満を持っていたとしても「仕方ないか…」と仕事を続けているケースも。

 

「子育てしながら仕事ができる企業に転職したい」

「残業が無い仕事に転職したい」

「転職したいけど転職活動をする時間が無い…」

と思っている人こそ、転職活動を一人でするのではなく、転職エージェントに頼ってみてはどうですか?

「シングルマザーだから転職エージェントは無理」

なんて決めつけてませんか?

むしろ転職エージェントは、転職をしたいけど時間が無い人や、自分に合った働き方ができる企業を探している人の味方です。

転職サイトに掲載されている情報だけを見て転職活動するよりも、転職エージェントを頼って転職した方がより条件に合った転職先が見つかりますよ。

⇒ココなら、あなた専任の女性エージェントが転職をサポートしてくれます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です