【体験談】広告代理店の営業からコンサルタントへの転職

広告代理店からコンサルタントへ転職の画像

今回の転職体験談は31歳で広告代理店から、IT企業へと転職をしたTさんの転職体験談です。

僕自身もIT関連の会社で仕事をしているので、広告代理店の方とも仕事上お付き合いさせていただいているのですが、早いところはホントに人の入れ替わりが激しいですね。ついこの間名刺交換をしたと思ったら、1ヶ月後にはもう担当が違う人に。なんてことはよくあります。

Tさんの経歴を簡単の紹介すると…

大学卒業後に広告代理店に入社し、別の広告代理店に1度転職をした経歴があり広告代理店では新規開拓の営業をメインにしておられました。その後31歳でIT系の企業へ転職しコンサルタントの仕事をすることに。営業職からコンサルタントへの転職は上手く行ったのでしょうか?

ではTさんの転職体験談を紹介します。

広告代理店での仕事内容は?

広告代理店での仕事内容の画像

広告代理店での仕事内容は、飲食や美容関連のクライアントを中心に、webからの集客や広告の出稿などクライアントの要望に合わせた広告や商品提案をする新規開拓の営業をメインの業務として行っていました。

業務の内容としては、新規のお客様から問い合わせなどがあるとお客様の要望に合った広告の資料をまとめて出向き広告の提案をするといった業務と、既存のクライアントへの新規広告や他に効果の望める広告の提案などが主な業務内容です。

ですので、午前中は会社で資料を作成して、午後からはお客様の元へ出向いて提案をして会社に戻ってくるといったサイクルでした。

営業の他には、新規のクライアントからの集客や売り上げアップのためのアドバイスなどの基本的なフォロー業務もしていました。

労働時間は、入社した当時は残業に関する規定などは一応あったのですが、毎日午前12時近くまで働いているという日が多かったです。もちろん体はキツかったのですが、その状況に慣れてしまっていてツラいと感じたことは特になく、当たり前のように夜遅くまで働いていましたね。今考えれば麻痺していたのですね(笑

ちょうど私が転職する1年前ぐらいからは、社内の体制が変わり残業は基本ナシということになり、9時に出社をして19時頃には帰るという風に変わりました。

休みに関しては基本的に週休2日だったのですが、休日にクライアントからメールがくることもあり、休みの日もメールの対応ぐらいはしていましたね。

広告代理店から転職しようと思ったきっかけ

転職のきっかけの画像

広告代理店から転職を考えたきっかけは、クライアントのIT企業がみるみる成長していくのを目の当たりにして、次第に自分でも会社が成長していくのを体験してみたいと思ったのがきっかけでした。

それともう一つ、入社した時は給料は周りの同世代と比べて良い方だったのですが、その後の昇給などがあまりなかったことでした。これは成績がどうのという訳ではなく、広告代理店では入社時は給料が良いけれど、その後あまり昇給しないという会社はよくあるのです。これも広告代理店から転職を考えるきっかけとなった一つです。

最初の頃は、わからないことだらけで営業として一つ一つを手探りで一生懸命仕事していました。大変なことも多かったですが、会社内でもそれなりの営業成績で、自分にも自信がつき始めて、充実していました。

ただ、私の業務は新規の開拓がメインだったので、一つのクライアントと長く付き合うということが少なかったのです。クライアントとの関係が築き出せたかな?と思った頃に別の担当者と交代になり、私はまた新規の開拓をしてくということに次第に不満を感じはじめてしまったのです。

最初に私が担当をしたクライアントが成長していく姿を一緒に喜ぶことができないというのがなんとも虚しかったのです。

次第に下がってゆく仕事へのモチベーション。新規開拓へのマンネリ。それで、どうせなら自分もその会社が成長するのを自ら体験したいと思い、30代になったのを機に広告代理店からIT企業への転職を決意したのです。

IT企業への転職活動は?

転職活動開始の画像

IT企業への転職活動をする上で一度、第二新卒での転職経験があったので、まずは信頼性の高いIT関連の求人情報の多い転職サイトに登録して、情報収集を始めました。

IT企業への転職を検討していることを会社の上司に伝え、転職をすることに理解をいただいたこともあって転職活動は比較的スムーズに行うことができました。この時ばかりは理解のある上司で良かったなと思いました。

転職サイトで掲載されているIT企業の情報収集を開始して、大企業~ベンチャー企業まで幅広く検討をして5社にエントリーをして履歴書等を送りました。

並行して転職エージェントを活用して、自分の経験やスキルでもできるIT企業の職種を探すのを手伝ってもらいました。転職エージェントからは2社を紹介してもらい、全部で7社のIT企業にエントリーを会いました。

全7社中、書類選考に5社が通過して、スケジュールの関係で4社の面接を受けて、2社の内定を獲得することができました。

内定をいただいた会社は、1社がITコンサルタントとしての営業職、もう1社がSEOコンサルタントでした。最終的には前職の広告代理店での経験も活かせるSEOコンサルタントに転職をすることに決定しました。

⇒30代の転職にオススメの転職エージェントはこちらの記事で

IT業界コンサルタントの仕事と変化は?

IT業界に転職してその後の画像

転職後のIT企業のSEOコンサルタントとしての仕事は、主にクライアントである企業の扱うオウンドメディアやホームページなどが検索エンジンで上位にヒットするように、サイトの内容の変更など提案を行っていました。

他には、WEBデザイナーやディレクターなどと連携して、新しい商品やサービスの開発や提案にも携わっていました。広告を扱うのとは、また違う視点でクライアントの要望に合わせた提案をしたり、思考するのが新鮮な感じでした。

主に中小企業のHPなどを担当することが多く、様々な業種に携われるので、広告営業以上に得るものが多い環境でした。

また、広告代理店時代の経験も役に立つことが多く、次第に会社でも必要とされていることが分かり、自分自身納得をして仕事に打ち込むことが出来ています。

それと転職する時に理想としていた、会社の成長を実感したいというのも、比較的今の会社は経営陣との距離も近く、クライアントの成長とともに自社も成長していくというのが伝わってくるような環境です。

転職活動の期間は短かったのですが、このSEOコンサルタントの仕事は転職エージェントから紹介していただいた仕事で、新規獲得のための営業しかしてこなかった自分が、コンサルタントとして就職できるとは思ってもいなくて、転職エージェントに相談をして良かったなと思っています。

コンサルタントとしてはまだまだ駆け出しで、1日の労働時間は以前よりも増えましたが、より多くの方とコミュニケーションを取ったりや成長できる環境に転職することが出来たのでよかったです。

給料面も前職よりも15%ほどアップすることができ、前職よりも昇給のシステムが明瞭なので、こちらの面でも転職して正解でした。

私が今回の転職を経験して感じたのは、慣れてしまうとなかなかその環境から抜け出すことが出来ないものなのだなと感じました。30代になって転職をして前職の経験も今の仕事に役立ってはいるのですが、正直なところもう少し早く転職をしておくべきだったなと、少し後悔しています。

こういう仕事がしたいと思っていても、どこか自分で今の仕事を続けているということは、この仕事が自分に向いているんだなと自分に言い聞かせていた部分もあったのだと思います。

確かに転職となると不安に思うことも多いのですが、仕事は人生のほとんどの時間を使うことなので、迷っているのなら踏み出して見るべきだというのが今回の転職でわかりました。

決して転職を勧めるということではないのですが、もし今なにかしたい仕事が見つかっているのならば実際にその仕事に就いている人に話を聞くのも一つの手段ではないかと思います。慣れてしまうことで時間を無駄にするというのは、本当にもったいないと思うので。

転職したばかりの私が言うのも変ですが、転職はマイナスになることよりも、プラスになることの方が多い気がします。

広告代理店からコンサルタントへ転職の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です