転職に失敗したら…を考えすぎて動き出せない人に知ってほしいこと

転職に失敗した時のことを考える男性

この記事の概要
この記事では「転職に失敗したら…」と不安に思って転職に動き出せない人に、転職に失敗する不安を軽くする方法を紹介します。あと、採用担当目線で見た転職に失敗する理由や、失敗する人の特徴も。(転職に失敗したら…)という不安は、既に転職に成功している人でさえ感じていたことなのです。

転職しようと思い実際に転職活動を始めた時に、ほとんどの人が不安に思うことがあります。

それが「転職に失敗したら…」という不安です。

 

もちろん転職を考えている人の全員が「転職に失敗したくない」と思っているのは間違いないことです。

中には「失敗してもいいから転職にチャレンジする!」なんて言う人もいたりしますが、そんなのはただの強がり(笑)で失敗しても良いなんてこれっぽっちも思ってもいないです。

 

たしかに転職というのは、転職した人全員が成功するかというと、失敗してしまう人もいるのは事実です。

転職に失敗するのが怖いからといって、今の職場に留まっていても現状が変わる見込みは無いですよね。

転職しないのも一つの方法

 

「転職に失敗したら…」と考えると不安になる気持ちは分かります。私が転職した時も同じように転職に失敗する怖さは感じていました。

しかし、それでも今の職場に納得できないのなら、転職に踏み切るべきです。

これ以上納得できない職場で過ごしていても、価値あるあなたの働き盛りの時間をすり減らしてしまうだけです。

 

価値のある時間を無駄にしてしまう

 

何の根拠もなく「転職に踏み切べきだ!」なんて言ってるのでは無いです。

転職に失敗したくないのであれば、転職に成功する割合が高い方法で転職活動をすれば良いのです。

 

言葉にすれば簡単なことなのですが「具体的にどういう転職活動をすれば転職に成功する割合を上げられるのか?」って分からないですよね?

そこで今回は採用担当として何人もの転職者の人や転職していく人を見てきた私が、転職に失敗したら…と不安に感じている人に、転職に成功する割合を上げる転職活動の方法を紹介します。

 

ちなみに私のプロフィールを先に知りたいという人は▼こちらを先にご覧になってください。

⇒筆者:倉石モトキのプロフィール

 

転職に失敗したら…という不安はほとんどの人が感じる事

転職に失敗したらと悩む女性

まさに今転職しようか迷っていて、転職することを考えれば考えるほど

「転職に失敗したらどうしよう…」

なんて不安がどんどん大きくなって…という状況になっていたりしませんか?

 

転職というのはこれから先の人生にも関わることなので、失敗した時のことを考えてしまうのは無理もないことです。

しかし、この転職に失敗したら…という不安は、あなただけが感じていることではありません。

 

転職に失敗したらは誰もが思うこと

 

転職しようと考えているほとんどの人が、失敗した時のことを考えると不安になります。

転職しようとしている人だけではなく、すでに転職し終わって転職に成功した人でさえも、転職を考え始めた時には「転職に失敗したら」という不安が頭をよぎった人がほとんどなのです。

 

なので転職しようとなった時に、失敗した時のことを考えてしまうのは誰しもあることなのです。

問題なのは、転職に失敗した時ことを考えて不安になるのではなく、考えすぎてしまって転職自体を諦めてしまうことです。

 

冒頭でも少し触れましたが、納得できない今の会社で仕事を続けていたとしても、あなたへの評価や待遇が変わる見込みってほとんどありませんよね?

むしろ我慢して続ければ続けるほど、あなたが会社に感じている納得感の無さは大きくなるばかりです。

だからこそ、転職に失敗したら…という不安を減らせるような、転職成功の確率を上げてくれる転職活動をするべきなのです。

転職に失敗する理由を知れば、失敗への不安は軽くなる。

転職に失敗する理由を知る

転職に対して不安ばかりを考えてしまう時にどうすればいいかというと、転職に失敗する理由を頭に入れておくのがおすすめです。

 

失敗する理由を頭の隅にでも入れておくことで、失敗する行動をあらかじめ避けることができるからです。

そうすれば転職失敗への不安も軽くすることができます。

 

さて、転職に失敗する人にはどんな理由が多いかというと…

転職する目的が曖昧なまま転職してしまった。

転職サイトなどを見ている内に給料に惹かれて、やりたい仕事とは全く関係のない会社に転職してしまい、結果としてやり甲斐を感じられず転職に失敗した。

というのも転職に失敗する理由によくあることです。

しっかりとした目的を持っていないまま転職活動を始めてしまうと、転職サイトなどを見ている内に目移りしてしまって失敗する原因になってしまいます。

転職先の会社のことをよく調べず転職してしまった。

転職先が決まらず焦りを感じたりしてしまうと「とりあえずどこでもいいから仕事を」みたいな状態になってしまい、とりあえず内定をくれた会社に転職してしまう。

という状態になってしまう人もいます。

先ほどの目的が曖昧というのに似ている部分もあるのですが、転職活動中に焦ってしまうのも転職に失敗する理由の一つです。

条件面の話を転職先の会社としっかりせず転職した。

転職の面接というのは、入社するための試験の一つというだけでなく、条件交渉の場でもあります。

そのため面接の時にあなたが納得できるように条件交渉をしっかりしないと、後から「失敗したな…」なんてことにも。

転職する時にはあなたが理想とする条件をしっかりと考えて、面接=交渉を受ける必要があります。

 

 

この3つが転職に失敗する理由としてよくあることです。

実際に私が採用担当として面接の時に、転職回数が多い人に今までの退職した理由を聞いてみると、3つの理由のうちどれかに当てはまる人が多いです。

 

しかし、逆に考えると…

この3つの理由に当てはまるような転職をしなければ「転職に失敗するかも…」というような不安を感じなくて済むワケです。

 

じゃあどうすれば、当てはまらないようにできるかというと、

「転職に失敗したら」と不安になっているあなたに解決方法を教えます。

 

転職サイトだけを利用して「なんとなく良さそう」みたいに、自分が感じる雰囲気だけで転職するのではなく、転職先候補の企業の正確な情報を持っている転職エージェントを利用すれば良いだけです。

転職エージェントを利用すれば、

転職エージェントを利用すればクリアに

  • 転職エージェントと相談することで、転職する目的の曖昧さが無くなる。
  • 転職エージェントは転職先候補の企業のことを熟知している。
  • 企業との条件面や給料も転職エージェントが間に入って交渉してくれる。

先ほどの転職に失敗するよくある理由の3つが、転職エージェントを利用するだけでクリアにできるんです。

 

ちなみに…転職回数が多かった人に話を聞くと、転職サイトだけを利用して転職活動をしている人が多いです。

 

⇒転職に失敗したら…と不安に思っている人でも気軽に相談できる転職エージェントがこちら

 

転職エージェントと聞くとエリートしか利用できないと思っている人もいますが…高卒で工場勤務だった私も転職エージェントを利用して今があります。笑

転職エージェントについてさらに知りたいという人は▼こちらの記事が分かりやすいです。

転職エージェントは強い味方 採用担当が教える!おすすめ転職エージェントここがベスト

 

転職に失敗する人の特徴は成功する人に比べて転職に関する情報量が少ない。

転職サイトの使い方がわからない男性

「転職に失敗する人には何かしら特徴があるんじゃないか?」

って気になるところですよね。

私が面接の時に、転職に失敗して転職回数が増えていってる人に話を聞いて、失敗する人の特徴として思うのは、大きく考えると1つだけ共通する特徴があります。

 

それは…

転職に関する情報量が少ない。

ということです。

 

この情報量には、この2つの意味があります。

情報が少ない2つの意味

  • 転職に関する情報量が少ない。
  • 自分自身に関する情報量が少ない。

この2つの意味で情報量が少ないというのが、転職に失敗する人の特徴です。

それぞれどういうことかというと…

失敗する人の特徴1:転職に関する情報量が少ない。

転職するというのは、大きくいうと「今の仕事から変わる」これだけのことです。これは今も昔も変わりません。

しかし、転職活動の方法は昔と一緒…ではないですよね。

 

たとえば10年前と比べても、スマホの普及によってスマホさえあれば転職できる時代になってます。

転職活動の方法も色々と増えてきてますよね。

 

なのに!笑

いざ転職となったら昔から知ってる転職サイトしか見なかったり、ハローワークしかない!という人もいます。

転職に関する情報量が少ないと、どうしても転職先を選ぶ選択肢も狭くなってしまいますよね。

 

その狭い選択肢から転職先を選んでしまうと…結果として失敗しやすくなるワケです。

これが転職に失敗しやすい人の一つの特徴です。

転職に成功する人ほど、転職に関する情報を実はめっちゃ調べてたりします。笑

失敗する人の特徴2:自分自身の経歴やスキルの情報量が少ない。

簡単に言うと、これまで自身でしてきた仕事や持っている技術に関する情報が少なく、活かせるような転職ができていないということです。

 

実際、30歳近くなってくるとそれなりに仕事を経験していたり、持っている知識や技術も増えてきますよね。

しかし、転職活動をはじめて応募書類を書くときには、忘れていたり書いていなかったりする人もいます。

 

となると当然…

書類審査にも受かりにくかったり、自分をうまくアピールできないなんてことにも。

これも転職に失敗する人にありがちな特徴です。

転職に失敗したら…よりも、我慢して続ける方がリスクが大きい。

不安を恐れず動き出したビジネスマン

さて、ここまで転職に失敗したら…という不安を感じている人のために、転職に失敗する理由や、失敗する人の特徴を紹介しました。

この記事を読んでいただいている人の中には、

「もしかしたら自分も当てはまるかも…」

なんて、余計に不安になってしまった人もいるかもしれません。

 

この記事の最初にも触れましたが、転職に失敗したら…という不安を感じてしまうのは、あなただけではないです。

今まさに転職活動をしている人、すでに転職し終わった人も、転職活動をしているどこかの時点で「失敗したら」という不安を感じてたのです。

それなのに、なぜ転職に踏み切れたのか…

 

その理由は「今の仕事を続けるよりも、転職した方が未来は明るい」と感じたからです。

 

もちろん私が30代で2回転職をした時にも、妻がいて子供がいたので

(転職に失敗したらどうなるのか…)

なんて不安を考えすぎてしまって、転職活動を始めてもないのに会社を休んでしまったこともありました。笑

 

でも、間違いなく言えるのが

転職に失敗したら…と不安だけを考えるのではなく、まず仕事をしながらでも転職活動をしてみるべきです。

転職したいと思っている会社で、なにも行動を起こさずに仕事を続ける事の方がリスクも後悔も大きいです。

 

転職に失敗する理由は、先ほど紹介したように転職エージェントを利用すればクリアにすることができます。

転職に失敗していないのに、無駄に不安ばかりを考えるのではなく、まずは仕事をしながらでも動き出してみるべきです。

 

⇒転職に失敗したら…と不安に感じている人にこそ頼れる、オススメの転職エージェント

 

ちなみに在職中の転職活動については▼こちらの記事で詳しく紹介しています。

在職中に転職活動をする男性 在職中に転職活動をする方が転職は成功しやすい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です