【体験談】保険会社事務職から転職したシングルマザー

保険会社から転職したシングルマザーの画像

正社員や派遣社員さらにはパートやアルバイトなど雇用形態にも色々とありますが、今回紹介する転職体験談は雇用形態をめぐり勤めていた会社に不信感を持ったシングルマザーの女性Wさんの転職体験談です。

Wさんの経歴を簡単に紹介すると…

Wさんは38歳の時に転職を経験さえた女性で、転職時にはシングルマザーで2人の子供がいました。転職前の仕事は保険会社の事務職でフルタイムのパートとして働いていたのですが、正社員になれるかも?と言う話で勤めていた会社に不信感を持つことになり転職することになりました。

シングルマザーで2人の子供がいると言うだけでも大変な事は分かるのですが、年齢も38歳で保険会社でどういった事があったのでしょうか。

では、Wさんの転職体験談を紹介します。

私は先日40歳になったシングルマザーの女性です。現在、中学校に通う子供が二人いる母子家庭です。38歳のときに転職をし、今現在は、3人プラス一匹のわんこと仲良く楽しく暮らしています。

保険会社の事務職をしていた頃の事

転職をする前は損害保険の事務職をしていました。仕事の主な内容はお客様からの契約の問い合わせや、保険を取り扱う代理店からの照会、保険契約の計上処理や、経理関係もしておりました。

常に電話でのやり取りとPCとのにらめっこが多くデスクワークの毎日でした。また保険内容の改定が数年毎にくる為、簡単とは言えない仕事内容ですが、そのたびに改定された内容を覚えるためにも、日々勉強もして頑張ってきました。

社会人になってから一番勉強をしたかなと思うのが、この保険会社の事務職をしていた時で、将来は保険の知識をもっと活かせるように何か資格でも取りたいなと漠然と思っていました。仕事に関することだというのもあったのですが、勉強することが苦に感じる事はありませんでした。

雇用形態に納得いかず転職をするきっかけに。

転職をしようと思ったきっかけは、パートで勤めていた保険会社との雇用形態でもめたことでした。

もともと私が前職で働く際の雇用形態はフルタイムのパートでした。産休で1年間休む正社員の穴埋めということで、1年契約で雇われました。当時の私はそもそも長く働くつもりもなかったので、とりえあえず時給が高いことと安定した企業であるということで損害保険会社で働きはじめたわけですが、期間が満了になるたびに、誰かが辞めたり産休がまたあったりとその度に契約期間が延び、あっという間にパート歴3年を迎えていました。

そしてある時、正社員の枠が急に一つ空いたので、上司から正社員にならないかと声をかけていただきました。私はその時、夫と離婚が決まっていて、子供二人を養っていかなくてはいけないタイミングだったため、本当にありがたい話でした。

離婚はかなり心も体も消耗する出来事だったので、そんな中での正社員雇用の話は余計にうれしく感じて、これからの子供との3人暮らしが正社員になる事で安定したものになることにほっとしたのを覚えています。

パートとして働いていたときは、パートと言っても社員の変わりの補充だったので、社員同様の業務内容をこなし、同じ仕事をしているのに給料面やボーナスなどで悔しい想いもたくさんしてきたので、そういった面でもとてもうれしかったです。

今まで頑張ってきたことがやっと認められたと思いました。正社員登用の試験も受け、本社の人事部から前年の健康診断結果(会社側で行った)を送ってほしいと言われ提出しました。

これでやっと正社員になれたね、おめでとう、と周りからも言われ、私もそう信じていました。

ですが何週間経てども人事部からの人事異動通達が来ず、上司が心配して確認すると、「前年の健康診断結果の既往症(過去にかかった病気のこと)が気になるので正社員に登用する話は無かったことにしてほしい、だが、一年毎の事務嘱託社員であれば契約を続けてほしい」とのことでした。

頭が真っ白でした。健康保険の結果は、20代の時の既往症がひっかかる、完治してると言えどももしかしたら、また再発するかもしれないので、責任ある仕事は任せられないという結果でした。

その時、一緒に働いていた社員の女性が寿退職するので、新しい20代の新人が社員として入る予定になっていました。その新人の子の指導をしながら頑張ってくれないかと言われたのです。

バカにされてるのかと思う気持ちでいっぱいでした。20代の何も社会を知らない、保険の保の字も知らない新卒の子を入れて、その子より少ない給料で指導という立場に立てというのはあまりにもひどい話です。

しかも、その子も健康体ではないので毎月有休を取る可能性が高く、また地元に住んでいない為、通うことが難しいから残業はなるべくさせれないとまで言われました。

この話を上司から聞いた時に、この会社は能力を評価するのではなく、新しい若い子を入れたいのだと感じました。私のその時の気持ちは、地獄でした。

ちょうど離婚したばかりだったこともあり、私の落胆は本当にヒドイものでした。子供と3人で暮らしていかなければいけないのに、これからどうしようと不安に駆られ、眠れない日々が続きました。そのころの私は毎日ヒドイ顔をしていたので、子供たちにも心配をかけていたかと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

子供たちのことを考えると容易に仕事を辞めるわけにもいかない状況でしたが、それ以前に、自分をこれだけ振り回す会社を今後信用することができないし、能力で判断できないこの会社の将来性もなく、自分自身も成長できないと感じ、転職を決意しました。

保険の仕事の人脈で転職先が見つかった。

転職をしようと決意したものの、考えることは山積みでした。どういった職種で雇用形態も正社員一本に限定するかなど、38歳の私にはかなり難しい問題でした。

仕事内容は好きだったので、できれば今と同じような仕事内容で収入が安定できればというのと、遣り甲斐とキャリアアップにつながる仕事が理想でしたが、年齢のこともあり、見つけるのはかなり大変だろうと考えていました。

そんな時に、仲良くしていただいてた保険代理店の職員の方と長く話す機会があったのです。その保険代理店の職員の方は、私の事情をすごく心配して下さっていて、本当にこんなに会社に貢献しているのにダメなら、保険代理店で働かないか?と話を持ち掛けてきてくれたのです。

その方は保険代理店の職員であったので、代理店主に事情を話し相談してみるから今すぐ会社を辞めないで少し我慢して働いていてほしいと言われました。

子供がいるのと自分の年齢の事を考えれば、会社が信用出来ないからといって、そう簡単に仕事を辞めるのは危険すぎると私も考えていたので、その保険代理店主が私を正社員としてこの状態で雇ってくれるのか雇用条件等はどうなのかを確認してくれるまで待つことにしました。

そしてすぐさま、店主から連絡をいただき、ぜひわが社で働かないかと言われました。雇用条件に「今の保険会社の正社員まではいかないかもしれないけど、今の嘱託社員の条件よりはよくしてあげる」と言ってもらえました。また保険代理店の仕事をよく見て自分に合うかどうかを確認してみないかと。

すぐ、私はその店主の都合と私の都合が付く日にお邪魔させてもらい、話合いをしました。店主はすごく情が熱い方で、仕事に対しての姿勢や、職員に対しての情の熱さに感心しました。

また、今後は会社の方針をしっかり作ってやっていきたいことと、そのためにも私ぐらいの能力のある人に来てほしいと思っていたので、ぜひとも来てほしいと言ってくださったのです。

もう私は、涙が出るほどうれしかったです。だからと言ってすぐ、働きますと言ったわけではなく、転職活動として職業安定所にも行ったりしていい仕事はないかを探しました

なぜ良い話をいただきながら自分でも転職活動をしたのかと言うと、子供と3人で暮らしていくためにも安易に答えを出さず、比較検討をしっかり行いたいと思ったためです。

ですが、職業安定所ではもう40歳手前の私が働けるような仕事は中々無く、また新しいことを覚えるには相当な精神力が必要だと思い、よく考えた結果、お話をいただいた保険代理店の会社で働くことに決めたのです。

⇒「経歴を無駄にしたくない!」そんな女性が転職に成功するために。

転職をして知った自分の仕事の魅力

転職後、いざ保険会社に8年間勤めていても、会社が違うと勝手も違うため、それになれるのに大変な日々でした。また、期待して採用していただいたという事に特にプレッシャーを感じて、小さなミスをしてしまうことも多々ありました。

ですが、以前いた会社よりは数十倍も小さな会社ということもあり、子会社の方が小回りも効くことや、より取引先や顧客様との距離感が近いこともあり、人と話すのが好きな私にとってはとても楽しく仕事ができていると感じています。

以前の仕事は知っている人と話す事やパソコンとの対面が多かったのですが、今ではいろんな方と話をしてそして、その方の事情などを聞き取りお客様のニーズに合ったものを売る事ができる。それがとても私には最高に楽しいものでした。

小さな会社だからこそ自分の提案を聞き入れてもらえ、やりがいを持って仕事をこなせています。以前より、もっとこうしたほうがいいのではないか、等、積極的に改善を心掛けられるようにもなりました。

そして、会社の貢献につながるよう、もっと頑張りたいと素直に感じられていることが、本当にうれしいです。

転職は、本当に何かのきっかけから始まると思います。私の場合は前職とのいざこざや自分の離婚がきっかけでした。職業安定所等から紹介されたり、転職サイトにて応募して転職したり、全くの未経験の仕事をする人も沢山いるかと思いますが私はたまたま、伝手があったので前職と業務内容がさほど違わない企業での転職をすることができました。

今回の転職を通じて大切だなと思ったのは、関係が無いと感じても、いろんな人と関わっておくことが大切だと思います。そうすると、きっと何かの情報を得ることが出来たり転職先での面接でも役に立つことがあると思います。

私のように、どこで誰が助けてくれるかわかりません。そして助けてもらった経験があるからこそ、自分も誰かの役に立ちたいと思えるし、誰かが何かあった時に助けようとすぐに思えるのだと感じます。

そして私は今回転職してみて、この仕事が自分に本当にあっていると実感することができています。人と接して、自分の考えのもと提案をし、それが喜ばれると次はもっと頑張ろうと感じます。当たり前のことなのかもしれませんが、辛い経験を経て、改めて、働くことの楽しさに気づきました。

私が毎日疲れ切った顔をしているより、イキイキした姿を見せる方が、子供たちにとってもプラスになると信じています。

保険会社から転職したシングルマザーの画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です